『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもできるダイビング

今年こそダイビングのライセンスを取得して、ダイビングをはじめませんか?


明けましておめでとうございます。
海河童です。

新年を迎えて、最初の記事は、ダイビングにまつまるお話ではじめさせていただきます。

みなさまは、今年の目標、何か立てられましたか?

「今年こそ、英語をマスターするぞ!」

「受験の年なので、志望校に合格するぞ!」

「バイトで貯金をして、○○を買うぞ!」

などなど、新年は、決意を新たにする時期でもありますよね?

中には、「今年こそダイビングのライセンスを取得して、ダイビングをはじめるぞ!」、そう思っていらっしゃる方も多いかと思います。

しかし、ダイビングをはじめてみようと思っている方は、いろいろと不安を抱えていらっしゃる方が多いようです。

たとえば、「ダイビングのライセンスって、難しいのかな?」、あるいは、「ダイビングのライセンスって、泳げなくても取れるのかな?」、さらには、「ダイビングのライセンスを取るのって、幾らくらいかかるのかな?」などなどです。

しかし、このブログでも何度か書いていますが、そもそも、ダイビングの世界には、たとえば、医師免許や運転免許証のような、公的な機関が発行する「ライセンス」というものはありません。

で、そういう話をすると、こんな答えが返ってきます。

「ライセンスが要らないってことは、誰でもしてもいいわけ?」

もちろん、答えは「NO」です。

ダイビングをするためには、ライセンスは不要ですが、「Cカード」というものが必要になります。

「Cカード」とは、「Certification Card」の略で、日本語に置き換えると「認定証」という言葉が一番近いと思います。

このCカードを持っていないと、ダイビングをさせてもらうことも、ダイビング用の器材をレンタルすることもできません。
さらには、ダイビングに最も必要なタンクを貸してもらうことすらできません。

では、どうやってCカードを取得するのかと言うと、民間のダイビング指導団体が実施する講習を受けて、それぞれの指導団体に認定をしてもらう形になります。

ダイビングの指導団体としては、有名なところで、PADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、SSI(エス・エス・アイ)、CMAS(クマス)等があります。

海河童はPADIのCカードを持っていますが、まあはっきりいって、どの指導団体でも講習内容に大差はありません。

また、よほどマイナーな指導団体でない限りは、どの指導団体のCカードでも世界中のダイビングサービスで通用します。

と、ここまで説明したうえで、ようやく、冒頭に掲げた、ダイビングをはじめようと思っている方の疑問にお答えすることができます。

Q:「ダイビングのライセンスって難しいのかな?」

A:「簡単です、指導団体の講習を受ければ、ほぼ全員が取得できます」

最初に取得すべきは『オープン・ウォーター』コース(指導団体によって呼び名の違いがあります)のCカードですが、このコースは学科講習で半日から1日、プール講習2回で1日、海洋実習4回で2日という構成になっていて、3日~4日で、全ての講習が終了します。

基本的には全講習が終了すると、よほどのことがない限り、受講者全員にCカードが発行されます。

Q:「ダイビングのライセンスって、泳げなくても取れるのかな?」

A:「泳げなくてもだいじょうぶ、と言っているところもありますが……」

「泳げなくてもだいじょう」と言っているところもありますが、「泳げなくても『安全』にダイビングをすることができます」とは、どんなダイビング関係者でも、口が裂けても言えないはずです。

海河童の場合は、泳げない人には、「まずは泳げるようになってから、はじめませんか?」と、お伝えするようにしています。

Q:「ダイビングのライセンスって、幾らくらいかかるのかな?」

A:「2万円円~10万円です」

ずいぶんと、値段に幅がありますが、6万円~8万円あたりが、適正価格だと思います。
受講料が格安な場合は、それなりの理由がありますので、ご注意ください。

ということで、「わたしもCカードを取って、今年こそ、ダイビングをはじめたい!」と思っていらっしゃる方は、ダイビングをはじめるに当たって、格好の解説書があります。

上記のような話を、もっと噛み砕いて説明をしている『さるでもできるダイビング:合冊版』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横

また、Cカード取得のための学科講習にも役に立つ、無料本、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

上記2冊以外の海河童本舗、書籍一覧ページは、
こちら↓をクリックしてください。
書籍一覧

今年も、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2017年01月01日 01:00 ] カテゴリ:さるでもできるダイビング | TB(-) | CM(2)

海洋生態系の王者「シャチ」がサメを捕食する衝撃映像!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

ダイビングを知らない方からは、「サメって怖くないですか?」と良く質問をされますが、実は、海洋生態系で「食物連鎖」の頂点に立つ生き物は、なんといっても「シャチ」となります。

ショーをしないサメに比べて、水族館ではイルカと並んでショーをすることから人気者のシャチですが、実は、とっても凶暴な生き物です。

しかも、ショーをするほど頭が良いことから、イルカ同様、群れを作って共同で狩りします。

したがって、魚類最強と怖れられる体長4~6メートルの「ホホジロザメ」であっても、体長6~10メートルもの大きさを誇るシャチには敵わないと言われています。(シャチは魚類ではなくイルカやクジラと同じ哺乳類となります)

本日は、そのことを証明する衝撃的な映像を見つけましたので、みなさまと共有したいと思います。

それは、アメリカのカリフォルニア州「モントレー・ベイ」で撮影された「シャチがサメを食べる映像」です。

衝撃映像はコチラ!

海のギャングのイメージが強いサメも、この映像のようにシャチが相手の場合は、ひとたまりもありません。

さすがの大物好きの海河童も、ダイビング中に、シャチにだけは逢いたいとは思わないほどです。

ということで、シャチの英語名も載っている『さるでもわかるダイビング英単語』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横

さらには、ずっと無料本となっている『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年12月19日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるダイビング | TB(-) | CM(2)

シンクロ団体戦が「ヘコアユ」に見えたダイバー、手を挙げて!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日は、ダイバーにしか分からないニッチな話題です。

リオのオリンピックもとうとう終了しましたが、
先週末のシンクロナイズドスイミングの団体戦、
日本チームは「マーメイドジャパン」っていうんですか?

見事、銅メダルを獲得! おめでとうございます。

で、観戦中に思ったのですが、

「これって、海の中で見たことがあるような気がする!」

特に、足技を披露しているときに、
半水面撮影(水中と水上の両方を同時に撮影)の映像が流れていましたが、
このときの様子が「へコアユ」そっくりだったと思いませんか!?

へこへこ

ダイバーでない方のために解説しますと、
ヘコアユという魚は、上記の写真のように、
頭を下に向けて、体を縦にした状態でヘコヘコと泳ぐ魚です。

ヘコヘコと泳ぐ鮎だからヘコ鮎というのではなく、
ヘコは『逆さ』、アユは『歩む』を意味していて、
逆さに歩くように泳ぐことからヘコアユと呼ばれています。

ちなみに、ダイバーが「ヘコアユ」と言う場合は、
この魚そのものを指す場合と、ある状態のダイバーを指す場合の2種類があります。

どういう状態のダイバーを指して「ヘコアユ」というかというと、
それは、まさに頭を下にしてヘコヘコしている状態のダイバーのことです。

「ダイバーって、そ~んな変な泳ぎ方をする人がいるの?」

ダイビングを知らない人からすると、不思議に思われるでしょうが、
そういうダイバーがいるからこそ、そういう使われ方をするのです。

わたしたちダイバーは、ダイビングの終了前に、
5メートルの水深で3分間の安全停止ということをしますが、
その安全停止の時に、ヘコアユになってしまうことがあるのです。

ダイビングをしない人は、驚かれるかも知れませんが、
実は、空気にもちゃ~んと重さがあります。

わたしたちダイバーが使うタンクは、
ダイビングを始めるときは200気圧前後の空気が入っていますが、
安全停止をするころは50気圧前後になっています。

つまり、150気圧分の空気が無くなっている訳で、
その150気圧分の空気の重さは約2キロにもなります。

したがって、ギリギリのウェイトで潜っていたり、
残圧が50気圧よりも少なくなるまで潜っていると、
タンクが軽くなり過ぎて、浮いてしまうことになるのです。

しかし、5メートル3分間の安全停止はダイビングの基本ルールです。
何とか、5メートルの水深を維持しようとするダイバーは、
頭を下にしてフィンキックをしながら、ヘコヘコすることになります。

この状態のダイバーを「ヘコアユ」というのです。

実際のヘコアユは群れでヘコヘコ泳いでいてゆかいな魚なのですが、
安全停止で「ヘコアユ」になってしまったダイバーは、
体が反った状態でフィンキックをしなければならないので、
腰は痛くなるし、他のダイバーからは笑われるしで、散々な目に遭うことになります。

ということで、

「わたしもダイバーになって、ヘコアユを見てみたい!」

あるいは、

「わたしも安全停止で、ヘコアユになってみたい!」

と思われた方は、
ダイビングをはじめるにあたって、絶好の解説書があります。
『さるでもできるダイビング:合冊版』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横

引き続き、海河童本舗の本を
よろしくお願いいたします。

[ 2016年08月22日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるダイビング | TB(-) | CM(0)

ダイビングのライセンス


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日は久しぶりにダイビングネタをお届けします。

ダイビングを知らない方と会話をしていると、
「う~む、ここから解説しないといけないのか?」
と思うことが、度々、あります。

それは、こんな質問を受けるからです。

Q1:「ダイビングのライセンスって、難しいの?」

Q2:「ダイビングのライセンスって、泳げなくても取れるの?」

Q3:「ダイビングのライセンスって、幾らくらいかかるの?」

このブログでも何度か書いていますが、

そもそも、ダイビングの世界には、
たとえば、医師免許や運転免許証のような、
公的な機関が発行する「ライセンス」というものはありません。

で、そういう話をすると、こんな答えが返ってきます。

「ライセンスが要らないってことは、誰でもしてもいいわけ?」

もちろん、答えは「NO」です。

ダイビングをするためには、ライセンスは不要ですが、
「Cカード」というものが必要になります。

「Cカード」とは、「Certification Card」の略で、
日本語に置き換えると「認定証」という言葉が一番近いと思います。

このCカードを持っていないと、
ダイビングをさせてもらうことも、
ダイビング用の器材をレンタルすることもできません。
さらには、ダイビングに最も必要なタンクを貸してもらうことすらできません。

では、どうやってCカードを取得するのかと言うと、
民間のダイビング指導団体が実施する講習を受けて、
それぞれの指導団体に認定をしてもらう形になります。

ダイビングの指導団体としては、
有名なところで、PADI(パディ)、NAUI(ナウイ)、
SSI(エス・エス・アイ)、CMAS(クマス)等があります。

海河童はPADIのCカードを持っていますが、
まあはっきりいって、どの指導団体でも講習内容に大差はありません。

また、よほどマイナーな指導団体でない限りは、
どの指導団体のCカードでも世界中のダイビングサービスで通用します。

と、ここまで説明したうえで、
ようやく、冒頭の質問の答えに進みます。

Q1:「ダイビングのライセンスって難しいの?」

A1:「簡単です、指導団体の講習を受ければ、ほぼ全員が取得できます」

最初に取得すべきは『オープン・ウォーター』コースのCカードですが、
(指導団体によって呼び名の違いがあります)
このコースは学科講習で半日から1日、
プール講習2回で1日、海洋実習4回で2日という構成になっていて、
3日~4日で、全ての講習が終了します。

基本的には全講習が終了すると、
よほどのことがない限り、受講者全員にCカードが発行されます。

Q2:「ダイビングのライセンスって、泳げなくても取れるの?」

A2:「泳げなくてもだいじょうぶ、と言っているところもありますが……」

「泳げなくてもだいじょう」と言っているところもありますが、
「泳げなくても『安全』にダイビングをすることができます」とは、
どんなダイビング関係者でも、口が裂けても言えないはずです。

海河童の場合は、泳げない人には、
「まずは泳げるようになってから、始めませんか?」
と、お伝えするようにしています。

Q3:「ダイビングのライセンスって、幾らくらいかかるの?」

A3:「2万円円~10万円です」

ずいぶんと、値段に幅がありますが、
6万円~8万円あたりが、適正価格だと思います。
格安な場合は、それなりの理由があるので、注意が必要です。

ということで、

「わたしもCカードを取って、ダイビングを始めたい!」

と思った方は、

ダイビングを始めるに当たって、
格好の解説書があります。

上記のような話を、もっと噛み砕いて説明している
『さるでもできるダイビング:合冊版』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^


本の横

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を
よろしくお願いいたします。

[ 2016年07月24日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるダイビング | TB(-) | CM(2)

夢のダイビング器材! 続報です


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

2月11日の記事「夢のダイビング器材!」で、
ご紹介をした水中呼吸器「TRITON」という器材ですが、

な、な、なんと、どうやら実現化するとのことです。

詳しくは、こちらの記事をご覧いただきたいのですが、

2時間ほどのフル充電で45分間稼働し、
人工肺にも使われるホローファイバーが、
水中の溶存酸素を取り出すという仕組みだそうです。

まさに「人工エラ」です。

しかし、潜行可能なのは、15フィートまでとのこと。

15フィートって、えっと、えっと、

むむむ、残念、約4.5メートルです。

これでは、ダイビングには使えませんね。

ただし、予定通りであれば、2016年12月に、
遅くとも2017年の1月までには出荷されるとのこと。

しかも、お値段は、299ドルだそうです。

ダイビングには使えないけど、
シュノーケリングには使えそうなグッズです。

ちょっと楽しみな器材になりそうです。

とはいえ、

「やっぱり本当のダイビングがしてみたい」

とお思いの方には、
ダイビングをはじめるのに、絶好の解説本があります。

『さるでもできるダイビング』シリーズ各本は、

こちら↓から、お買い求めください。


本の横


本の横


本の横

また、上記3冊を1冊にまとめて、
100円×3冊=300円のところ、
270円となっているお得な合冊本、
『さるでもできるダイビング合冊版』は、
こちら↓から、お買い求めください。


本の横

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年03月19日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるダイビング | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数829本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム