『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  > 

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、またもや読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

実は、1月31日の記事で、誤って違う方の写真集をご紹介しておりましたので、本日の記事は、その修正版となります。

今回、出版なさったのは「ひさの」さんという方で、タイトルは『ただただふくらはぎ』という写真集です。



ということで、内容紹介を拝見すると、

足フェチの方必見!とりわけ【ふくらはぎフェチ】の写真集がここに誕生しました!

世の中にはたくさんのフェチが存在します。男性が抱く「足フェチ・うなじフェチ・二の腕フェチ。。。」、女性が抱く「スーツフェチ・筋肉フェチ・血管フェチ。。。」

そして、さらにコアなフェチ、『コアフェチ』をお持ちの方もいらっしゃいますよね。

ついにできました!コアなフェチに特化した写真集!第一弾はその名も「ただただふくらはぎ」

ページ数は100ページ!およそ200本ものふくらはぎを楽しむことができます。

お風呂上がりのふくらはぎ。靴を履くときのふくらはぎ。ロープで縛られたふくらはぎ。様々なふくらはぎを堪能してください


ということで、どうやら、ちょっと「むふふ」な写真集のようです。

実は、『さるでもできるKindle写真集』の中で、個人作家が出す写真集は「ニッチな世界を攻めるべし」と書いた海河童です。
まさに、「ひさの」さまが出された写真集はニッチな世界を攻めております。

何はともあれ「ひさの」さま、ご出版おめでとうございます!
そして、前回の記事では間違った写真集をご紹介してしまって、スミマセンでした。

ということで「200本ものふくらはぎを楽しみたい」という方は、『ただただふくらはぎ』のお買い上げをこちらからどうぞ。
本の横

そして「わたしもニッチな写真集を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

あるいは「わたしは文章主体のKindle本を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

さらに「個人がKindle本を出して、ホントに売れるの?」とお思いの方は、海河童本舗の最新刊『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本は、すべて無料でお読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

また「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年07月17日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、またもや読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

今回、出版なさったのは「松倉シオン」さんという方で、タイトルは『近江八幡: 巨岩の古寺と大商人の町』という写真集です。



ということで、内容紹介を拝見すると、

2018年2月中旬、小雪の舞う中、近江八幡市を初歩き。

八幡堀の景観で知られる近江八幡は、焼失した安土城に代わるものとして、豊臣秀吉が琵琶湖畔に近い八幡山に城を築き、安土城の城下町をその足元に移転させたのが始まりです。

信長の楽市楽座を秀吉が引き継いで自由活発な商業活動が行われ、後に江戸の3大商人のひとつ近江商人の発祥の地となり大変に栄えました。
八幡山城の堀でもある八幡堀は、琵琶湖に繋がる水運として賑わいました。
この地域は国の伝統的建造物群保存地区に選定され、江戸の町へのタイムスリップ感覚を味わうことが出来ます。

この八幡堀から琵琶湖へと出る河口を守るかのように建つのが、天台宗の古刹、長命寺です。
湖岸から八百八段と言われる石段を登った山中に古めかしくも立派な伽藍が点在しています。
聖徳太子にまつわる言い伝えが残る古い由緒を持つ寺であり、また境内のあちこちに巨岩が露出し、寺を守護する大天狗が祀られているなど、不思議な雰囲気に包まれた場所です。

この前日には、ひこにゃんでお馴染みの、壮麗な天守を誇る彦根城とその庭園である玄宮園を訪れました。
既刊フォトブックスシリーズ①『彦根城~国宝天守と大名庭園の美』と併せて、早春の琵琶湖路の旅に出掛けましょう。


どうやら、近江八幡の歴史を感じることができる写真集のようです。

実は、松倉さまは、すでにKindle本を出されていて、こちらの本が5冊目のご出版となります。

何はともあれ「松倉シオン」さま、ご出版おめでとうございます!

ということで「江戸の町へタイムスリップをしてみたい」という方は、『近江八幡: 巨岩の古寺と大商人の町』のお買い上げをこちらからどうぞ。
本の横

そして「わたしも写真集を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

あるいは「わたしは文章主体のKindle本を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

さらに「個人がKindle本を出して、ホントに売れるの?」とお思いの方は、海河童本舗の最新刊『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本は、すべて無料でお読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

また「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年07月11日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(2)

海河童本舗の新刊本『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』にカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

先日、出版をした海河童本舗の新刊本『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』に「読みやすい」というタイトルと共に、以下のようなレビューをいただきました。

ダイビングに行く飛行機の中で読むのにぴったり‼️テンションがそれなりに上がります。

こんなカスタマーレビューと共に、☆も5つ ちょうだいしました。

カスタマーレビューをくださった「花子」さま、ありがとうございます!

実は、今回レビューを書いてくださった「花子」さまは、GWにご一緒させていただいたダイバーの方で、本書の中では「花子師匠」と呼ばせていただいている方です。

花子師匠がレビューに書かれているように、わたしの「だからダイビングはやめられない」シリーズは、普通の読書スピードであれば、おおむね3時間前後で読み終えることができる分量になっており、まさに、機内での読書にピッタリのサイズとなっております!

アロナビーチでダイビングをしようと思われている方は、ぜひ、本書を読んで「テンション」をあげてから、ダイビングに向かってください。

ということで、花子師匠もオススメする『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

また、上記の本の舞台となったアロナビーチや、バリカサグのジンベイザメの写真が満載の『Photo Collection of Alona Beach』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は「キンドル読み放題サービス」の対象本となっていますので、Kindle Unlimitedサービスをご利用なさっている方は、どちらの本も(それどころか、すべての本が)「いつでも無料」でご覧いただけます。

海河童本舗、書籍一覧ページは、こちらのジンベイザメの写真をクリックしてください。

書籍一覧

さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、初回のみ、無料で30日間、お試しいただくことができます。
したがって、無料体験期間中に海河童本舗の本をすべて無料で読んでしまうということもできますよ。

ということで、無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年07月09日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗の写真集『Photo Collection of Alona Beach』にカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

先日、出版をした海河童本舗の写真集『Photo Collection of Alona Beach』に「ギンガメとジンベイのコラボ」というタイトルと共に、以下のようなレビューをいただきました。

ギンガメアジとジンベイザメのコラボ写真、とてもうらやましいです。バリカサグへ行きたくなります!

こんなカスタマーレビューと共に、☆も4つ ちょうだいしました。

カスタマーレビューをくださった「yama」さま、ありがとうございます!

「yama」さまがレビューに書かれているように、本写真集の後半「Balicasag Island」に掲載しているジンベイザメとギンガメアジの競演は、800本以上ダイビングをしてきた海河童であっても、初めて見た素晴らしい光景でした!

ということで、写真集の中に掲載している「迫力の登場シーン」を連続写真でご紹介しましょう。

バリカサグのブラック・フォレストというポイントでダイビングをしていたときのことです。
ダイビングも後半に差し掛かったころ、待ちに待っていたギンガメアジの群れが現れました。

P5041302.jpg

しかし、ギンガメアジの群れが深場の方に逃げていきます。

whaleshark (1)

「おーい、行かないで~!」と思っていたら……

whaleshark (2)

あれあれ? ギンガメアジの後ろから何かが出てきました!

whaleshark (3)

「わーい、ジンベイ様だー!」

whaleshark (4)

「うひゃー、カッコイイー!」

P5041308.jpg

しかも、この後、10分以上、ギンガメアジの群れに包まれるジンベイザメ様の雄姿を堪能させていただきました。

ギンガメアジとのコラボの様子は、動画の方が分りやすいのでこちらをご覧ください。



ねー、スゴイでしょー!

ということで、こんなジンベイザメの写真が満載の『Photo Collection of Alona Beach』は、現在、無料キャンペーン中です。

無料キャンペーンは、7月7日(土曜日)の16時までとなっておりますので、この記事をご覧になっている幸運な方は、今すぐ、ポチッと無料でダウンロードしちゃってください。
今なら無料
※上記の画面では0円になっていないこともありますが、アマゾンのページで販売価格をご確認のうえダウンロードをしてください。

さらには「わたしもバリカサグでダイビングをしてみたい!」と思われた方は、『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』という本もご用意しております。

こちらは有料となりますが、お値段はたったの270円です。
ご興味のある方は、こちらからお買い求めください。
本の横

また、海河童本舗の本は「キンドル読み放題サービス」の対象本となっていますので、Kindle Unlimitedサービスをご利用なさっている方は、どちらの本も(それどころか、すべての本が)「いつでも無料」でご覧いただけます。

海河童本舗、書籍一覧ページは、こちらのジンベイザメの写真をクリックしてください。

書籍一覧

さらに、さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、初回のみ、無料で30日間、お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。
[ 2018年07月04日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗の新刊本『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』のご案内


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

みなさまは、昨日の深夜というか、本日の早朝に行われたワールドカップ「ベルギー戦」は、ご覧になっていましたか?

海河童も眠い目をこすりながら観戦をしていたのですが、いやー、惜しかったですねー!

一瞬、「お前、ひょっとして打たないつもりか?」と思わせた原口の先制点、ゴール右隅に決めた乾の芸術的な無回転シュートと2点先制した時点は、「おいおい、いけるぞ!」と思ったのですが……。

最後の最後に、あんな速攻を決められるなんて思ってもいませんでした。

本田のFKの時にボールをキープして延長戦に持ち込むという戦術もあった筈ですが、フットボールとは、まさに「何が起こるのか分らない」スポーツですね。

などと、いつものように長い前置きから入りましたが、海という大自然を相手にするダイビングというレジャースポーツも、「何が起こるのか分らない」ところが魅力のひとつとなっております。

実は、今年のGW、海河童は、フィリピンのアロナビーチというところに滞在をして、バリカサグでダイビングを楽しんできたのですが、そのバリカサグの海でとんでもない奇跡が起こったのです。

ということで、強引に話を持ってきましたが、本日の記事は、その奇跡のお話をご紹介をしている『だからダイビングはやめられない』シリーズの最新作『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』の発売告知となります。



「えーっと、その前に、そもそも、アロナビーチってどこ?」という方のために、以下に新刊本の冒頭部分を抜粋してご紹介しますね。


アロナビーチとは、「マニラ」から空路、または「セブ島」からフェリーで行ける「ボホール島」のさらに南にある「パングラオ島」(ボホール島とは橋でつながっています)の南西に位置する遠浅のビーチです。

ビーチと並行する未舗装の道沿いには、安宿からリゾートホテル、土産物屋やレストラン、バーが軒を連ねており、ビーチ周辺だけですべてが事足りるコンパクトさが売り物となるリゾート地です。

かつてのアロナビーチは、ヨーロッパからのバックパッカー達が長期滞在をするような隠れ家的なリゾート地でしたが、最近は、人気のダイブスポット「バリカサグ島」への拠点として、あるいはボホール島の「チョコレート・ヒルズ」や世界最小のメガネザル「ターシャ」見学の観光拠点として訪れるツーリストに対応して、高級リゾートの数も増えてきております。また、ちかぢか、国際空港の開港が予定されており、まさに、フィリピンの中でも注目のリゾート地となりつつあるビーチです。



で、そのアロナビーチからバリカサグ(ギンガメアジの群れで有名なポイント)へ遠征をしたのですが、今回は、ギンガメアジはもちろんのこと、なんと巨大なジンベイザメが、しかも、2日連続であらわれるという奇跡が起ったのです。

ということで、今回の新刊本は当シリーズ本の標準価格270円というお値段ながら、その奇跡のダイビングのお話はもちろんのこと、ボホール島を代表する景勝地「チョコレート・ヒルズ」や世界最小のメガネザル「ターシャ」見学など、陸上の観光情報も入っている「お買い得本」となっております。

『だからダイビングはやめられない』シリーズの最新作『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』のお買い求めはこちらからどうぞ。
本の横

そして、今回も「バリカサグ」で撮影した水中写真をメインとした『Photo Collection of Alona Beach』という写真集を同時に刊行いたしました。



海河童本舗の写真集は、すべて「500円」と言う強気(無謀ともいいます)の価格設定をしておりますが、いつものように、『だからダイビングはやめられない8:アロナビーチ編』の発売を記念して、ただ今、無料キャンペーンを実施しております。

ということで、ジンベイザメの写真が満載の『Photo Collection of Alona Beach』はlちらからどうぞ。
今なら無料

※上記の画面では0円になっていないこともありますが、アマゾンのページで販売価格をご確認のうえダウンロードをしてください。

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年07月03日 21:00 ] カテゴリ:だからダイビングはやめられない | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数856本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングはやめられない」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
 
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
             
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム