『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング英単語 >  ダイビング英語『クマノミ編』

ダイビング英語『クマノミ編』


ご訪問ありがとうございます.
海河童です。

さて、本日の「ダイビング英語」のお題は、引き続き、魚の名前シリーズで、「クマノミ編」です。

クマノミは「Anemone fish」、もしくは「Clown fish」が総称となります。
前者は、イソギンチャク(Sea anemone)に共生することから、後者は、目の周りの隈取りがサーカスのピエロ=道化師(Clown)の化粧のようだからというのが英語名の由来になっています。

ただし、「Anemone」は「アネモネ」ではなく、「ナ」にアクセントを付けて、「アナーマニ」と発音するようにしましょう。
カタカナで「アネモネ」とフラットに言うと、ほとんど通じません。
また、「Clown」も「クラウン」ではなく、「ラ」にアクセントを付けて、「クラーゥン」と発音しましょう。

それでは、ダイバーの皆さまであれば、体にある白いラインの数を元にした「1ハマ、2クマ、3カクレ」という名前の覚え方を知ってらっしゃると思いますので、まずは、この順番でクマノミの英語名を覚えていきましょう。

ハマクマノミ=「Tomato clownfish(トメイトゥ・クラーゥンフィッシュ)」
これは、ハナクマノミの体がトマトのように赤いことから付けられています。

クマノミ=「Goldbelly anemonefish(ゴールドベリー・アナーマニフィッシュ)」とか、
「Yellowtail clownfish(イエローテイゥ・クラーゥンフィッシュ)」とか、
「Clark's anemonefish(クラークス・アナーマニフィッシュ)」など複数の英語名があります。
どれかひとつに絞って覚えるのであれば、「Clark's anemonefish」をオススメします。
クマノミは、個体によっては、「Goldbelly=お腹が金色(黄色)」でなかったり、
「Yellowtail=尻尾が黄色」ではなかったりするからです。
「Clark」の由来は分かりませんが、人の名前だと思われますので、
クラークさんという方が命名したのではないでしょうか?

カクレクマノミ=「Clown anemonefish(クラーゥン・アナーマニフィッシュ)」、
もしくは、単純に「Clownfish(クラーゥンフィッシュ)」などと呼ばれますが、
これは、出来るだけ短い単語「Clownfish(クラーゥンフィッシュ)」で覚えちゃいましょう。

続いて、他の代表的なクマノミの名前も覚えましょう。

ハナビラクマノミ=「Pink anemonefish(ピンク・アナーマニフィッシュ)」
ハナビラクマノミの淡いピンク色を思い浮かべれば納得の英語名です。

トウアカクマノミ=「Saddleback clownfish(サードゥバック・クラーゥンフィッシュ)」
これは、背中の白い部分を「Saddle=馬などの鞍」に例えた表現ですね。

セジロクマノミ=「Yellow clownfish(イエロー・クラーゥンフィッシュ)」
こちらは、黄色いから「Yellow=黄色」という身も蓋もない命名です。

クマノミに関しては、このくらい覚えておけば、じゅうぶんだと思います。

ということで、今回のまとめです。
「1ハマ、2クマ、3カクレ」を英語にすると、
「1トマ、2クラ、3クラウン」となります。
※全然、英語になっていませんが、気にしない、気にしない(笑)

クマノミの名前も、犬はdog、猫はcat、鳥はbird、魚はfish、と同様に、
何も考えることなく、口に出せるようになるまで覚えちゃいましょう。

で、毎度毎度のことですが、英語は音とアクセントが大変重要な言語です。
どうせ覚えるなら、正しい音とアクセントで覚えましょう。

特に、「Anemone」と「Clown」はカタカナでフラットに発音すると、
まったくと言っていいほど通じません。

http://ejje.weblio.jp/

上記のサイトで「「Anemone」と「Clown」を入力してみて、
必ず、実際の音声を確認して、その通りに発音できるようにしましょう。


以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。
お買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横
関連記事
[ 2014年11月29日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム