『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもできるKindle電子出版 >  Kindle本に、ついに、消費税導入!

Kindle本に、ついに、消費税導入!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

海河童のKindle本をお買い上げいただいたことのある方は、
お気づきになっていたかもしれませんが、Amazon社はアメリカの会社であるため、
実は、個人作家のKindle本は「国外取引」として日本の消費税の課税対象外でした。
※出版社が販売するKindle本には消費税がかかっていました。

しかし、同じことを国内の事業者が行った場合には、
事業所の所在地が国内ということで、日本の消費税がかかっていました。

このことから、かねてから、国内の事業者からは、
「Amazonだけ、ずるい!」とか「不公平だ!」という声があがっていました。

で、そういった声に押されてかどうか、とうとう、
電子書籍の販売など電子データで提供されるサービスは、
「提供する側の所在地」ではなく「提供を受ける側の所在地」で判定をして、
消費税を課税する方針が国税庁から打ち出されました。

こんな背景の元、本日(2015年9月1日)、
海河童宛に、Amazon様からこんなメールが送られてきました。

以下に、その一部を引用して、掲載させていただきます。



Kindleダイレクト・パブリッシングをご利用いただきありがとうございます。

2015年10月1日より、日本在住の読者に販売されるすべての電子書籍に8%の消費税が適用されます。出版者様に特に対処していただくことはありませんが、現在出版者様がKDPで出版されている本にはこの変更の影響を受ける可能性があるものが含まれていますので、お知らせいたします。

既存のKDP本に対する1回限りの調整
10月1日より、Amazon.co.jp向けの希望小売価格の設定が税込み価格となり、販売時点の希望小売価格のうち、8%部分が消費税とみなされることになります。たとえば、これまでAmazon.co.jp向けの希望小売価格を1,250円に設定していた場合は、この1,250円がそのまま新しい税込みの希望小売価格となります。この価格から消費税が差し引かれるため、出版者様へ支払われるロイヤリティは、税抜き後の金額1,157円に基づいて計算されることになります。なお、出版者様は、いつでもKDP利用規約の条項に従い希望小売価格を変更することが可能です。

最小および最大希望小売価格
35%および70% のロイヤリティプランの最小および最大希望小売価格も、今後は税込みとなります。これまでの35%のロイヤリティプランの最小および最大希望小売価格は、それぞれ99円と20,000円でした。今回の変更により、35%のロイヤリティプランの新しい最小および最大希望小売価格は、税込みでそれぞれ99円と20,000円になります (税抜きではそれぞれ91.67 円と18,518.52円になります)。同様に、これまでの70%のロイヤリティプランの最小および最大希望小売価格は、それぞれ250円と1,250円でした。今回の変更により、70%のロイヤリティプランの新しい最小および最大希望小売価格は、税込みでそれぞれ250円と1,250円になります (税抜きではそれぞれ231.48円と1,157.41円になります)。



つまり、1つ目のブロックで書かれている内容を要約すると、

「今までの販売価格を、一律、税込の価格に変更しますよ!」

ということで、2つ目のブロックで書かれていることは、

「今までの最小、最大の販売価格は、金額はそのままで税込とします」

ということになり、まあ、簡単に言えば、

「税込にした分、チミたちのロイヤリティは減るけど、我慢してね」

ということになります><

もちろん、「消費税分を販売価格に上乗せして、販売価格を再設定することも可能です」
といった趣旨のことも書いてはいますが、たぶん、わたしも含めてですが、
個人のKindle作家で、「販売価格を再設定」する人はいないかと思います。

なぜならば、多くの個人作家のKindle本は、
35%のロイヤリティプランの最低価格である99円になっています。
※海河童の場合は、無料キャンペーン対象外の本は100円としていますが……

この販売価格を、消費税分を上乗せした価格設定に変更すると、
107円ということになり、99円との価格差はたったの8円ですが、
100円以下と107円では、購入者の心理に大きな影響を与えるからです。

つまり、ロイヤリティを減らしたくなくて、消費税分の値上げをすると、
販売数そのものが、それ以上に、減ってしまう可能性が高くなります。

ちなみに、どれだけロイヤリティが減るのかというと、
99円の本のロイヤリティは、今までは、販売価格の35%ですから35円でした。
同じ本が、10月1日以降は、8%を引いた金額の35%ですから32円となります。

つまり、1冊につき、3円 のマイナスです。

この件については、10月1日以降、
KDPの価格設定ページの変更内容をチェックした上で、
『さるでもできるKindle電子出版』と『さるでもできるKindle写真集』に、
追加のコンテンツをアップデートするつもりです。

ということで「海河童の取り分が3円減る前に買ってやるよ」という心優しい方は、
『さるでもできるKindle電子出版』(100円)を、
↓こちらから、お買い求めください。



また「長い文章を書くのは苦手だけど、写真集なら」という方は、
『さるでもできるKindle写真集』(100円)を、
↓こちらから、お買い求めください。




引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

関連記事
[ 2015年09月01日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(2)
たった3円、されど3円。これは痛い。

以前から、Amazonも消費税払えよと思ってましたけど、海河童さんらにまで飛び火するとはね。
Amazonでの商品購入分にも上乗せするのかな。
[ 2015/09/02 19:36 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
コメントありがとうございます、ミドリノマッキーさん

> たった3円、されど3円。これは痛い。

Amazon様のルールは、こちらの都合など考えずに、
しょっちゅう変わるので仕方のないことですが、
長いものにはクルクルと巻かれてしまう海河童です^^

> 以前から、Amazonも消費税払えよと思ってましたけど、海河童さんらにまで飛び火するとはね。
> Amazonでの商品購入分にも上乗せするのかな。

日本国内の商品を買うときは、今までも消費税はかかっていたようですよ。
ただし、会社はアメリカにあるので、日本で商売をして利益をあげているにも関わらず、
日本での法人税は払ってないのでは? と思います。
[ 2015/09/03 13:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム