『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもできるKindle電子出版 >  Kindle電子出版にEIN番号は不要!?

Kindle電子出版にEIN番号は不要!?


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日はKindle電子出版に関わる最新情報をお届けします。

先日、わたしの『さるでもできるKindle電子出版2015』をお買い上げいただいた方から、
読者登録のメールと共に、とある質問をお受けしました。

その質問によると、『さるでもできるKindle電子出版2015』ならびに、
『さるでもできるKindle写真集2015』の「KDPアカウント情報の登録」の章で、
わたしが解説している通りにアカウント情報を登録しようとすると、
「米国人テスト-個人」の次が、EIN番号を入力する画面ではなく、
TINを持っているかどうかの画面になってしまって、

・米国のTINを持っている
・外国(米国以外)の納税者識別番号を持っている
・米国のTINと外国(米国以外)の納税者識別番号を両方持っている
・米国のTINまたは外国(米国以外)の納税者識別番号を持っていない

上記4つの選択肢が出てきてしまうというお問い合わせでした。

海河童がネットで検索して調べてみると、

一番下の選択肢を選んで「保存して続行」をクリックすると、
納税者情報フォームの確認から、電子署名の同意をするようになっており、
税に関する情報は「完了」となるようになっているようです。

しかし、完了後の税に関する情報欄には、

・源泉徴収率:30% [詳細]

と出るようですが、「詳細」にマウスを置くと、
アメリカのキンドルストア以外で獲得したロイヤリティの支払いには、
この源泉徴収率は適用されないとのコメントが出るようです。

「えー! また、ルールが変わったの?」

ぶつぶつと文句を言いつつ、
この件について、KDPカスタマーサービスに問い合わせたところ、
以下のような回答が送られてきました。

Kindleダイレクト・パブリッシングにお問い合わせいただき、ありがとうございます。

- 米国源泉徴収税について

現在、Amazon.co.jp、およびAmazon.com 以外のKindle ストア から得たロイヤリティについて、米国の源泉徴収税の減免措置を受けるために、米国の納税者番号(TIN) を取得いただく必要はございません。
※ TIN には、EIN とITIN が含まれます。

30%の米国の源泉徴収制度の対象となるのは、Amazon.com での売り上げに対するロイヤリティのみです。Amazon.co.jp など、その他すべての Amazon Kindle ストアでの売り上げに対するロイヤリティは、米国の源泉徴収税の適用対象外となっております。

Amazon.com でロイヤリティを獲得する見込みがあり、そのロイヤリティに対する、30%の米国の税の免税を希望される場合は、米国のTIN をご用意いただく必要がございます。

米国の源泉徴収制度の詳細については、次のページをご覧ください。

https://kdp.amazon.co.jp/help?topicId=A1CTSIBPDAAJ0M

- EIN/ ITIN について

Amazon.com のロイヤリティに対する30% の米国源泉徴収税を回避するためには、米国のTIN (納税者番号)を税のインタビュー上でご登録いただく必要があります。

なお、現在、IRSの規定において、会社および個人以外の事業体の場合は「EIN (Employer Identification Number)」を米国TIN(Taxpayer ID Number)としてご利用いただけます。個人の場合は 「ITIN (Individual Taxpayer Identification Number)」 をTIN として申請いただけるようになっております。

この情報は下記のページでもご確認いただけます。

https://kdp.amazon.co.jp/help?topicId=201274700

その他、ご不明な点がございましたら、いつでもご遠慮なくお問い合わせください。

KDPではお客様に満足していただけるサービスを提供できるよう努力して参ります。今後ともよろしくお願いいたします。


ということで、メールの内容を要約すると、
どうやら、アメリカのキンドルストアでの売り上げ以外は、
EIN番号がなくても、課税されないように変更になったようです。

ただし、アメリカのキンドルストアで相当数の販売が見込める場合は、
EINではなく、ITINを取得して申請する必要があるそうです。

しかし、そもそも、日本語の本がアメリカでそれほど売れるとは思えませんので、
敢えて、そんな面倒なことをする必要はないかと思われます。

ということで「KDPアカウント情報の登録」に際して、
アメリカのキンドルストアでの売り上げを見込まないのであれば、
現在は、EIN番号も、ITIN番号も不要ということになっております。

しかし、アマゾン様は、こんな「有用なルール変更」について、

「どうして、もっと大声でアナウンスをしてくれないんだよー!」

と、ひと言だけ、愚痴を言いつつ、本日の記事は終了とさせていただきます。

追伸:本件について、お問い合わせをいただいた読者様、ありがとうございます。



ということで、この情報も更新されている
『さるでもできるKindle電子出版』は、
こちら↓から、どうぞ
本の横

さらに、Kindle写真集の作り方がわかる、
『さるでもできるKindle写真集』は、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横

また、Kindle本を出すにあたって、
ちょっとしたヒントをまとめた、
『さるでも楽しいKindle電子出版』
海河童本舗より発売中です!

お買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横

さらにさらに、上記の3冊を1冊にまとめた、
Kindle電子出版のすべてがわかる、
『さるでもわかるKindle電子出版:合冊版』も、
100円×3冊=300円のところ、
1割引きの270円というお得な価格で発売中です。

お買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横

引き続き、
海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。


さらに、Kindle本を読むなら、
やっぱりKindle端末がオススメです。
本の横
本の横

マンガを読む場合は、
大容量32GBのこちらがオススメです。
本の横

雑誌や写真集の場合は、
カラー画面のこちらがオススメです。
本の横
関連記事
[ 2015年06月22日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(2)
これで、かなりKDPの敷居が低くなりましたね。もっともっと電子書籍が盛り上がるとうれしいですね。
[ 2015/06/24 00:08 ] [ 編集 ]
Re: タイトルなし
ホント、ホント!

アメリカでの課税回避の手続きが不要になったのは、
これからKDPで本を出そうという人には朗報ですよね^^

競合が増えることになるけど、
多くの人が参加した方が市場は拡大しますからね。
[ 2015/06/24 09:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム