『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  だからダイビングはやめられない >  ダイビング用のキャリーバッグはどれがいい?|先輩ダイバーのアドバイス

ダイビング用のキャリーバッグはどれがいい?|先輩ダイバーのアドバイス


ご訪問ありがとうございます。
海河童(うみかっぱ)です。

わたしは、海河童本舗の本を読んでいただいて、読者登録をして下さった方からの質問メールには、個別にメールでお返事をするようにしています。

今回、マイ器材を購入なさった読者の方から、「ダイビングの器材を入れるバッグは、どんなものを選んだらいいのでしょうか?」という質問をいただきました。

その方には、以下のようなメール(太字部分)を差し上げました。

ご質問の件ですが、選択肢は3つあると思います。

1:ダイビングメーカーから発売されている布製のキャリーバッグ
2:ダイビングメーカーから発売されているスーツケース
3:普通の旅行用のスーツケース

1については、一応、ダイビングの器材が収納し易いように設計しているとか、中を2つに仕切ることができて、濡れている物と乾いている物を分けて収納できるとか、2についても、頑丈な作りになっていて器材が壊れ難いとか、ダイビングメーカーなりに色々と考えて作っているようです。

しかし、レギュレーターをウェットスーツやBCジャケットで包むなど、収納の仕方を工夫すれば、普通の旅行用のスーツケースでも問題はありません。

わたし自身は、器材の保護を第一に考えて、PROTEXのごっついハードケースを使っていましたが、18年間使い続けてとうとうキャスター部分が壊れてしまいました。

まあ、18年も壊れなかったという頑丈さは充分に評価できますが、頑丈な作りの分、ケース自体の重さが8キロ近くもあったので、今回は、違うものに買換えようと思っています。

買い換えるに当たってのわたしの視点は次の3点です。

1点目は、当たり前ですが、器材が全部入るかどうか容量の問題です。

2点目は、前回の反省も踏まえて、ケース自体の重さです。
ダイビング器材一式とそれ以外の旅行に必要な物を入れると、飛行機の機内預かり荷物の重量制限(20キロ前後)との闘いとなります。
重さという点では、布製のキャリーバックがやや有利です。

3点目の問題は、運搬のし易さです。
ダイビング器材の入ったスーツケースは、先ほども書きましたが、20キロ近くになります。
しかも、普通の旅行でスーツケースを引っ張らないような、桟橋の上とか、砂利道などを引いて運んだりすることもありますので、キャスターのタイヤ径が出来るだけ大きいものを選ぼうと思っています。


海水↑ (4)

と、このメールにもあるように、わたし自身、新しいダイビング用のキャリーバックの購入を検討しています。

で、今現在、検討しているのは、軽さを重視して、ダイビングメーカーが出している布製のキャリーバックです。

その中でも、これを第一候補としています。



スキューバプロ製でありながら(Sプロのダイビング用品って高いじゃないですか!)、お値段は2万円を切っているうえに、3.24キロと軽量です!
さらには、使わないときは折り畳んで収納できるというスグレ物です。

しかし、こういったタイプのキャリーバッグを使ったことのない海河童、布製の場合の耐久性や器材の保護という点がやや心配で、現在、悩み中です。

こういったタイプのキャリーバッグを使っていらっしゃる方から、使用実感・使い勝手等について、コメントをいただけると幸いです。

※2016年11月追記
結局、貧乏性の海河童は、価格優先ということで、1万円以下の、フツーのスーツケースを購入しました。


この記事をお読みの方は、こちらの記事もオススメです。

ダイビングライセンスの取得方法

ライセンス取得前の体験ダイビングは必要?

取得すべきダイビングライセンスの種類は最大3つ

ダイビングをはじめたら最初に買うべき3点セットの選び方

ダイビングのフィン選びは試行錯誤

初心者必見!ダイビング中の耳抜きは簡単にできる

ダイバー必読! ウェットスーツを簡単に着用する裏技

ダイビングの漂流事故を防ぐ【必携セーフティ・グッズ】

ダイビング中にサメに遭ったらどうするの?


さて、最後に少しだけ宣伝にお付き合いください。

わたしは、「海河童(うみかっぱ)」というペンネームで、Amazonから個人出版でKindle本を出しておりますが、その中の1冊に、ダイビング用語を解説した『さるでもわかるダイビング用語集』という本があります。

ただし、こちらの本に関しては、できるだけ多くの方にお読みいただきたいとの思いから、無料でご提供をしております。

もし、ご興味がございましたら、この下の本の表紙をクリックして、
Amazonのページから無料でダウンロードをしていただけると、幸いです。



とはいえ、「キンドル端末を持っていないから……」とお思いの方、Kindleアプリ(無料です)をダウンロードすれば、お手持ちのスマホやタブレット端末でお読みいただけます。

スマホやタブレット端末でのKindle本の読み方は、こちらのページで解説をしております。

スマホやタブレット端末を使ってKindle本を読む方法

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事
[ 2014年10月08日 21:00 ] カテゴリ:だからダイビングはやめられない | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム