FC2ブログ

『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング英単語 >  ダイビング英語「表記と発音のルール」 #diving #ダイビング #ダイビング英単語 https://amzn.to/2IhLOC5

ダイビング英語「表記と発音のルール」 #diving #ダイビング #ダイビング英単語 https://amzn.to/2IhLOC5

さて、今日の「ダイビング英語」の脱線話は、わたしが3つあると書いた言語の構成要素の最後のパート、「表記と発音のルール」についてです。

まず「表記のルール」に付いてですが、スペイン語やイタリア語は、「表記のルール」に例外はほとんどありません。
基本的に耳で聞いた音をルール通りに綴りますので、カンタンです。
しかし、英語の「表記のルール」は例外だらけで超難関です。

ただし、話し言葉には、「単語のスペル間違い」なんてありませんので、やや乱暴ですが、会話を主目的とした場合は、あまりにも例外が多い英語の表記のルールを覚えるのはやめにしましょう。

前回の「英単語の正しい覚え方」でも書きましたが、どうしても英語を書く必要があるときは、辞書を使ったり、ワードのスペルチェック機能を使えばいいからです。

したがって、重要視すべきは、「発音のルール」ですが、これは、発音記号が表している音を正確に覚えることを第一歩としましょう。

まあ、当たり前と言えば当たり前のことなのですが、実は、日本の学校教育が一番「おざなり」にしているのがこの点です。

わたしのブログでは発音記号が表記できないので、今まで、無理矢理、カタカナで書いていましたが、実は、「ぜんぜん、違うんだけどなー」と思いながら書いていました。

英語の辞書がカタカナを使わずに、わざわざ発音記号を使っているということからも、英語にはカタカナで表記できない、つまり、日本語には無い「音」がたくさん存在するということです。

では、どうやったら発音記号の音を正確に覚えられるのでしょうか?

わたしは語学ヲタクですので、いろいろな学習方法を試してみました。
英語学習のために買った本も、それこそ、10冊や20冊では済みません。

その中のどの本に書かれていたのか、忘れてしまいましたが、発音記号の勉強法で、わたしが最適だと思った方法をご紹介します。

それは、自分の好きな英語の歌の歌詞カードを見ながら、ひとつひとつの単語を辞書で調べて、その単語の発音記号に書き換えることでした。
つまり、発音記号だけで書いた歌詞カードを作るのです。

そして、その「発音記号歌詞カード」を見ながら、音も抑揚もそっくりになるまで、オウムのように一緒に歌うという方法です。

ただし、いくらレゲエミュージックが好きだからといっても、Bob Marley(ボブ・マーリー)の歌で練習することはオススメできません。
彼の英語はジャマイカ英語ですから、文法も発音もかなり特殊です。

わたしが読んでいた本では、何人かの発音の綺麗な歌手が紹介されていました。
お手本となる発音の綺麗な歌手の歌で練習するようにしましょう。

ちなみに、わたしが選んだのは、カナダ出身のカントリーシンガー、Shania Twain(シャナイア・トゥエイン)のヒット曲「Come On Over」でした。
アップテンポの元気が出る曲で、とても綺麗な発音をしています。

さらには、ちょっと発音的には癖がありますが、Jhone Lennon(ジョン・レノン)の名曲「Imagine」も発音記号歌詞カードを作って、繰り返し、繰り返し、聞きながら歌ったものです。

英語の発音の基本は「発音記号」です。
それぞれの記号が表す正しい音が出せるようになるまで、がんばりましょう。


さて、最後に少しだけ宣伝にお付き合いください。

このブログの記事は、海河童本舗のこちらの本がベースになっております。

英単語cover

こちらの『さるでもわかるダイビング英単語』では、現地のガイドや外国人ダイバーと英語で話をする際に必要となる、ダイビング中に見られる魚を中心とした「海の生き物の英語名」を、名前の由来などを解説しながらご紹介しております。

ということで、国際派ダイバー必携の1冊、『さるでもわかるダイビング英単語』のお買い求めはこちらからどうぞ。
本の横

とはいえ「キンドル端末を持っていないから……」とお思いの方は、ちょっとお待ちください。
Kindleアプリ(無料です)をダウンロードすれば、お手持ちのスマホやタブレット端末でもお読みいただけます。

スマホやタブレット端末でのKindle本の読み方は、こちらのページで解説をしております。

スマホやタブレット端末を使ってKindle本を読む方法

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
関連記事
[ 2019年07月13日 22:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて23年
      経験本数922本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
最新コメント
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
Kindle本を読むなら
やっぱり専用端末がオススメ
アマゾンプライム会員なら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングはやめられない」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
 
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
             
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム