『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  > 

2月の昭和記念公園

ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

わたしが写真を撮るときの信条は、「写真の良し悪しは何を撮るかで決まる」ですが、もっと、くだけた言い方をすると、要は、写真の腕には自信がないってことです(笑)

しかしながら、ダイビングでも山でも、被写体にさえ恵まれれば、素人であっても素晴らしい写真を撮ることができます。

そんな写真のことを、海河童は「奇跡の一枚」と呼んでいます。

今回は、そんな「奇跡の一枚」を求めて、カメラを片手にお出かけするのに最適な、イベント(場所と時期)をご紹介したいと思います。

ということで、本日ご紹介するのは、2月の昭和記念公園です。

P2040002.jpg

ケヤキがポツンと寂しそうですが、空の青が綺麗ですね。

P2040003.jpg

しかし、花木園にいけば、梅が満開です。

P2040008.jpg

P2040006.jpg

犬たちも「ワンだほー」と見とれています。

P2040009.jpg

P2040016.jpg

P2040018.jpg

P2040025.jpg

P2040120.jpg

こちらは、セツブン草の花です。

P2040174.jpg

水仙も咲いています。

P2120016.jpg

さらには、福寿草も。

P2120104.jpg

お天気がいいと、富士山も!

P2120092.jpg

今回ご紹介した昭和記念公園は、入園は有料(大人410円)ながら、梅、福寿草、桜、チューリップ、ポピー、紫陽花、ヒマワリ、コスモス、銀杏並木、紅葉と、一年中、フォトジェニックな風景が楽しめるという、わたしのお気に入りの公園です。

あまりにも通い詰めている海河童は、年間パスポート(4100円)を購入しているほどです。

こうやって、わたしのブログでも時々、昭和記念公園の写真を公開しておりましたが、ついに、無謀にも、写真集まで作ってしまいました。



春夏秋冬、それぞれの季節ごとに分類して、昭和記念公園の魅力を入れ込んでみました。

それぞれの写真には、撮影した日付と場所をキャプションとして入れておりますので、キャプションをご覧になれば、「この季節にはこんな花が咲いているんだ」、さらには、「この場所に行けばいいんだ」とひと目で分かるようになっております。

『Photo Collection of 昭和記念公園』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ。
本の横

また、「この程度の写真で写真集が作れるのなら、わたしも!」と思われた方は、この写真集の作成手順を詳細に説明している『さるでもできるKindle写真集』がオススメです。

『さるでもできるKindle写真集』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ。
本の横

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年02月05日 21:00 ] カテゴリ:カメラを片手に | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、
またもや、読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

今回、出版なさったのは「廣澤」さんという方で、タイトルは『三角界の迷子たち』です。



以下は、『三角界の迷子たち』の内容紹介粋です。

大質量隕石衝突事件すなわちレジェンドスノックは、ひとつの町を一瞬にして吹き飛ばしてしまったわけだが、深い霧に包まれたあと、それが晴れるとそこにはびっくり仰天の近未来都市が出現した。奇跡的に人的被害もほとんどなく、人々は新しい町でまったく新たな暮らしを始めることになった。エリア舞霧崎、そう呼ばれる新都市の中に再建されたUA学園は、まるでだまし絵のような迷宮になっていて、素人では校内を思うように移動することもままならない。柔軟な発想と豊かな想像力がなければトイレにだって無事にたどりつけないし、食堂を捜し当てる前に昼休みが終わっちまう。でも、そこは若さというか、難解なゲームもやり込むうちにサクサク解けるようになるように、生徒たちは異常な空間を普通である如く平然と学園生活を送っている。
 しかし、いくら学園がユニークでも平穏ばかりではつまらない。パニックの1つや2つ、怪事件の3つや4つ起きてもらわないことにはお話しにもならない。
 新たな世界はこれまでと何かがちがっていた。人々は知らない間にちがう日常を歩み始めていたり、夢と現実の境界を超えてしまったり、はたまた奇妙な電脳世界に迷い込むことになってしまったりした。
 異変に気づかなければ自分が異世界の迷路をさまよっていることも理解できない、そんな荒唐無稽な迷路を脱出する手だてはあるのか。本著に描かれた悲喜劇を読み進めるうちに、読者たるあなた自身が迷路に引き込まれてしまうかもしれない。充分にご注意を。


実は、廣澤さんはこの本が5冊目のご出版ということになり、今回ご紹介している本は、この下の既刊本『少女たちと星の序章』の続編だそうです。




しかし廣澤さん、何度も何度も、同じことを書いて恐縮ですが、

「今回も表紙がダサい!」←って、おまえが言うか?(笑)

なにはともあれ「廣澤」さま、ご出版おめでとうございます!
しかも、廣澤さんの新刊本は、現在、無料キャンペーン中とのことです。

ということで、『三角界の迷子たち』の無料ダウンロードはこちらからどうぞ。
今なら無料

そして、上記の本を無料で読んでみて、その前編が気になった方は、こちらから『少女たちと星の序章』をお買い求めください。
本の横

さらには廣澤さんのように、「わたしも、続々とKindle本を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle電子出版』のお買い求めはこちらから!
本の横

さらにさらに、「Kindle本を出して、ホントに売れるの?」とお思いの方は、海河童本舗の最新刊『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、無料でお読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で「30日間」お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年02月02日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

『さるでもできるKindle写真集』に11件目のカスタマーレビューをいただきました。


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている『さるでもできるKindle写真集』ですが、11件目のカスタマーレビューをいただきました。

今回ちょうだいしたレビューは「写真集出す際に参考にさせていただきました」というタイトルで、以下のような内容でした。

初の電子書籍を出す際に参考にさせていただきました。『ふくらはぎフェチ写真集』というニッチな世界を攻めました。一つ一つの細かい作業も書かれていたので迷うことなく出来ました。

こんなカスタマーレビューと共に、☆も5つ ちょうだいしました。

レビューをくださった「久野陽徳」さま、ありがとうございます。

しかも「久野陽徳」さまは、さっそく写真集も出されたそうで、ご出版おめでとうございます!

レビューの中で「久野陽徳」さまは「ニッチな世界を攻めました」と書かれていますが、わたしたちのような無名の個人作家が出す写真集は、ニッチであればあるほどいいというのがわたしの持論です。

しかし、久野さま『ふくらはぎフェチ写真集』とは、かなりニッチを攻めましたね~(笑)

どんな写真集かと検索をしてみたところ、



おお~、これは、そそられる写真集ですね(笑)

ということで、写真集の出版をお考えの方は、11件中9件のカスタマーレビューで星5つの最高評価をいただいている『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

また、文章主体のKindle本をお考えの方は『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。
本の横

あるいは、ふくらはぎフェチの方は、久野さまの写真集をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗のすべて本は、キンドル読み放題サービスの対象となっていますので、Kindle Unlimitedサービスをご利用なさっている方であれば無料でお読みいただけます。

海河童本舗、書籍一覧ページは、こちらのジンベイザメの写真をクリックしてください。

書籍一覧

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、初回のみ、無料で30日間、お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2018年01月31日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、
またもや、読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

今回、出版なさったのは「れいる」さんという方で、出版なさった本は『大井川鉄道-井川線-』という写真集です。



以下は、『大井川鉄道-井川線-』の内容紹介からの抜粋です。

大井川鉄道の井川線。車窓からの景色をまとめました。鉄オタではない筆者が実際に乗って、感じて撮った写真です。
行ってみたいと思われた方、駅の順番に合わせたものではなく、あえてランダムに載せました。
どの場所の景色かを合わせてみるのもいいかも!


「れいる」さんご本人は鉄オタではないようですが、大井川鉄道は鉄オタには人気の路線のようです。

また、今回ご紹介をした写真集は、本日の夕方から無料キャンペーンを実施するとのことです。
したがって、我こそはと思われる鉄っちゃんは、この機会にダウンロードをして、ランダムに載せられた写真を特定してみてください。

なにはともあれ「れいる」さま、ご出版おめでとうございます!

ということで、無料キャンペーン中の写真集『大井川鉄道-井川線-』のダウンロードは、こちらからどうぞ。
今なら無料

そして、「わたしも写真集を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

あるいは、「わたしは文章主体のKindle本を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、無料でお読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で「30日間」お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年01月30日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

『さるでも売れたKindle電子出版』にカスタマーレビューをいただきました。



ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

つい先日、発売を開始したばかりの『さるでも売れたKindle電子出版』に、早くも、3件ものカスタマーレビューをちょうだいしました。

1件目のレビューは「Kindle電子出版されている個人作家さんには本当にオススメ」というタイトルで、以下のような内容です。

私がKindle電子出版するキッカケになった海河童さんの本。
今回の「さるでも売れた」は「赤裸々に?」の通り赤裸々すぎます。
すでに複数冊出版しているKindle個人作家さんには本当にオススメの本です。
販売戦略、参考にさせていただきます。


こんなカスタマーレビューと共に、☆も5つ ちょうだいしました。

レビューをくださった「うみそら」さま、ありがとうございます。

うみそらさまは「すでに複数冊出版しているKindle個人作家さんには本当にオススメの本」と書いていただきましたが、うみそらさまご自身も、すでに4冊のKindle本を出版なさっていらっしゃいます。

そして2件目のレビューは「Kindleで本を出版、販売促進するためのノウハウがたっぷり記載されていてとても参考になりました」というタイトルで、以下のような内容です。

海河童さんの「さるでもできるKindle電子出版2018」「さるでもできるKindle写真集」を参考にKindleにて電子書籍を初出版できました。今回出版されました「さるでも売れたKindle電子出版2018」で、出版したKindle本をどうやって世間に知ってもらうのか?そして、その販売促進の為に「何を」「どのように考えて」「どうしていけば良いのか」と、重要なところをとてもわかりやすく親切、丁寧に解説されていてとても参考になりました。海河童さん、ますますのご活躍を応援しています。今回もありがとうございましたm(_ _)m感謝?

こんなカスタマーレビューと共に、☆も5つ ちょうだいしました。

レビューをくださった「富士」さま、ありがとうございます。

さらに、3件目のレビューは「脱帽ですね」というタイトルで、以下のような内容です。

分析のしかたがすごいです。やはり、海河童さんだからそこまで出来たのでしょう。少しでも、見習いたいです。

こんなカスタマーレビューと共に、☆も4つ ちょうだいしました。

レビューをくださった「れい」さま、ありがとうございます。

今回、レビューをくださった「うみそら」さま「富士」さまは「れい」さま、お三方とも、すでに「キンドル」シリーズをお読みいただき、Kindle本をご出版なさっている個人作家のみなさまです。

『さるでも売れたKindle電子出版』は、まさに、このお三方のように、個人でKindle本を出版なさっている方のために書かせていただきました。

「キンドル本を出してはみたが、思っていたよりも売れないなー」

「だいたい、個人が出すキンドル本って売れるの?」

そんな風に思われている方は、『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからお試しください。
本の横

「いやいや、先ずはKindle本の出版を」とお考えの方は『さるでもできるKindle電子出版』をこちらから!
本の横

あるいは、写真集の出版をお考えの方は、『さるでもできるKindle写真集』をこちらから!
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。
本の横

また、海河童本舗のすべて本は、キンドル読み放題サービスの対象となっていますので、Kindle Unlimitedサービスをご利用なさっている方であれば無料でお読みいただけます。

海河童本舗、書籍一覧ページは、こちらのジンベイザメの写真をクリックしてください。

書籍一覧

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、初回のみ、無料で30日間、お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2018年01月29日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
             
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム