『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング英単語 >  ダイビング英語『危険な海の生き物:その1』

ダイビング英語『危険な海の生き物:その1』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日の「ダイビング英語」コーナーでご紹介する魚は、
実は、真っ先に覚えなければならない魚の名前でした。

それは、ダイビングのときに気を付けなくてはならない
「危険な魚たち」のことです。

まずは、ダイバーにとっての3大危険ザメと言われている、
ホオジロザメとオオメジロザメ、そしてイタチザメの英語名からご紹介します。

ホオジロザメは映画「ジョーズ」モデルとなったサメです。
体長4~5メートルにもなる大型のサメということで、
「Great white shark(グレート・ホワイト・シャーク)」と呼ばれています。

次の、オオメジロザメは、
去勢していない雄牛、転じて「強気な」という意味で使われるbullを冠して、
「Bull shark(ブル・シャーク)」と呼ばれています。

最後のイタチザメは、若魚のときに、体に縞模様があることから、
虎の名前を冠して「Tiger shark(タイガー・シャーク)」と呼ばれますが、
「Maneater shark(マンイーター・シャーク)」という恐ろしい別名も持っています。

その他に危険な魚と言えば、タマゴを守っているときの、
ゴマモンガラやキヘリモンガラがあげられると思います。

モンガラ系の魚は襲ってくるときの「ビュンビュン」とした動きが、
まるで弾丸が飛んでくるように見えるからでしょうか、
あるいは、威嚇するときに背びれがピンピンと引き金のように動くからでしょうか、
銃の引き金を意味するtriggerを付けて、
「Triggerfish(トリガーフィッシュ)」と呼ばれます。

ゴマモンガラは、Titanというギリシア神話の巨人族の名前を冠して、
(タイタンを冠する理由は分かりませんが)
「Titan triggerfish(タイタン・トリガーフィッシュ)」と呼び、
キヘリモンガラは、「Yellowmargin triggerfish(イエローマージン・トリガーフィッシュ)」と呼びます。
marginとは縁のことなので、「Yellowmargin(縁が黄色い)」=「キヘリ(黄色い縁)」という和名と、
まったく同じ発想で名前が付けられているようです。

しかし、中には、ゴマモンガラを単純に「Triggerfish」、
キヘリモンガラは「Yellow triggerfish」と呼ぶ外国人ダイバーもいます。

気が利くガイドであれば、ゴマモンガラがタマゴを守っているときは、
ブリーフィングのときに注意をするかと思いますので、
「Triggerfish」という単語がブリーフィングで出てきたら注意して聞くようにしましょう。

ちなみに、英語ではガイドはガイドと言わずに、
「Dive master(ダイブ・マスター)」と資格名で呼びます。
「誰がわたしのガイドですか?」と訊くときは、「Who is my dive master?」と訊ねましょう。
ただし、「Dive master」を日本の感覚で「ダイマス」と省略すると、
まったく通じませんのでご注意を。

また、うかつに手を出すと危ない魚としてはウツボがあげられますが、
ウツボは「Moray eel(マレイ・イーゥ)」と呼びます。
マレイは「レ」にアクセントがあるので発音に注意してください。

それ以外にも、ナイトダイビングで水中ライトに向かって突進してくる
ダツやサヨリの仲間も危険ですが、これは針のように尖っていることから、
「Needlefish(ニードゥフィッシュ)」=「針のような魚」と呼ばれます。

また、ゴンズイ玉と呼ばれる群れを作るゴンズイは、
見ていてなかなか楽しい魚たちですが、毒があるので触ると危険です。
ゴンズイは、縞模様があって、eel(ウナギ)のように細長いので、
「Striped catfish eel(ストライプド・キャットフィッシュ・イーゥ)」と言います。
ゴンズイはナマズの仲間なので、Catfish(=ナマズ)と呼びます。
ナマズの顔を良く見ると、ヒゲが映えているところが猫に似ているからでしょう。

最後に、「綺麗な花には棘がある」と言われるように、
海中生物も模様や色が派手で、綺麗な生き物が危険なことが多々あります。
陸上の蜂が黄色と黒の縞模様で他の生物に警戒心を喚起するのと同じ原理です。

綺麗なヒレをヒラヒラと広げて泳ぐミノカサゴは、
ヒレを広げた姿が雄ライオンのたてがみのように見えることから、
「Lionfish(ライオンフィッシュ)」と言います。

小さいながらも猛毒を持っているヒョウモンダコは、
青いリング模様から、「Blueringed octopus(ブルーリングド・オクトパス)」と呼ばれます。

ちなみに「綺麗な花には棘がある」という諺は、
「Every rose has its thorn.」という英語の諺が由来になっています。

本日ご紹介した英名も、犬はdog、猫はcat、鳥はbird、魚はfish、と同様に、
何も考えることなく、口に出せるようになるまで覚えちゃいましょう。

で、しつこく言いますが、英語は音とアクセントが大変重要な言語です。
どうせ覚えるなら、正しい音とアクセントで覚えましょう。

そのためには、いちいち面倒かもしれませんが、辞書を使って、
正しい音とアクセントの位置を必ず確認しながら覚えるようにしてください。

http://ejje.weblio.jp/

上記のサイトで英単語を入力すると、意味と一緒に発音記号も表示され、
実際の音声まで聞くことができます。

特に、ウツボ「Moray eel」は、どちらも発音が難しい単語なので、
それぞれ入力して、音声を聞いてみてください。

以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。
詳細は↓こちら^^




関連記事
[ 2014年11月17日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム