『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング用語 >  鼻呼吸もできるシュノーケリング用マスク「忍者マスク」ってどうでしょう?

鼻呼吸もできるシュノーケリング用マスク「忍者マスク」ってどうでしょう?


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

たまには、キンドル関連の記事ばかりでは、ブログタイトルが「羊頭狗肉」になりそうなので、今日は久しぶりにダイビング関連ネタを。

先日、ネット上で、ちょっと変わったシュノーケリング用のマスクを見つけました。

その名も「H2O Ninja Mask」、つまり「忍者マスク」です。
どうやらアメリカはハワイ製の商品らしく、商品名の由来は「水遁(すいとん)の術」でしょうか?

詳しくはこちらのページで動画付で紹介されていますが、顔全体をガバッとおおう形のシュノーケルと一体になっているマスクです。


誇らしげに謳いあげている特徴は3つですが、どれもダイバーからすると「???」と首をかしげるものばかりです。

1:「自然な呼吸で不快感なし」

従来のシュノーケリングマスクと比べ、「H2O Ninja Mask」はフルフェイスタイプである点が大きく異なる。顔全体を覆ってくれるので、マウスピースをくわえる必要がなくなり、地上でする呼吸と同じように水中でも呼吸ができるのだ。

要は「鼻呼吸もできる=地上でする呼吸と同じ」とのことですが、口だけで呼吸するって、そんなに不快なのでしょうか?


2:「広くクリアな視界を確保」

さらに重要なのがその視界の広さだ。「H2O Ninja Mask」はフルフェイスタイプのため、視界を180°に広げてくれる。これによって、海の様子が良く見えたり、仲間の表情も把握しやすくなるなど、よりシュノーケリングが楽しくなりそうだ。

いやいや、視界の広さは、目からガラス面への距離によって決まるのですが……、この形状を見る限り、それほど視界が広いとは思えません。

また、従来のシュノーケリングマスクよりも曇りを軽減し、視界をクリアに保ってくれるのもうれしい。

マスク内で呼吸を(しかも鼻呼吸まで)する限り、呼気に含まれている湿気で、絶対に曇ると思いますけど!


3:「顔が濡れないマスク」

「H2O Ninja Mask」を装着していれば、顔に水がかからないのも利点の一つに挙げられるだろう。水中にいるのに顔が濡れない、というのは少し違和感を覚えるかも知れないが、クラゲやウミヘビなどから身を守るためにも肌の露出はなるべく控えたい。

一見、理にかなっているように思えますが、じゃあ、手や足はどうするの?
フルスーツでシュノーケリングをするのであれば、ウェイトを付けないと潜れませんよ?

女性ならば気になるメイクについても、崩れることを気にせずに楽しめるだろう。またヒゲを伸ばしている男性も、「H2O Ninja Mask」なら問題なく装着し潜れるという。オシャレを我慢せずシュノーケリングを楽しめるのは嬉しいメリットだろう。

おいおい、シュノーケリングのときくらい、ノーメイクで遊んだらいいんじゃないの?
それに、髭オヤジもフツーのマスクで何の問題もありませんよ!


さらには、冒頭には、こんな宣伝文句が述べられています。

泳げない人でも楽しめるマリンスポーツといわれている、シュノーケリング。スキューバダイビングとは異なり、浅瀬で潜るため酸素ボンベも不要。また、免許も不要なので気軽に挑戦できるところが魅力となっている。

はい、タンクを「酸素ボンベ」、Cカードを「免許」と、もれなく間違えてくださっています(笑)


こんなにビミョーな商品ですが、正規輸入品は、15499円というとんでもない値段です。


パチ物で良ければ、3000円から4000円程度で同じものがあるようです。
  

ということで、鼻呼吸であっという間に曇ってしまうマスクをご希望の方以外は、わたしたちダイバーが使っている同じマスクと同じシュノーケルを使うようにしましょう。

さらには「酸素ボンベ」のように、ダイビングを知らない方が間違えやすいダイビング用語を正しく解説している
『さるでもわかるダイビング用語集』は、こちらから、どうぞ。
本の横(ずっと無料)

こちらの本は、唯一のレビューによると、ダイビングを知らない人にとっては全然面白くもなく、経験者にとっては参考になる情報もなく、つまり、誰にも需要の無い本と酷評されながらも、累計260冊以上のダウンロードをいただいているキンドル史上最高の 駄作 です。

果たしてどれだけの 駄作 なのか、どうせタダです、みなさまの目でお試しください。

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

関連記事
[ 2017年05月18日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム