『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもできるKindle電子出版 >  Kindle電子出版:いよいよ、出版しましょう!!!

Kindle電子出版:いよいよ、出版しましょう!!!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

さあ、「さるでもできるkindle電子出版」の連載記事を
毎週、毎週、実行したあなたは、

KDPへのアカウント登録も済んでいるはずです。
本の表紙も用意できているはずです。
そして、本のコンテンツもmobiファイルに変換済みのはずです。

ということで、今週は、
いよいよ、実際に本を出版しましょう!!!

先ずは、KDPのページにログインをします。
ログインすると、上部のところに、

本棚|レポート|コミュニティ|KDPセレクト

と並んでいますので、本棚をクリックしてください。
で、左の方にある「新しいタイトルを追加」をクリックです。

冒頭に「KDPセレクトの公開」とあって、
KDPセレクトに登録するかどうか、チェックを入れるところがあります。

KDPセレクトは本の価格設定についての記事のところにも書きましたが、
70%のロイヤリティを受け取るためには、
このKDPセレクトに登録する必要があります。

ただし、70%のロイヤリティを受け取るためには、
本の販売価格を250円以上にすることが求められます。

35%のロイヤリティでもいいから、
もっと安い価格設定をして買い易くしたい、という方は、
ここは、チェックする必要はありません。

逆に、250円以上の価格設定で、
70%のロイヤリティが欲しい、という方は、
ここでチェックをして、KDPセレクトに登録しましょう。

で、その下から、本の登録が始まります。

先ずは、タイトルの欄に、本のタイトルを入力。
その下に、タイトルをフリガナでいれます。

その下には、ローマ字とありますが、
実は、ここで入力したものが、
海外のアマゾンでこの本を紹介するときに使われます。

まあ、海外で日本語の個人作家の本が売れる訳はないので、
ローマ字で入れちゃってもいいのですが、
万が一のことを考えると、英語で入れておいた方がいいかもしれません。

一応、海河童の「さるでもできるダイビング」の場合は、
「even a tiny monkey can do scuba diving」と入れておきました^^

次に、「この本はシリーズ中の一冊です」というチェック項目があります。
シリーズものであれば、チェックを入れて、
その横の「巻」のところに数字を入れましょう。

シリーズのタイトル、フリガナ、ローマ字は先ほどと同じ手順です。
シリーズでなければ、ここはすべてスルーしちゃってください。

次に、「版(オプション)」とありますが、
電子出版のいいところは、一度、出版してからも、
追記や修正が可能になるという点です。

後あとのことを考えて、とりあえず「1」って入れておきましょう。

次は「出版者(オプション)」ですが、
ここは入れても入れなくても結構です。
わたしの場合は、シャレで「海河童本舗」と入れています。
その下のローマ字も「umikappa honpo」としています。

そして、次が内容紹介です。
ここに、自分の本や、作者である自分の紹介等を自由に書き込めます。
いきなりここで、考えながら書いていると「タイムアウト」してしまいますので、
事前に、テキストなりワードなりで書いておいて、
ここでは、コピペで済ませるようにしておいてください。

内容紹介については、
他のkindle本の内容紹介をいくつか読んで、
上手な紹介文の構成を勉強してから書くといいと思います。

次に「本の著者等」とありますが、
「著者等を追加」というところをクリックすると、
名前:フリガナ、ローマ字を入れる欄があり、
その横にある「著者等」をクリックすると、
著者、編集、はしがき、イラスト、序論、ナレーション、写真、序文、翻訳
と選べるようになっていますので、普通は著者を選択すればOKです。

次は、言語の欄ですが、ここは日本語を選択します。
その横に、発売日、下にISBN、参照番号とあります。

発売日は、空欄にしておけば、
アマゾンから発売された日が自動的に発売日となります。

ISBNとは、International Standard Book Numberの略で、
本の国際標準図書番号のことですが、
そんなものを持っていない個人出版の場合は、空欄でOKです。
ISBNの代わりにアマゾンがASIN(Amazon Standard Identification Number)
というものを自動的に振ってくれます。

ちなみに、『さるでもできるダイビング』のASINは、
「B00GLUBZPC」となっています。

参照番号は、自分で好きな整理番号を付けることが出来るようですが、
整理番号など必要が無ければ、ここは空欄でOKです。

その下に「この本には18歳未満の方に不適切な…」という欄があり、
その下で「はい」か「いいえ」が選べるようになっています。
要は、成人向けの内容の本(アダルト本)であるかどうかの自己申告です。
海河童の本はもちろん、「いいえ」としました。

その下に、「ページめくりの方向を選択してください」とありますので、
ここで、本が横書きなのか、縦書きなのかで選択して下さい。

次に、「出版する権利を確認してください」ときます。
パブリックドメインとは、著作権のないコンテンツ、
例えば、死後50年経っている作家の本とか、そういうことです。

あなたがオリジナルで書いた本であれば、もちろん、ここは、
「これはパブリックドメインの作品ではなく、私は必要な出版する権利を保有しています。」
に堂々とチェックを入れてください。

次に、お客様が本を見つけやすくする、というところで、
「カテゴリーを追加」のボタンを押して、カテゴリーを選択し、
検索キーワードの欄に、自分の本に相応しいキーワードを入力します。

さてさて、いよいよ、表紙のアップロードです。
「画像を参照」ボタンを押して、表紙を選択し、アップロードしてください。

「表紙は正常にKDPに提出されました」との文字が出て、
表紙画像がその上に表示されれば、OKです。

次に、本のアップロードですが、
その前に、デジタル著作権管理についてチェックがあります。
デジタル著作権管理を適用しないと、不正コピー等の恐れがありますので、
ここは、迷わず「デジタル著作権管理を適用する」にチェックを入れましょう。

次に、本のコンテンツファイルの「参照」ボタンを押して、
先週作成したmobiファイルを選択してアップロードしましょう。

これには時間が掛かるようで、
途中で、保存して続行するように、との表示が出ますので、
素直に保存して続行としましょう。

後で確認すると、「アップロード、変換に成功しました」と出ているはずです。

はあはあはあ、まだ終わりじゃないですよ。

次に「権利と価格設定」のページに飛びます。

出版地域の確認ですが、
ひょっとしてひょっとしたら、海外に住んでいる日本人が
あなたの本を読みたいと思うかもしれませんので、
ここは、全世界の権利-すべての地域、を選択しましょう。

なんとなく、世界制覇 をしたような気分になってきます。

で、ロイヤリティの選択では、
99円や100円の価格設定なら、35%のロイヤリティを、
KDPセレクトに加入していて、250円以上の販売価格なら、
70%のロイヤリティにチェックを入れてください。

で、その下の希望小売価格の欄ですが、
先ずは、アメリカのAmazon.comの欄にドルで価格を入れます。
すると、その他の地域は、「US価格に基づいて自動的に価格を設定」が、
デファクトになっていますので、自動的に価格設定されます。
海河童の「さるでもできるダイビング」は1ドルの設定にしています。

で、このままだと、ドル円レートで、
日本での発売価格が自動設定されて、
104円とか、105円のような中途半端な価格になってしまいます。

それを防ぐためには、上から8番目の、Amazon.co.jpのところで、
「US価格に基づいて自動的に価格を設定」のチェックを外して、
日本円で販売価格をインプットしてください。

9. Kindle MatchBook

は、良く意味が分からないので、ノーチェックにして、

10. Kindle本のレンタル

は、KDPセレクトに加入すると、
強制的にレンタル可能にするにチェックが入っています。
ということは、それ以外のときは、チェックを入れなくてもいいかと…

上記の各出版地域でマーケティングや、配布、販売ができるよう、
アップロードするコンテンツの出版に必要なすべての権利があることを確認して、
KDP 利用規約に同意する場合は、[保存して出版]をクリックします。

最後に、↑ここにチェックを入れて、
右下の「保存して出版」をぽちっと押せば終了です。

はぁ~、お疲れ様でした。

後は、アマゾンからの「本が出版されましたよ」とのメールを待つばかりです。


※以下、2015年2月27日追記

当シリーズをまとめて、加筆修正をしたKindle本を出しました。
その名も、『さるでもできるKindle電子出版』と、
当シリーズと同じネーミングですが、よろしかったらご購入いただけると幸いです。

お買い求めは、↓こちらからどうぞ。

本の横


関連記事
[ 2014年03月07日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム