『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  海河童オススメのグッズ

【ダイビングに最適】ソニーの防水ハウジング、ここが凄い!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日は久しぶりにダイビング関連のお話です。

先週の10月14日に発表された、
ソニーの高級コンデジカメラの新商品「RX100 V」ですが、



同じタイミングで、この新商品に対応する、
耐圧水深40メートルの防水ハウジングが発表されました。



本日は、この防水ハウジング、
「MPK-URX100A」をご紹介させていただきます。

この防水ハウジングは、
ダイビングにも使える耐圧水深40メートルで、
メーカー純正のハウジングでありながら、
希望小売価格が3万円となっております。

オリンパスのミラーレス一眼の純正ハウジングが、
おおよそ、8万円前後という価格ですから、
半額以下の3万円とは「よくやった! ソニー」と、拍手喝采モノです。

しかしながら、価格以上に評価すべきは、
なんと、この防水ハウジングは、
同時に発売された最新機種「RX100 V」だけではなく、
初代の「RX100」を含めたRX100シリーズ全5モデルに対応している点です。

通常のカメラメーカーは、後継機を作るときは、
中身だけではなく、ボタンの位置なども変更しがちです。

しかしながら、すべてのRX100シリーズが、
同じハウジングで対応できるということは、
ソニーはこのシリーズの新しいモデルを作るときに、
ボタンの位置だけではなく、外寸の変更もしないで、
性能と機能だけをバージョンアップしているということです。

だからこそ、ひとつの防水ハウジングが全モデルに対応して、
さらに、量産効果でコストも圧縮できるということになります。

オリンパスユーザーである海河童は、
ことあるごとに、オリンパスさんに対して、
このことの重要性を訴えているのですが……、

わたしが使っているオリンパスのE-M5の後継機「MarkⅡ」は、
電源ボタンやダイヤルの位置が変更されてしまっていますので、
残念ながら、防水ハウジングが共有できません。

性能や機能を進化させつつも、
「一貫したユーザビリティーの追求」という思想の元、
デザインの変更を最小限に留めるソニーの商品開発は、
ダイバーにとって、歓迎すべきフレンドリーな考えだと思います。

「オリンパスさん、見習ってくださいねー!」

ということで、

「わたしもダイビングを始めて、水中写真を撮ってみたい」

と思われた方は、
ダイビングを始めるにあたって、
絶好の解説書『さるでもできるダイビング:合冊版』
お買い求めは、こちら↓から、どうぞ^^
本の横

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年10月21日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

漫画を読むなら「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」がオススメ!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

Amazonがとってもユニークなキンドル端末を出しました。
その名もズバリ「Kindle Paperwhite 32GB マンガモデル」です。


※ブラックモデルもあります。

通常のキンドル端末「Kindle Paperwhite」と何が違うかと言うと、
一番の特徴は、ストレージの容量が8倍、32GBとなっている点です。

32GBあれば、約700冊の漫画が保存可能とのこと。
つまり、こち亀全200巻 を入れても、まだまだ、余裕です。

また、漫画の場合は、紙の本よりも読むスピードが速いことから、
ページめくりのスピードも33%アップさせたのこと。

さらに、画面を長押しすると、ページが高速で切り替わり、
お気に入りのシーンまで飛ばし読みが可能になっているという、
まさに、漫画を読むために開発されたキンドル端末といえます。

もちろん、通常のキンドル端末同様、
漫画だけでななく、書籍を読むことも可能です。

ただし、マンガという大容量コンテンツをダウンロードするため、
3G付きはなくて、Wi-Fiモデルのみということになっています。

現在は予約受付中で、10月21日に発売予定のこの端末、
お値段は16,280円(プライム会員なら12,280円)となっています。
※キャンペーン情報付き端末のお値段です。

「マンガ用のキンドル端末が欲しかった」

という方は、迷わず、
こちら↓から、予約をどうぞ。


[ 2016年10月18日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

回転寿司?


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

年末年始は、海外でダイビングという方も多いかと思いますが、
空港のトランクレーンで、スーツケースを間違えて、
ピックアップしそうになったことはありませんか?

あるいは、誰か他の人に間違われてしまったら、もっと最悪です。

今日は、そんな心配が払拭できる上に、
思わず笑ってしまうスーツケースカバーをご紹介します。

回転寿司

まさに、回転寿司のように、
こんなスーツケースがトランクレーンに流れてきたら、
思わず「ニッコリ」してしまいそうです。

こちらのスーツケースカバーは、
こちらの通販サイトで、お買い求めできるようです。

わたしが買うとしたら、イクラの軍艦巻きかなー(笑)

[ 2015年12月17日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

18円切手?


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

12月に入り、年賀状の準備をなさっている方も多いかと思いますが、
今日は、この時期だけバカ売れしているという、とってもキュートな切手のご紹介です。

先ずは、こちらの写真をご覧ください。

18円切手01

ラーメンとすき焼きをモチーフとした18円切手です。
余白の部分には、胡椒や卵がプリントされていて、遊び心満載です。

しかしながら18円切手って、何に使うの? とお思いでしょうが、

「海外グリーティング(差額用)」とあるように、
海外に年賀状を出すときに使う切手だそうです。

国内向けのお年玉付き年賀状は52円ですので、
海外に出すときはこの切手を貼って、70円にする必要があるのだそうです。

他にも、こんなバリエーションがあります。

18円切手02

こちらも、余白の部分には、
海老天と海老のお寿司がプリントされています。

お堅いイメージのある日本郵政にしては、
なかなか、遊び心のある切手だと思いませんか?

海外に年賀状を出す予定のない海河童でも、
思わず「欲しい~」と思った切手のご紹介でした。

[ 2015年12月07日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

そろそろ来年の手帳を……


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

早いもので、今年も師走となってきました。
12月の声を聞くと、気になるのが「来年の手帳」です。
みなさまは、どんな手帳をお使いですか?

去年の日記にも書きましたが、
原作の漫画からドラマ化&映画化された『海猿』は、
海上保安庁への入隊希望者がいきなり増えたり、
ちょっとした社会現象にもなりました。

さらには、ダイビングの世界では、
若い男性のCカードの受講者が増えたり、
仙崎大輔が使っていたTUSAの器材が人気になったり、
オレンジ色のフィンが流行ったりといったこともありしました。

あっ、決して、海河童はそのことを否定的に捉えているわけではありません。
それどころか、ダイバー人口が増えれば増えるほど、ダイビング器材が売れますので、
それにつれて、ダイビング器材の価格が下がってくるのでは……、
と、貧乏症の海河童は、むしろ大歓迎です。

で、本日はそんな『海猿』御用達の手帳のご紹介です。

それは、こちら↓の成山堂書店が出している『海上保安ダイアリー』です。



この手帳、実は、海上保安庁関係者のほか、
ダイビングや釣りを趣味とする人、プレジャーボートを持っている人など、
とにかく海関連の人たちには、秘かな人気を得ているとのことです。

人気の秘密は、この手帳のウィークリーのページには、
東京芝浦の、日出、日没、満潮、干潮時刻が記されている点です。

しかも、自分のいる場所の上記の時刻を出すための、
算出表や計算方法が記載されており、
どこにいても簡単に各時刻が出せるんだそうです。

この情報だけでも、海関連の人たちには、大変助かるかと思います。

さらには、海上保安庁の概要をはじめとして、
港湾の種類や入港船舶隻数、灯台に関する資料、
海里とノット、距離表、潮流、世界の海溝、海図用語の解説や見方など、
海の雑学がこれでもか詰め込まれているようです。

ちょっと、『通』っぽくて、そそられる手帳だと思いませんか?

[ 2015年12月01日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

さすがはニコンです!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日は、ニコンのコンパクトデジタルカメラ「COOLPIX AW130」のご紹介をさせていただきます。

以前、同じくニコンのミラーレス一眼カメラ「Nikon 1 AW1」を、
防水15メートルという中途半端な性能から「惜しい!」と書きましたが、
こちらのカメラは「さすがニコン、やればできるじゃん!」と絶賛させていただきます。

最近は、メーカー純正のハウジングを安価で出しているため、
ダイバーが持っているカメラはオリンパス製のデジカメが多いのですが、
フィルムカメラの時代は、ダイバーのカメラと言えばニコンの独壇場でした。

たとえば、50メートル防水を誇った名機「ニコノスV」や、
ボディ単体で39万円というお値段のため、ダイバーにとっては垂涎の的であった、
世界で唯一の防水100メートルだった一眼レフカメラ「ニコノスRS」など、
どちらもハウジング無しで使えるダイバー専用の水中カメラを出していたからです。
※海河童自身も、ニコノスVを2年前まで使っていました。

そんなニコンから、コンデジではありますが、
ついに、ダイビングでも使える防水30メートルのデジタルカメラとして登場したのが、
こちらの「COOLPIX AW130」です。

※2015年3月発売、色はブルー以外にオレンジとカムフラージュグリーンがあります。

かねてから、このデジタルカメラ、気になってはいたのですが、
他のダイバーが持っているのを見て、使い勝手等の話を聞いて、
ダイビング用カメラのサブ機として、ついに買ってしまいました。

ダイビング中はBCジャケットのポケットに入るコンパクトさなので、
メインのカメラのバッテリーがあがってしまったときに取り出して簡単に使えます。

あるいは、マクロレンズを付けているときに、思わぬ大物が出ても、
ワイド側が12ミリもあるので、即、対応可能です。

それ以外にも、ダイビングボートの上で写真を撮るときって、
ストロボが付いたハウジングに入っているカメラを構えるのは重くありません?

はたまた、ボートで移動中にイルカやマンタやジンベイが現れて、
シュノーケルで海に入るとき、ハウジングのカメラって大き過ぎません?

そういうときに、このカメラであればパチパチと簡単に撮れてしまいます。

ということで、声を大にして言います。

「さすがニコン、やればできるじゃん!」

で、さらに期待を込めて、もっと大声で言います。

「次は、防水のデジタル一眼を頼むよ、ニコン!」

このカメラが欲しいと思ったら、Amazonでも売っています。



[ 2015年09月24日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

お鍋の季節ですね


ご訪問ありがとうございました、海河童です。

最近、寒い日が続いておりますが、
こういうときは、鍋料理が食べたくなるものです。

ということで、本日は、鍋料理に最適な商品のご紹介です。
それは、こちらの商品、イワタニの超うす型カセットコンロです。



このコンロ、先日、Amazonのサイトで見かけて、
鍋好きの海河童は、衝動買いをしてしまったのですが、
実際に使ってみた結果、大満足をしている商品となります。

最大の特徴は、この薄さです。
テーブル面から五徳(鍋をのせるところ)まで、わずか74ミリとなっています。

普通のカセットコンロに比べて数センチ低いだけなのですが、
その数センチの差が、数値以上に大きなメリットとなります。

1:鍋の中味が背伸びをしなくても見えます。
2:当然ながら、鍋の中の具を取り易くなります。
3:しかも、鍋の重心が低くなるので安定します。

ほんのちょっとのことなのですが、
以上の3点により、ストレスフリーなカセットコンロとなっています。

それ以外にも、火力調整のダイヤルが、
強火からとろ火まで、微妙な調整が可能となっていて、
表面に関しても、吹きこぼれなどが綺麗に拭き取れる加工がされています。

海河童が実際に使ってみて、オススメの1品です。
しかもお値段は、Amazonで購入すると、通常配送料無料で¥2427円とお手軽価格です。



[ 2015年02月02日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

おもしろ商品のご紹介:モバイルバッテリー


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日は、最近発売になった商品で、
海河童が気になっているグッズをご紹介します。
まずは、以前もご紹介したcheeroのダンボーバッテリーの新型です。

ダンボーバッテリーの可愛らしさはそのままで、2種類の超小型の新商品が登場しました!

ひとつは、容量4200mAhのこちらです。



高さ107mm、幅67mm、厚さは9.3ミリ、重量は105gとなっていて、
胸ポケットにも余裕で入るサイズと薄さで、幅はiPhone6と同じです。

もうひとつは、容量3000mAhのこちらです。



こちらは、高さ74mm、幅48mm、厚さ13.5mm、重量70gとなっていて、
手の平にスッポリと隠れてしまうほどの超小型サイズです。

最近は、何回もフル充電できるような1000mAhを超える
大容量モバイルバッテリーが主流になっているようですが、

こちらの商品は、iPhoneであれば、
4200mAhタイプで約2回、3000mAhタイプなら1.5回は充電できちゃいます。

ふだん、持ち歩くのであれば、このくらい可愛い方がいいと思いませんか?

で、さらにご紹介するのが、いつも面白グッズを出してくるサンコーの新商品です。

こちらは、なんとペン型のモバイルバッテリーになっています。
ボールペンだけではなく、スタイラスペンとしても使えて、
非常時にはスマホの充電までできてしまう優れモノです。



こちらはiPhone用ですが、もちろんAndroid用もあります。



胸ポケットに差し込んでおけばいいので、携帯性は抜群です!
ただし、容量は800mAhとなっていますので、
フル充電は無理で、ちょい足し充電用ということでしょうか?

[ 2015年01月15日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

超お買い得です!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

海河童がアマゾンからkindle本を出しているからといって、
アマゾンさんのご機嫌を取っておこうという訳ではないのですが、
今日はアマゾンのウインターセールから、超お買い得情報 のお知らせです。

それは、オリンパスのミラーレス一眼
「PEN Lite E-PL6(ホワイト)」のレンズキットです。
セットになっているレンズは14-52mmの標準ズームで、お値段は、

な、な、な、なんと、驚きの 29,800円!

ミラーレス一眼で、標準ズームレンズが付いて、3万円を切るなんて!

しかも、ダイビングユーザーに優しいオリンパス製です。
当然、このカメラのハウジングも純正で販売されています。

海河童自身は、あまりにもキュートな外観にひと目惚れして、
同じくオリンパスのE-M5を、去年の6月に買ってしまいましたが、

もし、そうでなかったら、絶対に、即買い のセール品です。

アマゾンのウインターセールは1月15日の22時までだそうですが、
各商品は在庫がなくなり次第、セール販売終了だそうです。

ミラーレス一眼に興味のある方は、急いで下さい!
お買い求めはこちらから。



標準ズームレンズ付きのミラーレス一眼が3万円を切るなんて、マジ、お買い得ですよ!?




どのメーカーの高級コンデジにしようかなんて、
悩んでいる場合じゃありませんぜ、おーさん! ←これは、ちょっと個人的な連絡事項です^^

[ 2015年01月07日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

超便利なレジャーシート「タフケット」


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日は、つい最近、海河童が購入した便利グッズをご紹介したいと思います。

それは、超軽量・超薄型・超コンパクトなレジャーシート「タフケット」です。
この商品の凄いところは、広げると110センチ×140センチというサイズながら、
折り畳むと7センチ×10センチとスマホサイズにコンパクトになるという点です。

で、実際に家に届いた商品を広げて、畳んでみたのですが、
どうやって折ったらいいのか、折り畳み線があるので、
その通りに折り畳むだけで、あっという間にスマホサイズに畳めてしまいました。

これは、ホントに便利です^^

邪魔にならないサイズなのでザックの中に入れておけば、
山歩きだけではなく、色んなシチュエーションで使えそうな便利グッズです。

タフケット



↑海河童が購入したのは、こちらはですが、


↑2人用の、さらなるミニサイズもあります。

ということで、超便利なレジャーシート「タフケット」のご紹介でした^^

で、「タフケット」を入手したら、
さっそく、山歩きに使ってみませんか?

ということで、尾瀬行を検討なさっている方にとって、
絶好の解説書『さるでも歩けるはるかな尾瀬』は、
こちら↓から、お買い求めいただけます。
本の横

また、世界遺産の古道で癒されたいという方は、
『さるでも歩ける熊野古道』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

[ 2015年01月06日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

とんでも一体型商品!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

海河童がときどき笑いながらご紹介している商品に、
「とんでも一体型商品」というジャンルがあります。

わたしが「とんでも一体型商品」と呼んでいるのは、
「どーして、その機能とこの機能をひとつの商品に一体化しようと思ったの?」
と笑いながらも、ちょっと気になってしまう商品のことです。

たとえば、ひげそりにモバイルバッテリーを一体化して、
「出張に便利です」と謳っているこの商品や、



あるいは、モバイルバッテリーに蚊よけ機能を一体化して、
「アウトドアで便利です」と謳っているこの商品のことです。



どちらもサンコーというメーカーからの商品で、
この「とんでも一体型商品」という分野では、サンコーが圧倒的な地位を確立していました。

しかし、そのサンコーの独壇場に、
アウトドアメーカーの老舗「mont-bell(モンベル)」という、予想もしなかったライバルが、
堂々と、新商品をひっさげて参入してきたのです!

その名も「BioLite ケトルチャージ」という新商品です。

この商品は、ケトルというくらいですから、当然、お湯を沸かすためのヤカンです。

さらに、モンベルが売り出した訳ですから、
アウトドア用のコンロや焚火で、お湯を沸かすことを前提にしています。

しかしながら、この商品の画期的なところは、
単に、お湯が沸かすだけではなく、何とお湯を沸かしながら、
その熱を利用して発電までしてしまうのです。

つまり、「ポータブル火力発電装置」 なのです!

発電した電気は内蔵の充電池に貯めることができ、
USBケーブルを介して、スマホやタブレットに充電できます。

つまり、アウトドアで、カップラーメンを作ったついでに、
あるいは、コーヒーを淹れたついでに、スマホに充電ができてしまうのです。

モンベルのオンラインショップで詳しい仕様を見ると、

750ミリリットルのお湯を沸かすと、10ワットの電力が得られ、
USBケーブルで15分間充電すると、スマホで5時間の通話することが可能だそうです。

サイズは、直径190ミリの円形で、厚さは74ミリです。
ふむふむ、サイズ的にはコンパクトですね。

しかしながら、重さは907グラム、お値段も17000円です。

同じ程度の容量のモンベル製のアウトドアクッカーなら、
重さは203グラム、お値段は1810円です。

「山歩きに持って行くと、便利かも?」

と、一瞬、思ったのですが、
この重さとお値段は、お金持ちのカーキャンパー用の商品のようです。

ということで、ちょっと面白い「とんでも一体型商品」のご紹介でした。

[ 2014年12月17日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

Kindle端末、どれを買ったらいいの?


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

海河童はたびたび、アマゾンの電子書籍専用端末「kindle」をオススメしていますが、
わたし自身は、2013年モデルのKindle Paperwhite(wifiモデル)を使っています。

その当時は、アマゾンの読書専用モノクロ端末は、
Kindle Paperwhiteのwifiモデルか、wifi+3Gモデルの2種類しかありませんでしたので、
自宅に無線LANを引いている海河童は、悩むことなく今の端末を購入しました。

しかし、今は、読書専用のモノクロ端末だけでも
Kindle Paperwhite以外に、廉価版のKindleと、高級機種のKindle Voyage、
あわせて3種類もの端末がラインアップされています。

  

さらには、3G回線への対応の有無、
キャンペーン情報が表示されるかどうかを含めると、

①Kindle         ¥6980 (wifi、キャンペーン情報有)
②Kindle         ¥8980 (wifi、キャンペーン情報無)
③Kindle Paperwhite ¥10280(wifi、キャンペーン情報有)
④Kindle Paperwhite ¥12280(wifi、キャンペーン情報無)
⑤Kindle Paperwhite ¥15480(wifi+3G)
⑥Kindle Voyage   ¥21480(wifi、キャンペーン情報有)
⑦Kindle Voyage   ¥23480(wifi、キャンペーン情報無)
⑧Kindle Voyage   ¥26680(wifi+3G)

と8つも選択肢があります。

「わーん、いったいどれを選んだらいいのー><」

そんな悲鳴が聞こえてきそうなので、
海河童なりに、最適な端末選びについてご説明したいと思います。

まずは、端末の違いですが、
ディスプレイサイズは、3機種ともすべて6インチで、
本体の大きさと重さは、Kindleが「169×119×10.1mm、191g」で、
Kindle Paperwhiteは「169×117×9.1mm、215g」で、
Kindle Voyageが「162×117×7.6mm、180g」となっています。

つまり、本体サイズは値段に比例して小さくなり、
重さは、Kindle Voyage < Kindle < Kindle Paperwhite の順になります。

Kindle Voyagenの薄さはちょっと魅力的ですが、
縦横サイズは、ほぼ同じですし、重さの違いも誤差に近い程度です。
本体サイズ、重さに関しては、それほど差がないということです。

しかしながら、画面の解像度となると、
Kindleが167ppi、Kindle Paperwhiteが212ppi、Kindle Voyageが300ppiと、
明らかに値段の差が現われております。

実際の購入者のレビューを見ていると、
活字を読むだけであれば、kindleの167ppiでも充分との意見が大半です。
Kindle Voyageの300ppiは、漫画を読む人向けということでしょうか?

「じゃあ、一番安い、Kindleでいいじゃん♪」

と簡単に答えが出そうですが、Kindleには唯一の弱点があります。
それは、バックライトが付いていないことです。
バックライトが付いていないと、暗いところでは読むことができません。

しかし、よくよく考えてみると、
海河童は自分のKindle Paperwhiteを読むときは、
バッテリーの消費を最小限にするために、
ほとんどの場合、バックライトをオフにして読んでいます。

たま~に、薄暗いところで読むときに、
バックライトを使うくらいで、その頻度はそれほど高くはありません。

たま~にしか使わないバックライトの有無だけで、
(それ以外に、画面の解像度も違うのですが)
3300円もの価格差は、おおいに悩むべきところです。

次に、キャンペーン情報の有無についてですが、
どんな情報がどんなタイミングで表示されるのかと言うと、
これもカスタマーレビューを読み込んでみると、
スリープ画面に以下のような広告が表示されるようです。

・Kindle本のセール情報(月替わりセール)に関する広告
・角川本の半額セール
・Kindleの純正カバーの広告
・Kindleの端末2年保証サービスの広告
・Kindleストアの案内広告

スリーブ画面ですから、読書中に表示される訳でもなく、
アマゾンですから、エッチな広告が表示されることももちろんありませんので、
2000円の価格差を考えたら、当然、キャンペーン情報有を選ぶべきでしょう。

ということで、海河童の結論としては、

漫画ではなく活字を中心に電子書籍を読むのであれば、
たま~にしか使わないバックライトは無くてもいいと割り切って、
①Kindle(wifi、キャンペーン情報有)を6980円でお買い求めになるのが正解です。

残念ながら、ご自宅に無線LANを引いていない場合は、
Kindleには、3Gモデルがありませんので、
「どうして、Kindleには、3Gモデルが無いんだよー」とか、
「なんで、Kindle Paperwhite (wifi+3G)には、キャンペーン情報有モデルがないんだよー!」と、
怒りの声をあげながら、泣く泣く、
⑤Kindle Paperwhite (wifi+3G)を15480円をお買い求めください。

※3G回線付きモデルは、初期費用が3200円高いだけで、
通信会社への月々の回線使用料はかかりませんので、ご安心ください。


  

海河童がこんなにしつこく、Kindle端末をオススメする理由は、こちら をお読みください。

[ 2014年11月14日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

夢のコラボ


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

モバイルバッテリーに蚊よけ機能を追加するという
こ~んな突拍子もない商品を開発したり、



100m防水のiPhone用アルミケースを開発したりと、



役に立つのか立たないのか、微妙な商品を開発し続ける「サンコー」が、
またまた、とんでもない商品を開発してくれちゃいました(笑)

その名も「ひげそり内蔵モバイルバッテリー」です。



この商品、なんと電動ひげそりでありながら、
その内蔵バッテリーでスマホの充電ができるというスグレモノです!

USBケーブルでパソコンからも充電できて、
内蔵バッテリーの容量は5,200mAh!

これ1台あれば、出張のときは、
ひげが剃れるうえに、スマホの電池がなくなっても安心♪

さすがは「サンコー」です、海河童も垂涎の逸品を作ってくれました(笑)

[ 2014年09月02日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

Kindle Paperwhiteをオススメする理由


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日は、わたしがスマホやタブレットをお持ちでない方に、
キンドル端末をオススメする理由について書かせていただきます。

海河童は、そもそもは自分の書いた本のチェック用にと、
昨年の2月にキンドル端末(Kindle Paperwhite wifiモデル)を購入しました。

それ以来、既に1年半近く使っておりますが、
その間、紙の本を読んだのは、ほんの数冊だけです。
ほとんどの読書は、このキンドル端末でするようになりました。

その理由は、以下の3点に尽きるかと思います。

まず、読書専用端末であるだけに、圧倒的に目に優しい画面なのです。
キンドルを買うまではiPhoneでも読んでいましたが、
直射日光があたるような屋外では、画面が反射して読みにくいのですが、
キンドルの画面はまさに紙の本と同等、いや、それ以上の読み易さです。
逆に、紙の本では読書灯が必要となるような薄暗い場所では、
画面の明るさを10段階で調整できますので、紙の本以上の読み易さです。

次に、バッテリーの持ちがスマホやタブレットとは段違いです。
わたしは毎日の通勤で、1日1時間はキンドルで本を読んでいますが、
軽~く、2週間以上、余裕でバッテリーが持ちます。
長期の旅行でも、充電器を持って行く必要はありません。

最後の理由は、ちょっと恥ずかしい理由ですが、
老眼が始まってしまった海河童は、残念ながら、
裸眼では、文庫本の文字が読めなくなってきてしまいました><
その点、キンドルならば(これはスマホやタブレットのアプリも同様ですが)
文字の大きさを調整できるので、老眼鏡が無くても読めます。

ということで、読書好きの方であれば、
スマホやタブレットを持っていたとしても、
海河童は、自信をもってキンドル端末をオススメします。

ちなみに、3Gモデルを買ったとしても、アマゾンのビジネスモデルは、
コンテンツ販売による収入をメインとするビジネスモデルとなっていますので、
月々の通信料はかかりません、ご安心ください。

みなさまも、キンドル端末で、素晴らしい読書体験、いかがですか?
(なんだか、アマゾンの回し者みたいですね><)

お買い求めは、↓ こちらからどうぞ^^

 


[ 2014年07月12日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

キンドルなんて、持ってないから……


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

「だって、おれ、キンドルなんて持ってないから……」

海河童がkindleから本を出したと、友人・知人にお知らせをすると、

か な ら ず、言われるセリフがこれです><

なんどでも言いますが、kindle本はキンドルを持っていなくても読めます!
スマホやタブレットがあれば、無料のアプリを落とすだけで読めます!

ちなみに、スマホやタブレットを使っての、kindle本の読み方の解説も書きましたので、
詳しくは こちらをクリック してください。

「でも、おれの電話、ガラケーやし……」

すると、しょんぼりと、こういう返事をする方も多いのですが、

そういう方には、「パソコンでなんとか読む方法もあるようですが」と前置きをしつつも
海河童は、kindle端末の購入をオススメします。

すると、「なんで、お前の本を読むためだけにキンドルを買わなあかんねん」

と、至極まっとうな反論をされるのですが、
海河童、その反論には、いつも、こう答えています。

「読書好きの方であれば、キンドルを買っても、決して損はしません」

で、本日は、その根拠をここに提示したいと思います。

まず、みなさまは青空文庫というものをご存知でしょうか?

青空文庫とは、著者の没後50年を経て著作権が消滅した本を
ボランティアの方々が電子化した無料公開用の書籍のことです。

で、kindleには、その青空文庫の多くが、無料本としてラインアップされているのです。

没後50年経った作家って、どんな方がいるかというと、
たとえば、太宰治、夏目漱石、芥川竜之介、島崎藤村、小林多喜二、吉川英治、宮沢賢治……
どうです? 錚々たる文豪が勢揃いでしょう?

じゃあ、どんな本が無料で読めるのかというと、

太宰治でいえば、「人間失格」「斜陽」「走れメロス」「グッド・バイ」
夏目漱石であれば、「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「三四郎」「こころ」
芥川竜之介は、「羅生門」「蜘蛛の糸」「地獄変」「或阿呆の一生」
島崎藤村は、「破戒」「夜明け前」「雪の障子」「伊豆の旅」
小林多喜二は、「蟹工船」「党生活者」「工場細胞」「父帰る」
宮沢賢治は、「雨ニモマケズ」「セロ弾きのゴーシュ」「風の又三郎」
吉川英治は、「三国志」「宮本武蔵」「私本太平記」

三国志は全5巻、宮本武蔵は全8巻、私本太平記にいたっては全13巻ですから、
上記にご紹介した本だけでも、全部で50冊となります。

仮に1冊が500円だったとしましょう。

50冊×500円=25000円です!

キンドルの専用端末は、3Gモデルでも15480円、
wifiモデルであれば10280円です。



ほ~ら、もうこれだけで、元が取れたどころか、1万円以上も、儲けが出ています。

ちなみに、今、海河童がkindle端末で読んでいるのは、
吉川英治の「宮本武蔵」ですが、これが面白いのなんのって!?



「宮本武蔵」を全巻読み終えたら、次は、「三国志」を読むつもりです。



これだけで、2~3ヶ月は、タダで読書し放題です^^

ということで、携帯がガラケーだからという方は、
それを理由に諦めたりせずに、是非、kindle専用端末をご検討下さい。

もちろん、スマホをお持ちの方にもおススメです。
その理由は、明日の日記でご紹介します。


[ 2014年07月11日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

ログブック用のはんこ


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

まずはこれを見て下さい。

消しゴムはんこ01

これは、消しゴムで作ったはんこです。

はんこを押すと、こんな感じになります。

消しゴムはんこ

いいでしょ~♪ ブログ告知用のオリジナルはんこです。

でも、これは、自分で作ったわけではありません。
海河童、そんなに器用ではありませんから><

このはんこは、このブログにもリンクを貼っている「ログハン日記」のloghanさんに作ってもらいました。

loghanさんは、ログ付けが楽しくなるオリジナル図案の「消しゴムはんこ」を作っていて、
350円~、というリーズナブルナお値段で販売なさっています。

で、海河童、オリジナルのはんこが作れないかとloghanさんに相談してみたところ、
「できます!」とのことでしたので、お願いすることにいたしました。

『海河童』という名前と、このブログの名前&URLを入れて、
わたしの大好きなギンガメアジかバラクーダの絵を入れてください。

という海河童のわがままなオーダーに、
たった2~3日ですぐさまデザイン案が4案もメールで送られてきました。

それがこちらです。
図案
で、この中から、A案を選んだ上に、
『海河童」の字を、本の表紙の書体に近付けて下さいと、

「最初っからそう言えよ!」

と突っ込みたくなるような、再オーダーにも、
翌日には、「こんな感じでどうでしょう?」と再デザイン案が届きました。

それがこちらです。

図案(再)
「うひゃ~、いい感じ♪」

と、①でお願いをして、loghanさん指定の銀行口座にお金を振り込み、
待つこと約1週間でで、レターパックにてこれが届いたというわけです。

こんなオリジナルはんこが5,500円で作ってもらえるなんて!
loghanさん、ありがとうございました^^

といいうことで、これから、海河童とダイビングで会ってしまったダイバーさんのログブックには、
強制的にこのはんこをポンポンと押しちゃいますので、覚悟をしておいてくださいね(笑)

って、この日記を書いているパソコン画面を覗いていたこざるが、
海河童のログブックを持ってきて、わたしの目の前で広げています。

「むぎゃ~!!!」

最近、ログ付けをさぼっている海河童への『無言の抗議』です!

は、はい、スミマセン、こざるさん。
これからは、ちゃ~んとログブックを付けるようにします><

ちなみに、似顔絵はんこなんてものも、
1,500円~2,000円で作っていただけるようですよ。

みなさんも楽しいログ付けのために、
オリジナルな消しゴムはんこ、いかがですか?

[ 2014年04月23日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(6)

レーダーシグナルフロート「KRF-10」


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

レーザーフロート

先日の記事で海河童が「買います!」と宣言した、
NAUIも推奨するレーダシグナルフロートですが、

海河童、さっそく購入しました!

で、先日、自宅に届いたのですが、
実物を手に取ってみると、非常にコンパクトです。

レーダーフロート

9センチ×9センチで厚さも2センチ、
真空パックされていて、重さもたったの85グラム。
BCジャケットのポケットに問題なく入れておけるサイズです。

海河童のブログにもリンクを貼っているDivinfoの管理人さんが
製造元の興亜化工さんに問い合わせをした記事を書いていますが、
同梱されていた保証書では保証期間は1年となっていましたが、未使用であれば5年はもつようです。

ということで、5年間の賞味期限(?)が分かるように、ちゃんと印字もされています。

まさに「ポケットに安心を携帯」です♪

ちなみに、定価は税込6,552円ですが、
ソニアというショップなら税込3,600円で購入できます。
※いろいろ調べた結果、これが最安値です。

ソニアでのお買い求めは↓こちらからどうぞ^^

万が一の時の安心を携帯!今なら超特価!!KW レーダーシグナルフロート KRF-10

これで、漂流事故から生還できる確率は、格段にアップするはずです^^

しかしながら、海河童はしつこい性格です。

もちろんダイバーの自己責任を放棄するつもりはありませんし、
だからこそ、通常のシグナルフロートとは別に、
このレーダーシグナルフロートも購入しました。

自分でできることはやったうえで、さらに、お願いをします。
ダイビングサービスの皆様、ノーチラスのライフラインの導入を検討してください!

ノーチラスのライフラインについては、こちらの記事を参照下さい。

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

海河童本舗、書籍一覧ページは、
こちら↓をクリックしてください。
書籍一覧

[ 2014年04月21日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(2)

非常用ラジオ


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日は3/11をきっかけに海河童がアマゾンで購入した
災害対策グッズが先週末に届きましたので、
3/11から1ヶ月遅れですが、その商品をレビューします。

それは、ソニーの非常用ラジオ「ICF-B88/S」です。



「震災などの災害時に非常用ラジオが欲しい!」
と常々、思っていた海河童、いろいろ検索して探しました。

その中で「これがベストだ!」と思って購入した商品です。

まず、かんじんのバッテリーに関してですが、
このラジオは一番手に入りやすい単3電池だけではなく、
太陽光発電と手回しのハンドルで内臓バッテリーに充電ができます。
さらには、USBを使ってPCからも充電可能となっており、
実に、4WAYの電源確保機能をもっています。

さらに、USBの出力端子も付いていますので、
このラジオから携帯やスマホに充電することもOK。

もちろん、LEDライトも付いていますので、
停電で暗くなっても安心です。

で、実際に購入して、手元に届いたのですが、
幅×高さ×奥行=132×79×58 と、
サイズも小さなビデオカメラサイズで、いい感じです。

また、こういったハンドルを回して充電するタイプは、
ハンドルがちゃちかったり、回しにくかったりすると思いがちですが、
実際に操作してみると、ハンドルのホールド感も良くて、
「うぃ~ん、うぃ~ん」と快適に充電が可能です。

オマケとして、非常用のホイッスルまで付いています。

Amazonのレビューでも☆4.4個を獲得しており、
まさに「一家に一台」備えあれば憂いなし、海河童、オススメの一品です。

[ 2014年04月11日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

バブルリングが作れるオモチャ


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日は面白いモノを見つけたので、ご紹介します。

pn14020.jpg

ダイビングで安全停止をしていると、
ときどきガイドがバブルリングを作って遊んでいたりしますよね?

ダイバーではない方にはバブルリングって言っても、
「なんのこっちゃ?」だと思いますので、解説しますと、

タバコの煙を上に向かって「ふわっ」と吐き出して、
煙の輪っかを作る人がいるのを見たことがあると思いますが、
あれを水中で空気を使ってすることです。

海河童、どうやってもこれが上手に作れなくて、
いっつも悔しい思いをしていました。

しかし、なんとそれを作るマシーンができたようです!

村上商事という会社が売り出した、
誰でも簡単にバブルリングが発射できる
「The Torid-Pulse(トリッドパルス)」というマシーンです。

論より証拠、この動画を見てみてください。

ねっ、すっげぇ、面白そうでしょう?

ラパスにダイビングに行って、
アシカに向かってこれを発射したら、
きっと、アシカも大喜びをして遊んでくれると思います。

あ~、欲しい~!!!

しかし、お値段は……

●本体+エアソースLPジョイントアダプター付 オス9/16
¥17,500(税別)
●ホース付(本体+エアソースLPジョイントアダプター+2ndホース オス3/8 - メス9/16)
¥21,500(税別)※70cm FLEXタイプホース

オモチャにしては、ちょっと高過ぎます><

一桁違ったら、絶対に買うんだけどなぁ~、

ということで、

「バブルリングはできないけど、ダイビングが大好き!」

と言う方は、
ダイビング旅行の行先検討に絶好の本、
「だからダイビングは」シリーズをオススメします。

こちらは、トリッドパルスのお値段とは、
一桁どころか、二桁も違うお買い得本です。

『だからダイビングはやめられない①②③:合冊版』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横


『だからダイビングはやめられい4:ゆかいな仲間たち編』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横


『だからダイビングはやめられない5:ラパス編』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横
[ 2014年03月26日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(2)

山歩きに最適な時計です!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

東京は、何年振りかの大雪で、
今日は、朝から一歩も外に出られません><

実は、海河童とこざるは、先週末に「蝋梅」を見に行こうと、
秩父線沿線にある「宝登山」に行ってきました。



お天気も良く、暖かい日で、
蝋梅は満開とは言えなかったものの、
咲いている木は、こんな感じで咲いていました。

2014020102.jpg

で、クリスマスプレゼントとしてこざるからもらったカシオのPROTREKを
初めてアウトドアでデビューさせたのですが、

2014020103.jpg 2014020104.jpg

↑↑↑ これは、通常モードで、               ↑↑↑ これは、標高を示しています。

2014020105.jpg 2014020106.jpg

↑↑↑ これは、コンパスモードで、             ↑↑↑ これが、気圧モードです。

山歩きに必要な、高度、気圧、方位という3つの情報が、
ひとつの時計で把握できるというのは大変便利です。

もちろん、雨にも負けない10気圧防水。

樹脂ベルトタイプなので、写真のようにシャツの上からの装着もOKです。

海河童も実際に使ってみて、満足&おススメの1品です。



で、その日は、温泉旅館に泊まって、露天風呂でババンババンバンバン♪ としてから、
翌日は、三十槌の氷柱(みそつちのつらら)を見てきました。

2014020107.jpg

これ、今週だったら、
今頃、遭難していたかもしれません><

[ 2014年02月08日 13:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

『海猿』御用達の手帳


こんばんは、海河童です。

原作の漫画からドラマ化&映画化された『海猿』は、
海上保安庁への入隊希望者がいきなり増えたり、
ちょっとした社会現象にもなりました。

さらには、ダイビングの世界では、
若い男性のCカードの受講者が増えたり、
仙崎大輔が使っていたTUSAの器材が人気になったり、
オレンジ色のフィンが流行ったりといったこともありしました。

あっ、決して、海河童はそのことを否定的に捉えているわけではありませんよ。

ダイバー人口が増えれば増えるほど、ダイビング器材が売れますので、
それにつれて、ダイビング器材の価格が下がってくるのでは……、
と、貧乏症の海河童は、むしろ大歓迎です。

で、今日はそんな『海猿』御用達の面白い手帳を見つけました^^

成山堂書店が出している『海上保安ダイアリー』です。



この手帳、実は、海上保安庁関係者のほか、
ダイビングや釣りを趣味とする人、プレジャーボートを持っている人など、
とにかく海関連の人たちには、秘かな人気を得ているとのことです。

人気の秘密は、この手帳のウィークリーのページには、
東京芝浦の、日出、日没、満潮、干潮時刻が記されている点です。

しかも、自分のいる場所の上記の時刻を出すための、
算出表や計算方法が記載されており、
どこにいても簡単に各時刻が出せるんだそうです。

この情報だけでも、海関連の人たちには、大変助かるかと思います。

さらには、海上保安庁の概要をはじめとして、
港湾の種類や入港船舶隻数、灯台に関する資料、
海里とノット、距離表、潮流、世界の海溝、海図用語の解説や見方など、
海の雑学がこれでもか詰め込まれているようです。

ちょっと、『通』っぽくて、そそられる手帳だと思いませんか?

[ 2014年01月27日 21:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)

これは可愛い♪


こんばんは、海河童です。

今日は、ダイバー向けに、
とっても可愛いスリッパを見つけたので、そのご紹介です。

なんと、ウミウシのスリッパです。

kiberi

どうです? 可愛いでしょう?

この他にも、シロタスキウミウシや、イシガキリュウグウウミウシ、ゴマフビロードウミウシ、とか、

shirotasuki isigaki gomafu

シロウミウシ、フジイロウミウシ、ノウメア・ラボウトイなど、

shiroumiushi fujii noumea

全部で6種類のバリエーションがあります。

「欲しいっ!」

と思った方は、こちらからご購入できます。




[ 2014年01月11日 22:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(2)

これ、欲しいー!!!


こんばんは、海河童です。

今日はダイビングとは関係のないお話です。

あまりの可愛らしさに、モバイルバッテリーとしては、
Amazonで圧倒的な販売数を記録したダンボーバッテリーですが、
チ―ロマートで購入するのが一番安い(3750円)そうです。

ただし、在庫が無くなると値段が吊りあがったり、
Amazonであっても他社からの出品だと高かったりするので、
出品者(チ―ロマート)と価格(3750円が目安)をチェックしてから、
購入ボタンを押すようにしましょう。

で、そのダンボーバッテリーのミニ版が、

ついに出ました!

danboardmini

右が初代、左がミニ版です。

か、可愛い^^

初代ダンボーバッテリーはiPhoneを5回フル充電できましたが、
ミニの方は、iPhoneのフル充電は2回だそうです。

でも、普段使いなら2回で充分じゃないですか?

しかも、このミニは、目が光るんだそうです。

黄色点灯(100%)→黄色点滅(約67~99%)→オレンジ色点滅(約34~66%)→赤色点滅(約0~33%)
と、目の色でバッテリー残量を示してくれます。

バッテリーが空に近づいたら赤くチカチカと光ることで、

「早く充電してぇ~!」

って、訴えてくるそうです。

なんてキュートな奴なんでしょう。

既に無機質なモバイルバッテリーを持っている
「もったいない」ことが何よりも嫌いな海河童ですが、
思わず衝動買いしてしまいそうな可愛さです。

う~ん、どうしよう?


 


[ 2013年12月14日 22:00 ] カテゴリ:海河童オススメのグッズ | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数808本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
 
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム