『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング英単語 >  英単語の正しい覚え方

英単語の正しい覚え方


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

先日の脱線話「とにかく単語を覚えましょう!」の記事では、
最後の最後に、「英単語は自分でがんばって覚えてね」
と突き放した言い方をしてしまい、反省しております。

ということで、今日の脱線話は、お詫びの気持ちも込めて、
英単語の正しい覚え方について、お話をしたいと思います。

わたしが受験生のころは、英単語を覚えるのであれば、
何といっても「試験にでる英単語」という本がバイブルでした。

余談になりますが、この本は、関東では「でる単」と呼ばれるようですが、
海河童が高校時代を過ごした関西では「しけ単」と呼んでいました。

さらにどんどんと脱線すると、
マクドナルドは、関東では「マック」ですが、関西では「マクド」で、
ケンタッキーフライドチキンは、「ケンタ」ではなく、「ケンチキ」です。

で、よっこらしょと、話を元に戻しますが、
わたしが「しけ単」を使っていた当時は、
受験勉強として単語を覚える勉強をしていました。

すると、覚えるべき順番は、受験で出題される頻度に従って、
1に単語の意味、2に単語のスペル、3、4がなくて、
5に正しい発音とイントネーション、の順でした。

しかし、英語はスペルと発音が非常に不規則な言語です。
したがって、スペルを覚えるために、Wednesdayは「ウェドネスデイ」とか、
Restaurantを「レスタウラント」と言う風に覚えていました。

つまり、スペルを覚えるために、
正しい発音とイントネーションをないがしろにしていたのです。

わたしは、このことを、後々、どれほど後悔したことでしょう。

受験勉強のためではなく、英語を使いこなせるように、
もう一度、英単語を覚えなおすのであれば、

1に単語の意味と正しい発音とイントネーション、となり、
3、4がなければ、5も6も必要ありません。

単語の意味とセットで、正しい発音とイントネーションを覚えるだけでじゅうぶんです。

スペルなんて、はっきり言って覚える必要はまったくありません。
知っている単語は、書けなくても読めます。

どうしても書く必要が生じた場合は、
Wordで英文を書けば、スペルチェックをしてくれます。

たとえば、この「ダイビング英語」コーナーの『アジの仲間編』でご紹介した、
ロウニンアジ=「Giant trevally」の「Trevally」なんて単語を、
「書く」必要に迫られることなどは、みなさまの一生の内に、一度だってないはずです。

海河童自身、このコーナーを始めなかったとしたら、
この単語を書くことは一生なかったと思います。

必要のないものまで覚えるのは、時間と労力の無駄です。
逆に、正しい発音とイントネーションは「絶対に」、意味と一緒に、セットで覚えましょう。

ということで、正しい英単語の覚え方は、「耳で覚える」ということです。
紙の本の単語帳で覚えても、何の意味もありません。

さらに、単語をひとつずつバラバラに覚えるのではなく、
「実際に使われる文章の文脈の中で覚える」という方法がベストです。

たとえば、語学学習で有名なアルクが出している、「キクタン」シリーズなどは、
初心者レベルから段階的に教材がそろっていますので、おススメのシリーズです。
実際に、海河童も、このシリーズにはお世話になりました。

しかし、TOEICがすでに450~500点のレベルであるならば、DUO3.0という教材がおススメです。



これは、現代英語の重要単語1600語と、熟語1000語を、
560本の基本例文に凝縮した教材となっています。
本とCDは別売になっていますので、必ず、CDも併せてお使い下さい。

基礎用のCD(5枚セット)は、日本語→スロースピード→単語→ノーマルスピード、
となっていますが、この流れがかったるくなるほど上達したら、
あるいは、すでにTOEIC600点以上のレベルの方は、復習用のCDにお進み下さい。



60分のCD1枚に、ノーマルスピードの英文だけが収録されていますので、
たったの60分間、聞き流すだけで、どんどんと単語が記憶に定着していきます。

海河童も、月に一度くらいの頻度ですが、
この復習用のCDを聞いて、英単語の復習をしています。

海河童のブログの右上にもバナーを貼っていますが、
アマゾンの2014年の売上ランキング「英語学習書籍部門」で、
堂々の1位を獲得している絶対におススメの教材です。

と、ここまで書いたところで、さらにアマゾンで検索してみると、
現代の「試験にでる英単語」も進化しているようです。
ちゃんと耳から覚えるように、CD付が出ています。

受験生の方の場合は、やむなく「試験にでる英単語」で勉強されても結構ですが、
受験だけではなく、もっと将来のことまで考えたうえで、
絶対に、CD付を購入して、正しい音とイントネーションで英単語を覚えておきましょう。

ということで、この脱線話はまだまだ続きます。


以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。

お買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横
関連記事
[ 2014年12月13日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム