『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング英単語 >  ダイビング英語『言語間の距離』

ダイビング英語『言語間の距離』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日の「ダイビング英語」コーナーも大脱線いたしますが、
言語の習得の難しさは、母語とその言語の距離で決まると言われます。
ここで言うところの距離とは、どのくらい似ているか似ていないのかということです。

日本語と英語は、みなさまの想像通り、もの凄く距離が離れている言語です。
それが日本人の英語コンプレックスに繋がっている理由のひとつです。

勉強しても勉強しても、なかなか、英語が身に付かないのは、
日本語と英語の距離がとーんでもなく、離れているからです。

日本語に一番近いと言われているのは、韓国語だそうです。
漢字ではなく、ハングル文字という特殊なアルファベットを使っているので、
書き文字を見ている限りは、まったく違う言語のように見えますが、
実は、構造も音も非常に似通った言語らしいです。

海を隔てているとはいえ、隣国ですから、当然といえば当然ですね。
そして、やはり中国語も、比較的、距離が近いと言われています。

逆にアメリカ人から見た、言語習得の難易度を調べた結果では、
独語、仏語、西語、伊語なら600時間の学習で、上級レベルに到達できるそうですが、
日本語、中国語、韓国語の場合は、上級レベルに達するためには、
ヨーロッパの言語の2倍以上、1320時間もの学習が必要だそうです。

それは「逆も真なり」です。
つまり、ヨーロッパ人に比べて日本、中国、韓国の人たちは、
英語を習得するのに、2倍の時間が必要になるということです。

その最大の原因は、語順にあるそうです。
ということで、日韓中英の語順を比較してみましょう。

日:私もその映画を見ました。

韓:私/も/その映画/を/見ました。

中:私/も/見ました/その映画を。

英:私/見ました/その映画を/も。

このように、日本語と韓国語は、まったく同じ語順で、
中国語から英語に行くに従って、語順の違いが大きくなってます。

日本語、韓国語は付帯情報(=も)を先に並べる傾向があります。
それに比べて英語は付帯情報は最後で、私の行動(=見ました)が先です。

で、中国語は動詞と目的語/補語の並べ方は、
英語と同じであるのに関わらず、付帯情報(=も)が主語の次に来ます。

付帯情報とは「いつ」とか「誰と一緒に」とか、
それがなくても、文章が文章として成立する情報のことです。

実は、わたしが勉強している中国語の教材は、
アメリカ人相手に開発された、英語で中国語を教える教材です。
したがって、日本人であるわたしからすると、しつこいくらいに、
この付帯情報を主語の後ろに持ってくることを何度も何度も注意します。
そのくらい、アメリカ人からすると馴染めない語順だということです。

脱線話をよっこらしょと、元に戻しますが、
日本人がヨーロッパの人々よりも英語が苦手なのは、
別に、わたしたちが勉強不足でも何でもありません。
単に、英語と日本語が距離的に遠い言語であるからです。

しかし、それは、裏返すと、
ヨーロッパ人の2倍の時間、学習をすれば、
わたしたち日本人であっても、かならず、英語を習得できるということです。

2倍の時間、勉強をしなければならない、というハンデはありますが、
わたしたちは、真面目さと勤勉さにかけては、世界に誇れる日本人です。
がんばって、2倍勉強をして、英語を習得しましょう。


以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。
詳細は↓こちら^^




関連記事
[ 2015年01月23日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム