『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング英単語 >  ダイビング英語『チョウチョウウオ編』

ダイビング英語『チョウチョウウオ編』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

さて、本日の「ダイビング英語」のお題は、
魚の名前シリーズの続きで、『チョウチョウウオ編』です。

チョウチョウウオの総称は「Butterflyfish(バタフラーイフィッシュ)」で、
「Butterfly=蝶々」なので、簡単ですね。
ただし、これも「バタフライ」とカタカナでフラットに発音するのではなく、
「バ」にアクセントを付けて「バタフラーイ」と「ラ」と「イ」の間は伸ばしましょう。

では、代表的なチョウチョウウオから行ってみましょう。

カスミチョウチョウウオ=「Pyramid butterflyfish(ピラミッド・バタフラーイフィッシュ)」
これは、白い模様がピラミッドのように見えるからでしょう。

セグロチョウチョウウオ=「Saddle butterflyfish(サドル・バタフラーイフィッシュ)」
背中の黒いところを、saddle=鞍に例えた表現となっています。

トゲチョウチョウウオ=「Threadfin butterflyfish(スレッドフィン・バタフラーイフィッシュ)」
背びれの後ろが糸(=Thread)のように伸びているので覚えやすいですね。

フエヤッコダイ=「Long beaked butterflyfish(ロング・ビークド・バタフラーイフィッシュ)」
これも口ばしが長い(=Long beaked)ので、簡単です。

シテンチョウチョウウオ=「Four spotted butterflyfish(フォー・スポッテッド・バタフラーイフィッシュ)」
体に白い点が2つありますが、裏表合わせると4つの点があるということで簡単です。

ユウゼン=「Work of art butterflyfish(ワーク・オブ・アート・バタフラーイフィッシュ)」
芸術作品(=Work of art)のようなチョウチョウウオという素晴らしい英語名をもっていますが、
ユウゼンは伊豆諸島・小笠原などで見られる日本の固有種なので、
この英語名を知っている外国人ダイバーはヲタクしかいません。

どうしても、ユウゼンを説明したい場合は、
It's an endemic species of a butterflyfish seen in the Pacific Ocean near Japan.
(太平洋の日本近海で見られるチョウチョウウオの固有種です)
と前置きをした上で、ユウゼンの体の模様を説明して、
It looks like Japanese chic and sober kimono pattern.
(日本の上品な落ち着きのある着物の模様に似ています)
So, it is called "Work of art butterflyfish".
(ということで、芸術作品のようなチョウチョウウオと呼ばれています)
と言えば、納得してもらえるかも知れません。

ということで、チョウチョウウオについては以上です。

「えー、たった6つで終わりなの!?」

と不満の声が上がっているかもしれませんが、
そもそも、皆さまはチョウチョウウオって何種類、知っています?

海河童は、和名ですら、さきほどの6種類くらいしか名前を言えません。
そして、外国人ダイバーのほとんどは、チョウチョウウオと言えば、
「Butterflyfish(バタフラーイフィッシュ)」以外に名前を知りません。

ですから、いくらチョウチョウウオの英語名を覚えてもあまり意味がないのです。

どうしても個々のチョウチョウウオのことを話題にしたいのであれば、
英語名で話すよりは、体の模様で説明する方が相手も分かってくれると思います。

体の模様で魚を説明する方法は、次回のコーナーで解説したいと思います。

で、しつこく言いますが、英語は音とアクセントが大変重要な言語です。
どうせ覚えるなら、正しい音とアクセントで覚えましょう。

そのためには、いちいち面倒かもしれませんが、辞書を使って、
正しい音とアクセントの位置を必ず確認しながら覚えるようにしてください。

http://ejje.weblio.jp/

上記のサイトで英単語を入力すると、意味と一緒に発音記号も表示され、
実際の音声まで聞くことができます。


以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。
詳細は↓こちら^^




関連記事
[ 2014年12月04日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム