『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  > 

『さるでもできるKindle電子出版』に44件目のカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている『さるでもできるKindle電子出版』ですが、またもやカスタマーレビューをいただきました。

本書への44件目となるレビューは「親切で面白くて一気に読める」というタイトルで、以下のような内容でした。

ところどころAmazon様をいじる場面がクスッとします
全体的に著者の読者への愛情が感じられ
わかりやすく情報提供してくださっていることを感じます


こんなカスタマーレビューと共に、☆も4つ ちょうだいしました。

レビューをくださった「Anne」さま、ありがとうございます。

「Anne」さまが書かれていらっしゃるように『さるでもできるKindle電子出版』では、Kindle出版のノウハウを解説しながら、ところどころ、融通の利かないAmazon様をおちょくっております。

しかも、Amazon様は、先月から「Prime Reading」というプライム会員向けの読み放題サービスをはじめたのですが、その読み放題サービスの対象本、Amazon様いわく「厳選した893冊」の中の1冊に拙著『さるでもできるKindle電子出版』を選定してくださっているという太っ腹ぶりです。

ということで、プライム会員の方であれば無料で読める『さるでもできるKindle電子出版』はこちらからどうぞ。
本の横

また、写真集の出版をお考えの方は。同じく「Prime Reading」の対象本となっている『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。(こちらは「Prime Reading」の対象とはなっておりません)
本の横

また、海河童本舗のすべて本は、キンドル読み放題サービスの対象となっていますので、Kindle Unlimitedサービスをご利用なさっている方であれば、プライム会員でなくても無料でお読みいただけます。

海河童本舗、書籍一覧ページは、こちらのジンベイザメの写真をクリックしてください。

書籍一覧

さらには、「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、初回のみ、無料で30日間、お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2017年11月14日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

偏屈ダイバーのへそ曲がりフィッシュ・ウォッチング|チョウチョウコショウダイの幼魚


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

還暦が近づいてきている偏屈ダイバーである海河童が、ダイビング中に見られる魚たちの「生き様」を解説する当コーナー、3回目のお題は「チョウチョウコショウダイの幼魚」です。

ダイビング中に見かける魚の中には、「いやいや、君たち、ぜったいに親子じゃないでしょう?」と言いたくなるほど、成魚と幼魚では、外見がまったく違う魚たちがいます。

今回のお題に取り上げました「チョウチョウコショウダイ」は、まさに、その典型です。

チョウチョウコショウダイは、実は「蝶々胡椒鯛」と書きます。

その理由は、ダイバーの方であれば親子の姿を知っていますので、「あー、なるほど!」と納得されるでしょうが、一般の方には、なんのことやらサッパリわかりませんよね。

この魚の成魚は体長50センチ前後で、ダルメシアンのようだと言えば可愛いイメージがありますが、白地に黒い点々が付いているだけの、いたって地味なおっさんのような風貌をしています。

一方、幼魚はというと、眼にも鮮やかなオレンジ色に白い水玉模様をあしらった上に、ヒレがひらひらと長いので、まるでフラメンコの衣装を着た安スナックのチーママのような外見をしています。(いやいや、フラメンコの衣装を着たチーママなんているのか?)

しかも、見かけが派手なだけではなく、セクシーに体をくねらせて、まさに舞うように泳ぎます。

つまり、成魚の白地に黒い点々(=胡椒模様)と、幼魚のひらひらと舞う様子(=蝶々のようです)の両方から、「蝶々胡椒鯛」という名前が付けられています。

チョウチョウコショウダイの幼魚は、このようにフォトジェニックな魚なので、わたしたちダイバーにとっては格好の被写体となるのですが、残念なことに、頭をやや下に向けた姿勢でひらひらと泳ぎます。

さらに、カメラを構えると逃げて行きますが、こちらに向けたお尻をふりふりと振る様子は、「撮って、撮って!」と言わんばかりの愛嬌たっぷりの仕草です。

なかなか写真が撮れなくてイライラしながらも、ついつい、ずっと追いかけてしまいます。

今でこそ、デジカメで撮っていますので、何回シャッターを切ってもだいじょうぶですが、アナログカメラのときは、ずいぶんとフィルムの無駄遣いをさせられました。

まさに、気がある素振りを見せてボトルを入れさせる「たちの悪いチーママ」です。

ということで、せっかくデジカメを持っているのなら、思わせぶりなチョウチョウコショウダイの幼魚は、写真ではなく動画で撮ることをオススメします。



※上記動画が再生できない場合は、こちらのサイトでご覧ください。

いかがでしょうか?

思わず「おまえ、本当に逃げる気があるのか?」と言いたくなってきませんか?

弱肉強食の海の中では、この位の大きさの幼魚は、まさに絶好のターゲットとなります。
普通は、目立たないようにしているものですが、こんなに派手な格好をして、しかもひらひらと踊りながら逃げるなんて、こいつはいったい何を考えているのでしょう?

実は、チョウチョウコショウダイの幼魚は、不味くて毒まである「ヒラムシ」を擬態しているのです。

他にも、オレンジ地に白い斑点のツユベラの幼魚、白地にオレンジのイロブダイの幼魚、さらには褐色の体にオレンジの縁どりがあるアカククリの幼魚も、ヒラムシを擬態しています。

これらの幼魚の特徴は、さらに、クネクネと動いて、ヒラムシが泳ぐ様まで真似ているとのことですが、チョウチョウコショウダイの幼魚は、あきらかに踊り過ぎです。

ちなみに、チョウチョウコショウダイは沖縄では「クレーミーバイ」と呼ばれていて、実際は、食べると美味しい魚だそうです。


この記事をお読みの方は、こちらの記事もオススメです。

ダイビングライセンスの取得方法

ライセンス取得前の体験ダイビングは必要?

取得すべきダイビングライセンスの種類は最大3つ

ダイビングをはじめたら最初に買うべき3点セットの選び方

ダイビングのフィン選びは試行錯誤

初心者必見!ダイビング中の耳抜きは簡単にできる

ダイバー必読! ウェットスーツを簡単に着用する裏技

ダイビング用のキャリーバッグはどれがいい?

ダイビングの漂流事故を防ぐ【必携セーフティ・グッズ】

ダイビング中にサメに遭ったらどうするの?


さて、最後に少しだけ宣伝にお付き合いください。

わたしは、「海河童(うみかっぱ)」というペンネームで、Amazonから個人出版でKindle本を出しておりますが、その中の1冊に、ダイビング用語を解説した『さるでもわかるダイビング用語集』という本があります。

ただし、こちらの本に関しては、できるだけ多くの方にお読みいただきたいとの思いから、無料でご提供をしております。

もし、ご興味がございましたら、この下の本の表紙をクリックして、
Amazonのページから無料でダウンロードをしていただけると、幸いです。



とはいえ、「キンドル端末を持っていないから……」とお思いの方、Kindleアプリ(無料です)をダウンロードすれば、お手持ちのスマホやタブレット端末でお読みいただけます。

スマホやタブレット端末でのKindle本の読み方は、こちらのページで解説をしております。

スマホやタブレット端末を使ってKindle本を読む方法

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

[ 2017年11月12日 21:00 ] カテゴリ:へそ曲がりフィッシュ・ウォッチング | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールを頂戴しました。

今回、出版なさったのは「杉山雄二」さんという方で、ご出版された本はこちらの写真集です。



以下、内容紹介を転載させていただきます。

2015年から2017年まで中央アジアのウズベキスタンに住んでおりました。ウズベキスタンの代表的な観光地である”サマルカンド”や「リアルドラクエ」と称される”ブハラ”などの景色を背に、伝統生地から作られたテディベアである【ユスフジョン(Yusufjon)】がウズベキスタンの各地を繋ぎます。

ユスフジョンとは現地の”ウズベクネーム”であり、イスラム教の経典であるコーランに由来するそうです。

普段の日本では見慣れない景色も多いので、楽しんでいただけるかと思います。


いただいたメールの署名欄にブログのURLがあったので拝見してみると、杉山さまは青年海外協力隊でウズベキスタンにいらっしゃったようです。

なるほど、なるほど、ウズベキスタンに2年もいらっしゃった理由がわかりました。

さらには、今回の写真集を出版なさった経緯を書かれた記事では、拙著『さるでもできるKindle写真集』のご紹介までしてくださっています。

さらに、さらに、「おかげさまで念願のKindle版写真集を出版できました」というタイトルで、以下のようなカスタマーレビューまでいただきました。

海外で撮影した写真をフォトアルバムにしたい……。
そんな目標を叶えることができました。

本書「さるでもできるKindle写真集2017」を参考に作成を進めたところ、わずか2日で出版まで漕ぎ着けることができました。本編には半日とありますが、写真のサイズ変更などもしなければならないので、実質もうすこし時間がかかるでしょう。PC操作が得意なかたは半日もかからずに完成できるかもしれません。

巻末に掲載されているメールアドレスに連絡してみたところ、数時間で返信をいただけました。
本編だけで終わらないところがとても好印象でした。

ブログでのご紹介から、さらには星5つのカスタマーレビューまで、重ね重ね、ありがとうございます!

そして、何よりも、ご出版おめでとうございます!

ということで、杉山さまの『旅するユスフジョン~中央アジア編』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

さらに、「わたしもKindle写真集を出してみたーい!」という方は、6件のカスタマーレビューのうち5件が星5つの最高評価をいただいている『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2017年11月10日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

『Photo Collection of Papua New Guinea』にカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

海河童本舗の写真集『Photo Collection of Papua New Guinea』に「バラクーダの群れ!」というタイトルと共に、以下のようなレビューをいただきました。

ダイビングの写真集ですが、なんと言っても大量のバラクーダがとても美しいです。こんな群れに囲まれてみたい!

こんなカスタマーレビューと共に、☆も4つ ちょうだいしました。

レビューをくださった「Amazon Customer」さま、ありがとうございます!

この写真集は、2016年の夏にパプアニューギニアの「キンべ湾」でダイビングをしたときの写真で作成をしたのですが、レビューに書いていただいたように、大量のバラクーダの群れと青い海が印象的な海でした。

P8140833.jpg

カスタマーレビューをくださった方は、おそらくダイバーの方ではないようですが、このときにわたしたちが滞在したワリンディ・プランテーション・リゾートは、ダイビングをなさらない方にもオススメです。

といいますのも、パプアニューギニアは「鳥の宝庫」ともいわれる地で、実際、オーストラリアから来ていたゲストは、なんと、全員、バード・ウォッチャーでした。

しかも、バード・ウォッチング以外にも、現地の子供たちが無邪気な笑顔で大歓迎をしてくれるという「世界ウルルン滞在記」のような体験ができるビレッジツアーや、ホットリバーツアー(川が天然温泉になっています)、ボルケーノハイキングツアー、キンベの町にあるマーケットツアーなどなど、多種多彩なアクティビティが用意されています。

さらには、夜になるとホタルの木ツアーも行われています。

ホタルの木とは、NHKの「地球・ふしぎ大自然」でも紹介されましたが、「エフルゲンス」というホタルが一本の木に集まって、一斉に点滅を繰り返す幻想的な現象のことです。

このように、ダイビング以外もじゅうぶん楽しめるワリンディ・プランテーション・リゾートですが、実はシュノーケリングでも、レビューに書かれていたバラクーダを見ることができます。

写真集の中にも何枚か入っていますが、論より証拠、こちらの写真をご覧ください。



バラクーダの群れの上にシュノ-ケラーが泳いでいるのが見えますでしょうか?
なんと、ワリンディはシュノーケリングでもバラクーダを楽しむことができるのです!

しかも、シュノーケリングには、マラソン解説で有名な「増田明美さん」そっくりの声と話し方をなさる日本人のダイブマスターがボートに同乗をして、案内をしていただけますので、言葉の問題もありません。

ということで、ダイバーはもちろんのこと、ダイバーでない方も「Amazon Customer」さまのように「こんな群れに囲まれてみたい!」と思われたら、『だからダイビングはやめられない6:パプア編』のお買い求めをこちらからどうぞ。
本の横

そして、カスタマーレビューをいただいた写真を観たいと思われた方は、手付かずの海「パプアニューギニア」の写真集『Photo Collection of Papua New Guinea』は、こちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗のすべて本は、キンドル読み放題サービスの対象となっていますので、Kindle Unlimitedサービスをご利用なさっている方であれば、お買い求めにならなくても、お読みいただけます。

海河童本舗、書籍一覧ページは、こちらをクリックしてください。

書籍一覧

さらに、さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、初回のみ、無料で30日間、お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。
[ 2017年11月08日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、またまた、読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールを頂戴しました。

今回、出版なさったのは「Hajime Kawase」さんという方で、ご出版された本はこちらです。



こちらの本は、タイトルが英語になっていますが、まさに、英語で書かれた本のようです。

川瀬さまからのメールによると、こちらの本は、岐阜県の図書館で開催されているICTを活用した英語の電子書籍出版講座を受講して書かれたとのことです。


英語で書いたKindle本を出すなんて、まさに、全世界に向けての出版じゃないですか!?

川瀬さま、ご出版、おめでとうございます!

で、先ほどの講座は、元岐阜大学教育学部の藤掛先生が「英語でキンドル本を出す方法」を教えてくださるようですが、最後の「キンドル本の出版方法」については、拙著『さるでもできるKindle電子出版』を推薦していただいていたようです。

いやー、藤掛先生、ありがとうございます!

ということで、川瀬さまの『Stories of My Life (English Edition)』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

さらに、「わたしもKindle本を出してみたーい!」という方は、岐阜県の図書館が開催している電子書籍出版講座でも推薦をいただいている『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2017年11月06日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム