『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング用語 >  ダイビング用語 「バウ」と「スターン」

ダイビング用語 「バウ」と「スターン」


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

先日「スタボー」と「ポート」のお話をしましたので、
本日もダイビング用語というよりは船員用語をご紹介します。

それは「バウ」と「スターン」です。

こちらは、とっても簡単で、
「バウ」は英語の「bow(船首)」で、
「スターン」も英語の「stern(船尾)」から来ています。

こちらも、船に乗っているときに、
船首のことを「バウ」船尾のことを「スターン」と呼ぶと、
これまた、通っぽいので、ぜひ、使ってみて下さい。

もちろん、この用語は、現在の飛行機でも同様に使われています。

これで、船員用語を使って、
船の前後左右を言い表すことが出来るようになりました。

って、こんなことを覚えても、
いったい、どういうときに使うんだよ?
とお思いでしょうが……

たとえば、ボートに乗って移動中に、イルカを右舷側に見つけたら、
「ドルフィン、スタボー」と叫んで船長やボートマンに知らせてみましょう。

船長さん、イルカの方に舵を切ってくれると思います。

さらに、うんちくを垂れ流してみると、
もっと正確に、イルカがいた方向を知らせる場合は、
「バウ(船首)」を時計の文字盤の12時として言い表します。

たとえば、斜め右前方にイルカがいた場合は、
「ワン、オクロック」か「ツー、オクロック」となり、
反対側の、斜め左前方にいた場合は、
「テン、オクロック」とか「イレブン、オクロック」といった感じです。

時計の文字盤にをイメージしながら伝えると、
より正確に、船長やボートマンに方向を知らせることが出来るようになりますよ。


※2016年12月8日追記

このコーナーでご紹介したダイビング用語を1冊にまとめ上げた『さるでもわかるダイビング用語集』
キンドルから、無料で出版しております。

『さるでもわかるダイビング用語集』のダウンロードは、
こちら↓から、どうぞ
本の横(ずっと無料)

関連記事
[ 2014年09月18日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム