『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング用語 >  ダイビング用語 無制限ダイビング

ダイビング用語 無制限ダイビング


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

本日のダイビング用語は、海河童が大好きな「無制限ダイビング」です。
こちらも「チェックダイビング」が「チェックダイブ」と略されることがあるように、
「無制限ダイブ」と言われることもあります。

で、無制限といえば、プロレスなどで
「本日のメインイベントは、無制限1本勝負~♪」
というように、時間制限なしで雌雄を決する勝負と同じく、
タンクのエアーがなくなるまで、何時間でもダイビングをしてもいいという、
大変、太っ腹なダイビングのことです!

って、スミマセン、またまた嘘です><

ダイビング用語で言うところの「無制限ダイビング」とは、
1日に2本や3本のガイド付のファンダイビングとは別に、
バディ同士で、好きなときに無料でタンクを借りて、
好きなときに潜ってもいいというダイビングシステムのことです。

つまり、時間制限なしの「無制限」ではなく、
1日の本数制限がない「無制限」となります。

多くの場合、ダイビングサービスの目の前に、
バディダイビングに適した「ハウスリーフ」があるところで、
このような「無制限ダイビング」のサービスが受けられるようになっています。

もったいないことが何よりも嫌いな海河童は、
せっかくダイビング旅行に行くのであれば、
期間中は、1本でも多く、潜りたいと思うわがまま者です。

ガイド付のファンダイビングとは別に、
少なくとも、早朝ダイビングとサンセットダイビングの2本は追加で潜りたいので、
ダイビング旅行の行き先を検討するときには、
この「無制限ダイブ」をさせてくれるかどうかが、大きなポイントとなります。

しかしながら、素晴らしい「ハウスリーフ」があって、
なおかつ、「無制限ダイビング」をさせてくれるダイビングサービスは、
なかなか見つからないものですが、

海河童がお気に入りの「マタキン島」は、
この両方の条件を満たしてくれるダイビングポイントです。

そんなマタキン島の魅力を1冊の本にまとめた、
「だからダイビングはやめられない3:マタキン編」 kindleにて、好評発売中です。

ちなみに、無制限ダイビングでバディだけで潜るときは、
ダイビングサービスのホワイトボード等に、
「エントリー時間」「ダイバーの名前」「エキジット予定時間」を書くようにしましょう。

これは、昨日の記事に書いた「登山届」のようなもので、
エキジット予定時間になってもダイバーが戻って来ない場合は、
ダイビングサービスの方が捜索をしてくれることになっています。

もし、そういったホワイトボードが無い場合は、
必ず、ダイビングサービスのスタッフに、「○○時にはエキジットします」
とひと声かけてから、バディダイビングに出かけるようにしましょう。


この記事をお読みの方は、こちらの記事もオススメです。

ダイビングライセンスの取得方法

ライセンス取得前の体験ダイビングは必要?

取得すべきダイビングライセンスの種類は最大3つ

ダイビングをはじめたら最初に買うべき3点セットの選び方

ダイビングのフィン選びは試行錯誤

初心者必見!ダイビング中の耳抜きは簡単にできる

ダイバー必読! ウェットスーツを簡単に着用する裏技

ダイビング用のキャリーバッグはどれがいい?

ダイビングの漂流事故を防ぐ【必携セーフティ・グッズ】

ダイビング中にサメに遭ったらどうするの?


さて、最後に少しだけ宣伝にお付き合いください。

わたしは、「海河童(うみかっぱ)」というペンネームで、Amazonから個人出版でKindle本を出しておりますが、その中の1冊に、ダイビング用語を解説した『さるでもわかるダイビング用語集』という本があります。

ただし、こちらの本に関しては、できるだけ多くの方にお読みいただきたいとの思いから、無料でご提供をしております。

もし、ご興味がございましたら、この下の本の表紙をクリックして、
Amazonのページから無料でダウンロードをしていただけると、幸いです。



とはいえ、「キンドル端末を持っていないから……」とお思いの方、Kindleアプリ(無料です)をダウンロードすれば、お手持ちのスマホやタブレット端末でお読みいただけます。

スマホやタブレット端末でのKindle本の読み方は、こちらのページで解説をしております。

スマホやタブレット端末を使ってKindle本を読む方法

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

関連記事
[ 2014年10月04日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム