『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  もう一度、行きたい海 >  のんびりとした時間の流れ「タオ島」

のんびりとした時間の流れ「タオ島」


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

タイのダイビングスポットとして有名なところをあげると、マレー半島の西側、アンダマン海にある「プーケット島」か、もしくは、反対側のシャム湾に浮かぶ「サムイ島」となります。

しかし、どちらもあまりにも有名なリゾートなので、ノン・ダイバーの観光客も多く、特にプーケットは、夜の歓楽街目当てのツーリストも大挙してやってきます。

結果、夜になると、新宿の歌舞伎町かとまがうほど、ネオンが明滅して、音楽が鳴り響くことになります。

ダイビングという自然を相手にするレジャースポーツが好きな方には、そういった喧騒から離れて、波の音を聞きながら、のーんびりと過ごしたいという方も多くいらっしゃるかと思います。

そんな方にオススメするのが、同じタイでも、アジアらしいのどかさが残る「タオ島」です。

タオ島は、前述のサムイ島からさらに、高速船で2時間ほどかかる離島で、人口1000人程度の、とっても、小さな小さな島です。

昔から西洋人のパックパッカーが多く訪れていた島なので、ダイビング以外の海のアクティビティや、象乗りツアー、タイマッサージのお店、土産物屋、ゴーゴーバー、タイ料理はもちろんのこと、各国の味が楽しめる多国籍レストラン等、タイのリゾート地としてあるべきものはすべて揃っています。

しかし、いかにも、アジアの田舎の観光地といった感じで、洗練されていないというか、すれていないところが、ほっとさせてくれる所です。

タオ島のダイビングポイントでは、ジンベイザメが高確率で見られるという「チュンポーン・ピナクル」が有名ですが、銀河ハゼを初めとする各種ハゼがそこら中にいる「ツインズ」というポイントもあり、ワイド派ダイバーだけではなく、マクロ派も大満足すること間違いありません。

また、リゾートやダイビングショップが軒を連ねる「サイリービーチ」では、タンクを借りてバディダイビングをすることも可能となっています。

午前と午後にボートダイビングを2本ずつ潜った後に、タンクを借りて、ビーチでサンセットダイビングをすれば、1日5本というダイビング三昧の日々を楽しむこともできます。

また、サイリービーチにはビーチ沿いに、開放的なレストランが数多く並んでいます。

砂浜にセッティングされたテーブルで、ビーチサンダルを脱いで足の裏に砂を感じながら、タイガービールで喉を潤していると、やがて、息を呑むほど美しい夕焼けが目の前に広がります。

200205thailand (25)


夕焼けで赤く染まっていた空が暗くなってくると、今度は、星空を眺めながら、新鮮なシーフードを使ったタイ料理に舌鼓を打つことになります。

しかも、テーブルの下を見ると、おこぼれをもらおうとしている犬や猫が、哀願の目でわたしたちを見上げています。

テーブルの下に鳥や魚の骨を落としてあげると、とても嬉しそうに綺麗に平らげてくれます。

「もう一度、タオ島に行ってみたい」

わたしがそう思っている理由は、ダイビング三昧に、ビーチ沿いのレストランで夕焼けと星空。そして、足元で哀願の目を向けてくる犬と猫です。

ということで、「ダイバーになって、タオ島の夕焼けを見てみたい!」と思われた方は、ダイビングをはじめるにあたって、絶好のガイドブック『さるでもできるダイビング』がオススメです。

これから、Cカードを取ろうという方は、
こちら↓を、お買い求めください。
本の横

Cカードを取ったばかりの方、あるいは、ブランクダイバーの方は、
こちら↓を、どうぞ。
本の横

また、器材の購入を検討なさっている方は、
こちら↓を、ご参考にしてください。
本の横

さらには、上記3冊をまとめたお得な合冊版は、
こちら↓から、どうぞ。
本の横

海外へダイビングに行ってみたいという方は、『だからダイビングは』シリーズで、行先の検討をしてはいかがでしょうか?

さらに、さらに、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。
関連記事
[ 2016年11月23日 21:00 ] カテゴリ:もう一度、行きたい海 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム