『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング英単語
カテゴリー  [ さるでもわかるダイビング英単語 ]

『さるでもわかるダイビング英単語』無料キャンペーン、明日で終了です!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、『さるでもわかるダイビング英単語』の9回目の無料キャンペーンは明日の夕方までとなっております。
まだ、ダウンロードをされていない方は、お急ぎください!

通常価格が270円となっている『さるでもわかるダイビング英単語』の無償ダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^
今なら無料
※Amazonのページで0円になっていることをご確認の上、クリックしてください。

海外にダイビングに行って、「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、明日の夕方までに、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

ということで、今までの無料キャンペーン中のダウンロード数500冊以上、有償の期間でも100冊以上のお買い上げをいただいている、『さるでもわかるダイビング英単語<Version08>』の無料キャンペーンは、明日の夕方まです!

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2017年04月05日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』無料キャンペーン実施中です!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

本日は、みなさまにとって、嬉しいお知らせです!

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、『さるでもわかるダイビング英単語』の9回目の無料キャンペーン、本日の夕方から4月6日の夕方までの5日間にわたって実施中です!

今回は、アップデートはありませんので、<Version08>版のままです。

通常価格が270円となっている『さるでもわかるダイビング英単語』の無料ダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^
今なら無料
※Amazonのページで0円になっていることをご確認の上、クリックしてください。

海外にダイビングに行って、「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。

ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを、マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、今までの無料キャンペーン中のダウンロード数500冊以上、有償の期間でも100冊以上のお買い上げをいただいている、『さるでもわかるダイビング英単語<Version08>』の無料キャンペーンは、本日スタートで、4月6日の夕方まです!

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2017年04月01日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』無料キャンペーン、明日の夕方までです!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

かつての小泉純一郎首相に「ソーリソーリ! 質問に答えてください」と、民主党の辻本清美議員が激しく詰め寄ったシーンは、当時のニュースで繰り返し放送をされましたが、日本人の英語は「Sorry, Sorry」を使いすぎる傾向があります。

みなさまも、「海外では、迂闊に(I am sorry.)などと言うと、自分の非を全面的に認めることになるから気を付けるように」という話は聞いたことがあると思います。
ところが、日本人は、自分が悪くなくても「お互いさま」と思って、ついつい、あやまってしまう傾向があります。これは、文化の違いなので致し方ないと言えば致し方ないのですが、それでも「ソーリソーリ」の連発は止めておきましょう。

たとえば、ボートダイビングのシーンを想像してください。ガイドからは9時半出発と言われていました。

律儀な日本人ダイバーは、定刻の5分前、9時25分にボートにやってきました。
しかしながら、たまたま早く準備をしてしまった他の外国人ダイバーが、すでに全員、乗船をしていました。
乗船が一番最後になってしまった日本人ダイバーは、ついつい、「お待たせしました(=お待たせしてごめんさない)」という気持ちを表現するつもりで、「ソーリソーリ」と頭をかきながらボートに乗ってきます。

いやいや、あやまる必要はまったくありません。そういうときは、普通に「Good Morning!」です。

たとえ定刻より5分遅れてしまったとしても、「ソーリソーリ」はおおげさです。
そういうときは、笑顔で「Thank you for waiting.」と言いましょう。

待っていた方も、「ソーリ」とあやまられるよりも、「サンキュー」と感謝される方が、ポジティブな気持ちになるからです。

さすがに10分以上遅れたときは、「I am too late, Sorry.」と「ソーリ」を使った方がいいと思いますが、ほとんどの外国人ダイバーは、こういうときも「Thank you for waiting.」です。

ところが、「すぐにあやまる」と言われる日本人が、外国人からすると「どうしてあやまらないの?」と思われるときもあります。

日本は小さな島国なので、他人との距離感がとても近い民族です。特に都会に住んでいる人は、朝夕の通勤電車の中では、ちょっと肩がぶつかったりしても何とも思わないし、わざわざあやまったりはしない人が多いのですが、外国人、特に西洋人の「距離感」は日本人のそれとは違います。

ちょっとでもぶつかったり、あるいは、ぶつからなくても、ぶつかりそうになったら、軽くあやまるのが西洋人のマナーです。

だからと言って、そういうときに「ソーリソーリ」を使うのも、ちょっと考えものです。そもそも、「I am sorry.」は、自分のしてしまったことを、事後に謝罪する表現です。

なぜならば、ぶつかった場合は、事後になりますが、ぶつかる前は、事前です。
そんな理屈は別にして、どちらの場合でも、西洋人は「ソーリ」ではなく「Excuse me.」を使います。
 
しかも、軽くあやまっているので、「エキスキューズミ―」とまでハッキリと言いませんので、「キューズミー」くらいにしか聞こえません。
 日本語にすると、「済みません」ではなくて、軽く「スンマセン」という感じですね。

ということで、本日のまとめです。
「ソーリソーリ」は辻本清美議員に任せておいて、わたしたちは「Thank you.」か「Excuse me.」を使うようにしましょう。

こんな無駄な付録も追加された『さるでもわかるダイビング英単語<Version08>』の5日間の無料キャンペーンは、明日が最終日です!(夕方17時に終了予定)

ダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^
今なら無料
※Amazonのページで0円になっていることをご確認の上、クリックしてください。

海外にダイビングに行って、「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトをマックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。こちら!をクリックして下さい。

ということで、有償の期間でも100冊以上のお買い上げをいただいている、『さるでもわかるダイビング英単語<Version08>』の無料キャンペーンは、1月9日、明日の夕方までです!

また、旧ヴァージョンをお持ちの方は、Amazon社が定める所定の手続きを行うことで、アップデート版を無料でダウンロードすることが可能です。

Amazon社の所定の手続きについては、わたしのブログのこちらの記事で、詳細にご紹介しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2017年01月08日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』無料キャンペーン実施中です!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

本日は、みなさまにとって、嬉しいお知らせです!

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、『さるでもわかるダイビング英単語』の8回目の無料キャンペーンを、本日の夕方から1月9日の夕方までの5日間にわたって実施中です!

しかも、付録を追加した<Version08>版です。

『さるでもわかるダイビング英単語<Version08>』の気になる目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』
付録11『英語で笑わせよう(初級編)』
付録12『英語で笑わせよう(上級編)』
付録13『音が貧困な日本語』
付録14『「ビックカメラ」は何故「ビッグカメラ」ではないのか?』
付録15『「は」と「が」の違い』
付録16『子供じゃないんだから』
付録17『犬じゃないんだから』
付録18『キャンキャンは止めよう』
付録19『CouldとWouldの違い』
付録20『ソーリソーリは止めよう』
付録21『語学の才能』

となっており、海の生き物の英語名の追加はありませんが、後半の付録を1章(赤字の部分です)追加しました。

通常価格が270円となっている『さるでもわかるダイビング英単語』の無償ダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^
今なら無料
※Amazonのページで0円になっていることをご確認の上、クリックしてください。

海外にダイビングに行って、「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。

ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを、マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、有償の期間でも100冊以上のお買い上げをいただいている、『さるでもわかるダイビング英単語<Version08>』の無料キャンペーンは、本日スタートで、1月9日の夕方まです!

また、旧ヴァージョンをお持ちの方は、Amazon社が定める所定の手続きを行うことで、アップデート版を無料でダウンロードすることが可能です。

Amazon社の所定の手続きについては、わたしのブログのこちらの記事で、詳細にご紹介しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2017年01月05日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』無料キャンペーン実施します!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

本日は、みなさまにとって、嬉しいお知らせです!

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、
『さるでもわかるダイビング英単語』の7回目の無料キャンペーンを、
明日の夕方から10月6日の夕方までの5日間にわたって実施いたします!

しかも、9月に付録を追加した<Version07>版です。

『さるでもわかるダイビング英単語<Version07>』の気になる目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』
付録11『英語で笑わせよう(初級編)』
付録12『英語で笑わせよう(上級編)』
付録13『音が貧困な日本語』
付録14『「ビックカメラ」は何故「ビッグカメラ」ではないのか?』
付録15『「は」と「が」の違い』
付録16『子供じゃないんだから』
付録17『犬じゃないんだから』
付録18『キャンキャンは止めよう』
付録19『CouldとWouldの違い』
付録20『語学の才能』


となっており、海の生き物の英語名の追加はありませんが、
後半の付録を5章(赤字の部分です)追加しました。

ちなみに、<Version07>版の表紙は、
クマノミの写真になっております。

ダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^
今なら無料
※Amazonのページで0円になっていることをご確認の上、クリックしてください。

海外にダイビングに行って、
「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、
無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、
後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、有償の期間でも98冊のお買い上げをいただいている、
『さるでもわかるダイビング英単語<Version07>』の無料キャンペーンは、
明日、10月1日の夕方からスタートです!

また、旧ヴァージョンをお持ちの方は、
Amazon社が定める所定の手続きを行うことで、
アップデート版を無料でダウンロードすることが可能です。

Amazon社の所定の手続きについては、
わたしのブログのこちらの記事で、
詳細にご紹介しておりますので、参考にしていただけると幸いです。

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。


[ 2016年09月30日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

無料キャンペーン、終了間近!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

ご好評をいただいている
『さるでもわかるダイビング英単語』の無料キャンペーンですが、
いよいよ、終了間近となってきました。

しつこく、繰り返しますが、
キャンペーン中の『さるでもわかるダイビング英単語』は、
まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、
『さるでもわかるダイビング英単語<Version06>版』の無料キャンペーンは、
「明日の5時59分まで!」です。

ダウンロードは、
こちら↓から、どうぞ^^


今なら無料

アマゾンのページで価格が0円になっていることを、
ご確認の上、ダウンロードしてください!


引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年07月05日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

オニイトマキエイ


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

ダイビングで見かける魚で、
覚えにくい名前の魚って、ありますよね?

たとえば、タイトルの「オニイトマキエイ」とは、
マンタのことですが、海河童は、よく、
「オニマキイトエイ」と言い間違えてしまいます。

こいつ↓のことです。
ホバリング(縦)


で、『さるでもわかるダイビング英単語』に、
単語の追加作業をしていたときに……、

「ゲゲゲッ! し、し、しまった!」

本の中でも「オニイトマキエイ」のことを、
「オニマキイトエイ」と間違って表記していました。

『さるでもわかるダイビング英単語』は、
今までの5回の無料キャンペーンの期間中に464名の方が、
99円でお買い上げいただいた太っ腹な方が82名と、
あわせて、500名以上の方がダウンロードをされています。

ってことは、500名以上の方が、

「あーあ、海河童、間違っているよ」

と失笑されていたに違いありません。

「くー、恥ずかしいー!」

『さるでもわかるダイビング英単語』は、
アマゾンの本の紹介ページにも書いていますが、
読者の方からのご意見による「成長し続ける本」を目指しています。

推敲と校正はしつこい位に繰り返して、
万全を尽くしてはいるつもりですが、
他にも誤字脱字やタイプミスがあるかも知れません。

ということで、
『さるでもわかるダイビング英単語』は、
みなさまのご意見(感想・改良点)を広く募集しておりますが、
もし、誤字脱字等を発見した場合は、

「ぜひ、ご一報ください!」

ところで、ダイバーのみなさま、
マンタには2種類あるってこと、知っていました?
詳しくは、PADIのページに書かれていますが、
この記事によると、石垣島のマンタは「オニイトマキエイ」ではなく、
「ナンヨウマンタ」とのことです。

と、ちょっとした薀蓄で、
今回のミスをごまかそうとする親不孝をお許しください。

ということで、
「オニマキイトエイ」を「オニイトマキエイ」へと修正済みの、
『さるでもわかるダイビング英単語<Version06>版』は、
今なら、無料キャンペーン実施中です。


今なら無料

アマゾンのページで価格が0円になっていることを、
ご確認の上、ダウンロードしてください!


引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年07月03日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

無料キャンペーン実施します!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

本日は、みなさまにとって、嬉しいお知らせです!

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、
『さるでもわかるダイビング英単語』の6回目の無料キャンペーンを、
明日の午後6時から7月6日の午後5時59分までの5日間にわたって実施いたします!

しかも、またもや、単語を追加したばかりの<Version06>版です。

『さるでもわかるダイビング英単語<Version06>』の気になる目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』
付録11『英語で笑わせよう(初級編)』
付録12『英語で笑わせよう(上級編)』
付録13『音が貧困な日本語』
付録14『「ビックカメラ」は何故「ビッグカメラ」ではないのか?』
付録15『「は」と「が」の違い』

となっており、後半の付録の追加はありませんが、
海の生き物の英語名は8個の追加で、合計270個となっています。

海外にダイビングに行って、
「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、
無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、
後半には、『あ行』 『か行』 『さ行』 ……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、今までの無料キャンペーンで464ダウンロード、
有償の期間でも82ダウンロードいただいている、
『さるでもわかるダイビング英単語<Version06>』の無料キャンペーンは、
明日、7月1日、午後6時からです!


今なら無料

アマゾンのページで価格が0円になっていることを、
ご確認の上、ダウンロードしてください!


引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年06月30日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

間違えやすいダイビング英語:モルジブ?


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日は久しぶりにダイビング英語のコーナーです。

自分では英語だと思っているカタカナ英語が、
実は、まったく通じないことが往々にしてあります。
特に多いのが国名・地名です。

有名なところでは、ウィーンはヴィエナ、ギリシアはグリース、
エジプトはイージプト、モスクワはマスコウですが、
ダイバーが良く使う国名・地名でも、
カタカナ読みではまったく通用しないものがあります。

その筆頭は、何と言ってもモルジブです。
モルジブは英語で綴ると「Maldives」です。

これは、モルジブではなく、
英語読みでは「マォダイヴス」となります。

モルジブとマォダイヴスでは、
そもそも音がまったく違いますので、
モールジブ」と言っても「モルジーブ」と、
アクセントの位置を変えて発音しても通用しません。

同じようにダイビングで有名な、グアムは、
「Guam」ですから、「グワーム」ですし、
フィリピンは「the Philippines」と書かれて、
「ザ・フィリピーンズ」となります。

ダイバーたる者、
モルジブは「マォダイヴス」と覚えましょう。

ということで、
海外で外国人ダイバーと話がしたいと思ったら、
海の生き物の英語名が262個も載っている
『さるでもわかるダイビング英単語』がオススメです。

お買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^


本の横

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年06月24日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

3大危険ザメ!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

ここしばらく「尾瀬の魅力ご紹介記事」を連載しており、
せっかくのブログタイトルが泣いておりますので、
本日は、久しぶりに、ダイビングにまつわるお話です。

以前のブログにも書きましたが、
頭がカナヅチのような形をしているハンマーヘッドシャークは、
現れてくれると大喜びをするダイバーですが、

「こいつらだけには、ダイビング中に会いたくはない」というのが、
3大危険ザメと呼ばれる、ホオジロザメとオオメジロザメ、そしてイタチザメです。

その3大危険ザメの中のイタチザメが、
ザトウクジラの死骸を食べている、
衝撃的な映像をネットで見つけました。

撮影地は、オーストラリアにある、
その名も「シャーク湾(Shark Bay)」です。

まずは、こちらの映像をご覧ください。

70頭ものイタチザメが、
ザトウクジラの死骸に群がっています。

いやー、恐ろしいですねー!

英語でイタチザメのことは、
子どものときに、体に縞模様があることから、
虎の名前を冠して「Tiger shark(タイガー・シャーク)」と呼ばれますが、
「Maneater shark(マンイーター・シャーク)」=「人食いザメ」
という恐ろしい別名も持っています。

ついでに、ホオジロザメとオオメジロザメの英語名もご紹介しますと、

ホオジロザメは、映画「ジョーズ」のモデルとなったサメで、
体長4~5メートルにもなる大型のサメということから、
「Great white shark(グレート・ホワイト・シャーク)」と呼ばれます。

オオメジロザメは、去勢をしていない雄牛、
転じて「強気な」という意味で使われるbullを冠して、
「Bull shark(ブル・シャーク)」と呼ばれます。

と、こんな感じで、
海の生き物の英語名が262個も載っている
『さるでもわかるダイビング英単語』
たったの270円で好評発売中です。

お買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^

本の横

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年05月27日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

無料キャンペーン実施します!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

本日は、海河童にとっても、みなさまにとっても、嬉しいお知らせです!

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、
『さるでもわかるダイビング英単語』の5回目の無料キャンペーンを、
明日、4月1日の午後5時から4月6日の午後4時59分までの5日間にわたって実施いたします!

しかも、先日、コンテンツを追加したばかりの<Version05>版です。

『さるでもわかるダイビング英単語<Version05>』の気になる目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』
付録11『英語で笑わせよう(初級編)』
付録12『英語で笑わせよう(上級編)』
付録13『音が貧困な日本語』
付録14『「ビックカメラ」は何故「ビッグカメラ」ではないのか?』
付録15『「は」と「が」の違い』

となっており、海の生き物の英語名は2個の追加で、合計262個となっていますが、
後半に追加した付録13~15は、相変わらず、ブログの記事の焼き直しです。

しかしながら、海外にダイビングに行って、
「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、
無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思わないでしょう?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、
後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、今までの無料キャンペーンで455ダウンロード、
有償の期間でも22ダウンロードいただいている、
『さるでもわかるダイビング英単語<Version05>』のダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^



今なら無料

※価格表示がゼロ円になっているのを、ご確認の上、ダウンロードください。

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2016年03月31日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗 新春キャンペーン実施中!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

本日は、海河童にとっても、
みなさまにとっても、嬉しいお知らせです!

2016年の新春キャンペーンとして、
当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、
『さるでもできるダイビング英語』の4回目の無料キャンペーンを、
本日、1月7日の午後5時から1月12日の午後4時59分までの5日間にわたって実施中です!

しかも、
先月末にコンテンツを追加したばかりの<Version04>版です。

『さるでもできるダイビング英語<Version04>』の気になる目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』
付録11『英語で笑わせよう(初級編)』
付録12『英語で笑わせよう(上級編)』

となっており、
海の生き物の英語名は10個の追加で、合計260個となっています。

本の内容は、
付録の記事も含めて、当ブログの記事の書き直しですが、
海外にダイビングに行って、

「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、

無料Wifiでも無い限りは、
結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思わないでしょう?

そういう時に、
『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、
魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、

後半には、
『あ行』『か行』『さ行』……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、
海外にダイビングに行く際の、「必携の1冊」となっています。

というか、
自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、
ダイバーのみなさまは、この無料キャンペーンの期間中に、
ぜひ、ダウンローをお忘れなく!

また、
お知り合いのダイバーの方にも、

「今なら、タダやで」

と教えてくださると幸いです。

とはいえ、

「Kindle端末を持ってないから読めないや……」

と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、

「おれ、ガラケーだし……」

という方は、パソコンでも大丈夫です。

ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、
パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、
スマートフォンで読めるようになります。

無料キャンペーン期間中に、
ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使ってのKindle本の読み方は、
こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、
こちら!をクリックして下さい。

さらに、

「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」

という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても
こちらで、説明をしております。

ということで、
『さるでもわかるダイビング英単語』のダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^

今なら無料


上記をクリックして、
Amazonのページで、価格が0円になっているのを確認してから、
ダウンロードをお願いします。


[ 2016年01月07日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』 無料キャンペーン実施中!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

先日より予告をしておりました
『さるでもわかるダイビング英単語』の無料キャンペーンですが、
いよいよ、本日の午後5時からスタートいたしました!

今回の無料キャンペーンは、来週の火曜日、
9月29日の午後4時59分までの5日間となっております。

Kindle本の無料キャンペーンは、
90日毎に5日間しか実施できないルールになっておりますので、
次回の無料キャンペーンは年明けを予定しております。

ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、『さるでもわかるダイビング英単語<Version03>』のダウンロードは、
   ↓こちらからどうぞ^^



上の画面をクリックして、アマゾンの画面で価格が0円になっているのを確認してからダウンロードしてください!

[ 2015年09月25日 18:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』 無料キャンペーンのご案内!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

本日は、海河童にとっても、みなさまにとっても、嬉しいお知らせです!

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、
『さるでもわかるダイビング英単語』の3回目の無料キャンペーンを、
明後日、9月25日の午後5時から9月29日の午後4時59分までの5日間にわたって実施いたします!

しかも、今月、コンテンツを追加したばかりの<Version03>版です。

『さるでもわかるダイビング英単語<Version03>』の気になる目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』
付録11『英語で笑わせよう(初級編)』
付録12『英語で笑わせよう(上級編)』

となっており、海の生き物の英語名は20個の追加で、合計250個となっていますが、
後半に追加した付録11~12は、相変わらず、ブログの記事の焼き直しです。

しかしながら、海外にダイビングに行って、
「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、
無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思わないでしょう?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、
後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、『さるでもわかるダイビング英単語<Version03>』のダウンロードは、
   ↓こちらからどうぞ^^



9月25日の午後5時以降に、上の画面をクリックして、
アマゾンの画面で価格が0円になっているのを確認してから、ダウンロードをしてくださいね。

[ 2015年09月23日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』アップデートしました!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

おかげさまで「海外へのダイビング旅行には必携だ」と、
ダイバーの皆さまにご好評をいただいている『さるでもわかるダイビング英単語』ですが、
本日<Version.02>から<Version.03>にアップデートしました。

<Version.03>では単語帳の収録数を20個追加して、
海の生き物の英語名を250個に増量すると共に、以下の付録記事を追加しました。

付録11『英語で笑わせよう(初級編)』
付録12『英語で笑わせよう(上級編)』

すでに旧Version版をお持ちの方は、
こちらの記事を参照にして、アップーデートをお願いいたします。

Versionの新旧の違いは、上記の11章と12章が入っているかどうかで分かりますし、
表紙の帯にも<Version>を記載しておりますので、表紙でも確認ができます。

sarudemoEnglish02   sarudemoEnglish03

ちょっと分かりにくいかもしれませんが、左が旧Versionで、右が新Versionの表紙となります。

そして、未だ、お持ちでないダイバーの方は、
「ぜひ、お買い上げください」と言いたいところですが、

「今しばらく、お待ちください!」

この本は、約90日毎に5日間の無料キャンペーンを実施することになっております。

次回の「無料キャンペーン」は、今月末ごろを予定しておりますので、
それまでお待ちいただけると、無料でダウンロードが可能となります。

「いやいや、今度の連休に使いたいんだけど」

と、今週末からのお休みで、海外へのダイビング旅行を予定されている方は、
有料といっても、たったの99円です、お買い求めいただいても損はありませんので、
ぜひぜひ、お買い上げいただけると幸いです^^

お買い上げは、↓こちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2015年09月17日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

「ビックカメラ」は何故「ビッグカメラ」ではないのか?


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日は「ダイビング英語」コーナーからは脱線をして、
語学オタクのちょっとした小ネタ話をご紹介します。

唐突ですが、皆さまご存じの「ビックカメラ」は、
今でこそ家電量販店ですが、昔々は「カメラ量販店」でした。

で、カメラを扱う「量販店=大きなお店」であれば、
当然、店名の由来は「Big Camera」だと思いませんか?

ところが、ビックカメラは「Bic Camera」と綴るそうで、
会社の公式発表では「ビック(bic)」とは英語の方言で、
「(外見だけでなく中身も)大きいの意味である(元はbig)」と解説しています。

で、話はさらに果てしなく脱線を続けますが、
次は、各言語の発音の難易度についてのお話です。

各言語とは言っても、海河童が比較できるのは、
英語とスペイン語とイタリア語と中国語、
それに日本語を加えての5言語の比較ですけどね。

この5つの言語を、わたしの独断で発音の難しさの順番で並べてみると、

中国語>英語>イタリア語>スペイン語、の順番になります。

なかでも、中国語の発音の難しさは圧倒的に一位です。

英語とイタリア語の差もかなりあるかと思います。

イタリア語とスペイン語は、そもそも兄弟のような言語ですから、
それほど差はありませんが、ちょっとだけイタリア語の方が難しいです。

あれっ? 日本語は?

これがわからないんですよね。
自分がふだん使っている言葉だからこそ、
どこがどう難しいかを、客観的に判断することができないのです。

しかし、外国人にとって、特に英語圏の人間にとって、
日本語の「この音」が難しいってことは想像が付きます。

それは「促音」です。

「促音」というのは、小さい「つ」のことです。

たとえば、どんなに日本語に堪能な英語圏の外国人でも、

「ちょっと待って下さい」を「ちょと待て下さい」と言っている人っているでしょう?

そうなんです。小さい「つ」は英語には無い音なんです。
正確には音ではなく、ちょっとしたポーズ(間)なんですけどね。
これが、英語圏の外国人からすると、どのくらいのポーズを取ればいいのか、
どうにもこうにもわからない厄介な代物らしいのです。

ちなみにイタリア語には小さな「つ」がありますので、
かつて、NHKイタリア語講座で講師をしていた
モニカさんやマッテオさんは上手に、小さな「つ」を発音します。
(そもそもマッテオという名前にも小さな「つ」がありますね)

一方、スペイン語講座で講師をしていたアンヘラさんとべゴーニャさんは、
小さい「つ」の発音は苦手でした。

あれあれ、でも英語にはキャットとかマップとかバッグとか、
小さい「つ」がいっぱいあるのでは?

いやいや、実は、これはカタカナ英語なんですねぇ……

catは正確には「キャット」ではなく「キャア~ト」の方が近くて、
最後の「ト」は「to」の「お」の音を入れないで「t」だけを発音します。

mapも同様に「メェア~p」ですし、bagも「ベェア~g」です。

で、海河童は語学オタクですから、さらに細かいことを言いますと、
実は日本語には「促音+濁音」という組み合わせは、そもそもありません。

bagは、カタカナでは「バッグ」と表記はしてはいますが、
ほとんどの人は「バック」と発音してるはずです。

これは他にも、バッジをバッチ、ベッドをベット、レッドをレットと言っています。
実際に発音してみると、そう言っているのが分かります。

これは日本語のプロであるNHKのアナウンサーでも同じです。
チャンスがあったら、NHKのスポーツニュースを注意して聞いてみて下さい。
メジャーリーグの「レッドソックス」は「レットソックス」と発音してますから。

ということで、今回の脱線話も、
脱線に脱線を重ねて、ようやく、冒頭の話に戻ってきました。

つまり「ビックカメラ」は、もし「ビッグカメラ」という社名であったとしても、
日本人は「ビックカメラ」と発音してしまうので、
日本語の特性をちゃ~んと理解したネーミングだったということです。

と一件落着したかと思ったところで、
最後にもう一度、脱線話をさせてください。

中国人は小さい「つ」だけではなく、濁音も苦手です。

わたしが中国語の発音練習で使っているDVDの教材があるのですが、
このDVDに出てくる中国人女性のインストラクションがナイスなんです。

その中でも、わたしのお気に入りのフレーズをご紹介しますね。

「 he は手をあためるようなかんちて ハァー と発音してくたさい」

このパートに来ると、思わず、

「おいおい、その前に、お前の日本語の発音、おれが直してやろうか?」

と突っ込みを入れたくなってしまいます。

ということで、ダイビング旅行で外国人ダイバーと話をするなら、
共通の話題となる「海の生き物の英語名」が230個も載っている『さるでもわかるダイビング英単語』、
無料キャンペーン期間外でも、缶ジュースよりも安い99円で、好評発売中です。



[ 2015年09月11日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

英語で笑わせよう:その③


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日の「ダイビング英語」コーナーも脱線して、
「英語で笑わせよう」の最終回をお送りいたします。

今回は外国人の大人をキチンとしたトークで笑わせる上級編です。

とはいえ、パーティージョークのようなものですから、
状況は、できれば夜に食事やお酒を一緒にしながら、
4~5人くらいの人数でわいわいやっているときがベターです。

さらに欲をいえば、スペイン人やイタリア人が混ざっていたり、
欧州に関わらず、香港人でもシンガポール人でもいいですが、
とにかく英語が話せる「複数の国籍の外国人」と一緒の時がベストです。

海河童:I know one hilarious joke.
(すっごい笑えるジョークを知ってるんだけど……)

と、まずは、全員のアテンションを一気に引き付けます。

A&B&C:OK, come on.
(いいね、話してよ)

海河童:How do you call a person who speaks two languages in English?
(二つの言語を話す人を英語で何て呼ぶ?)

A:Bilingual!!!
(バイリンガル!!!)

海河童:Yap, you are right. Si, Si, Tiene razo'n.
(うん、その通りだね)

答えがバイリンガルなので、英語とスペイン語の二か国語で、
「その通りだね」って言ってみましたが、もちろん、Yes! だけでもOKです。

海河童:So, a person who speaks three languages is?
(じゃあ、三つの言語を話す人は?)

B:Trilingual!!!
(トリリンガル!!!)←正しくはトライリンガルです。

海河童:Exactly. Exactamente. Esattamente.
(まさしく、そうだね)

ここも答えがトリリンガルなので、英語とスペイン語とイタリア語で、
「まさしくその通り」 と答えていますが、もちろん、Exactly! だけでもOKです。

海河童:OK, this is the question. What is a person who speaks one language?
(よっしゃ、ここからが本題だよ、じゃあ、一つの言語を話す人は?)

C:Monolingual?
(モノリンガル?)

海河童:Noooo.
(ちが~う)

A:Unilingual?
(ユニリンガル?)

海河童:No, No, don't make a new word.
(違う違う、造語はダメだからね)

と、しばらく考えさせて、適度に焦らします。
※実は、これに相当する英単語はありません。

そして、あたかも答えを聞かれてはマズイ人がいないかどうかを、
確認するかのように、そ~っとまわりを見まわす仕草をしてから、
他のテーブル客には聞こえないように、やや声を潜めて、

海河童:Well, The answer is…… An American.
(答えはねぇ……、ア メ リ カ 人)

はい、これで爆笑間違いなしです。

最後のフレーズのポイントは American のところを、
思いっきり、アメリカ西海岸風の能天気で陽気な感じで、
なおかつ、バカっぽく「あっめぇあ~りけぁ~ん」と発声することです。

そうすると、4~5人で酒飲みながら、この話をしていたとすると、
少なくとも一人は、鼻からビールを噴き出します。

特に、ほとんどのヨーロッパ人は、英語しか話せないくせに、
いつでもどこでも英語だけでゴリゴリ押し通そうとするアメリカ人を、
実は心の底ではと~っても毛嫌いしていますので、手を叩いて大喜びします。

た だ し、間違ってもアメリカ人が同席している時にやっちゃダメですよ><

あっ、ど~しても、アメリカ人と本気のケンカがしてみたいって人は、
遠慮なくこのジョークをアメリカ人と同席中に使ってみて下さい。

ということで、ダイビング旅行で外国人ダイバーと話をするなら、
共通の話題となる「海の生き物の英語名」が230個も載っている『さるでもわかるダイビング英単語』、
無料キャンペーン期間外でも、缶ジュースよりも安い99円で、好評発売中です。




[ 2015年08月21日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

英語で笑わせよう:その②


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日の「英語で笑わせよう」は、
「ネイティブの子供を笑わせる」に挑戦してみましょう。

対象年齢は6歳~12歳程度、日本で言えば小学生くらいです。

まあ、このあたりの年齢は、箸が転がっても、
もとい、外国人なので、スプーンが転がっても可笑しい年齢なので、
ちょっとした言葉遊びで、簡単にキャッキャッと笑ってくれます。

でも、だいたいが親が一緒に居たりするので、
怪しい東洋人がそうそう親しげに話しかける訳にはいきません。

せいぜい、旅行先のプールサイドやレストランですれ違った際に、
さらっと「Hello!!!」とか「See you!!!」と話しかけるのが関の山です。

でも、その「See you!!!」にちょっと変化を加えると、
か~んたんにキャッキャッと笑ってくれます。

外国人の子供はフレンドリーですから、向こうから、
「See you!!!」なんて言ってくることが多々あります。

その時に「See you!!!」と返すのではなく、

「See you later, alligator♪」と歌うように言ってあげると、

必ず向こうも「After a while...」と返してきますので、

続けて一緒に「crocodile♪」って歌ってあげると、キャッキャッと笑います。

この「See you later, alligator♪ After a while, crocodile♪」というのは、

laterとalligator、whileとcrocodileの語尾で韻を踏んでいて、
なおかつ、crocodileとalligatorはどちらもワニという言葉遊びです。

さしずめ、日本語の「さよなら三角♪ また来て四角♪」みたいなものです。

ですから、遊び歌ですので、リズムの取り方がキチンと合ってないと、
相手の子供もきょとんとなっちゃいますので、
必ず、ネイティブの大人から事前にリズムを教わって下さいね。

アメリカ人でも、カナダ人でも、オーストラリア人でも、
ネイティブならみ~んな知っている遊び歌です。
※ただし、イギリス人が知っているかどうかは、未確認です

ということで、ダイビング旅行で外国人ダイバーと話をするなら、
共通の話題となる「海の生き物の英語名」が230個も載っている『さるでもわかるダイビング英単語』、
無料キャンペーン期間外でも、缶ジュースよりも安い99円で、好評発売中です。



[ 2015年08月18日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

英語で笑わせよう:その①


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

突然ですが、勉強している言語をどのくらい操れるようになりたいか?
そのゴールを定めるのはなかなか難しいものがありますよね?

旅行会話<日常会話<映画やドラマを字幕無しで<ビジネス会話……

言語の勉強には終点というものがありません…
自分自身でゴールを決めない限りは、
まさに終わりなき道を歩き続けることになります。

わたしは、英語以外にも、スペイン語、イタリア語、中国語を独学で勉強していますが、
これらの言語については、一番最初の「旅行会話」をゴールに設定しています。

「旅行会話」のポイントは相手の言っていることは75%もわかれば良くて、
基本は、自分の要求を伝える という発信型のコミュニケーションです。

つまり、旅行中に自分のやりたいことをキチンと伝えてそれを実現することが重要で、
相手の言っていることに関しては、最低限、こちらの要求に対して、
承諾したのか拒否したのかがわかればいいのです。

旅行中にやりたいことなんてたいしたことではありません。

たとえば、レストランを予約したり、料理を注文したり、
行きたいところに行くためにタクシーの運ちゃんと交渉したり、
街中で道を訊ねたり、土産物屋で値切り倒したり……。

そんなものでしょう?

わたしは別に、スペイン語やイタリア語や中国語なんかで、
政治や経済の話なんかするつもりはないので、
そういった用語を覚えるつもりなんてサラサラありません。

「旅行会話」に必要なのは、言語の構造を理解することと、
基本単語を1000個も覚えれば充分です。

でも、英語はちょっと違うんですよね。
少なくとも、映画やドラマは字幕無しでも楽しみたいし、
ビジネス会話とまではいかなくても、仕事でも使うことがあります。
そうすると英語を使う仕事相手と一緒に食事なんかもしたりします。

そんなわたしにとって「英語で相手を笑わせる」ということは、かなり具体的なゴールでもあります。

で、これが成功すると、かなりのカイカンなんです。

なにせ、自分のトークが受けて、
映画のワンシーンのように外国人が笑うのですから^^

「すべったらどうしよう?」なんて考えなくても大丈夫です。
外国人は割と簡単に笑いますので、ご安心下さい♪

ということで、いくつかの外国人受けするネタを仕込んでいるのですが、
今日は、とっても簡単なネタをご紹介します。

シチュエーションはレストランです。
あなたを含めて少なくとも3人以上でテーブルに付いている必要があります。

あなたは、決して先に注文してはいけませんよ。
静かに悩んでいるフリをして、誰かに先に料理を決めさせましょう^^

「Well, I'd like to have 〇〇」

と誰かが「〇〇」をオーダーしたとしましょう。
そして、運良く、誰かが同じ物を頼みたくて、

「Me too!」

と言ったら、シメタものです。

すかさず、間髪入れずに、真面目な顔をして、こう言って下さい。

「Me three!!!」

バカバカしいと思うでしょうが、
こんなくだらない親爺ギャグでも、

ぜったいに、相手は大爆笑します。

ということで、ダイビング旅行で外国人ダイバーと話をするなら、
共通の話題となる「海の生き物の英語名」が230個も載っている『さるでもわかるダイビング英単語』、
無料キャンペーン期間外でも、缶ジュースよりも安い99円で、好評発売中です。




[ 2015年08月15日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

「は」と「が」の違い


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

久しぶりの「ダイビング英語」コーナーも大脱線でいきます。

日本語を外人に説明する時に、とっても苦労するのが、
タイトルに書いた「は」と「が」の違いです。

ひとつのルールは「は」を「が」に変えると、
「強調」されるということがあります。

「ラーメン 好き」は、ラーメンだけでなく、
チャーハンも餃子も、うどん、そばだって好きって感じですが、
「ラーメン 好き」 は、かなりラーメンが好きで、
毎日、お昼はラーメンを食べたいくらい好きって感じですよね?

この使い分けの説明は簡単です。
「は」より「が」の方が強調されるんだよ、って言えばいいだけです。

それでは、これはどうでしょう?

AさんとBさんが、同じ景色を見ながらの会話です。

A「ここは景色 綺麗だね」

B「うん、ここの景色 見たこともないほど綺麗だね」

日本人なら、何の迷いもなくこういう風に「は」と「が」を使い分けます。

普通、Aさんは「ここは景色は綺麗だね」とは言わないし、
Bさんも「ここの景色が見たこともないほど綺麗だね」とは言いません。

仮にそう言ったとしても、間違ってはいないけど、
わたしたち日本人には、どこか不自然な日本語だと感じます。

「が」を使っているからと言って、AさんはBさんより景色を強調している訳ではありません。
あるいは、Bさんが景色を綺麗だと強調したいときに、
「ここの景色が見たこともない……」とは言いません。

どうも、「は」と「が」には、強調以外のルールがあるようです。

どうです、みなさま、先ほどの会話の「は」と「が」の違いを論理的に説明できますか?

海河童もこの違いには苦労しておりましたが、
あるところでこんな説明を見つけて、ようやく納得しました。

それが以下の説明です。

昔々あるところにお爺さんとお婆さん いました。
お爺さん 山へ芝刈りに、お婆さん 川に洗濯に行きました。

これは、英語に訳すると以下のようになります。

Once upon a time, there were an old man and an old woman.
The old man went to cut firewood and the old woman went washing to a river.

最初のお爺さんとお婆さんには「a(an)」を使っていて、
二回目のお爺さんとお婆さんには「the」を使っているでしょう?

英語では、新情報は「a」、旧情報に「the」を使うのがルールだからです。

つまり、それは逆説的に言うと、
日本語の強調以外の「は」と「が」の使い分けルールにも、
新情報 「が」で旧情報 「は」になるというルールがあるのです。

↑ほらほら、この文章だって最初の「(新)情報」には「が」を使い、
次の「(旧)情報」には「は」を使っているでしょう?

ということは、もっともっと逆説的に言うと、
外人が「は」と「が」を間違って日本語を話しても、
な~んとなく説明し難い不自然さを感じるものの、
まあまあ、言ってることの意味はちゃんと理解できますよね?

といことは、わたしたちが英語で「a(an)」と「the」を間違えても、
ネイティブ相手には不自然な英語だと思われるかも知れませんが、
決定的に意味が伝わらないってことではないということです。

つまり「a(an)」と「the」の違いは、あんまり気にしなくてもいいということです。

ということで、ダイビング旅行で外国人ダイバーと話をするなら、
共通の話題となる「海の生き物の英語名」が230個も載っている『さるでもわかるダイビング英単語』、
無料キャンペーン期間外でも、缶ジュースよりも安い99円で、好評発売中です。




[ 2015年08月08日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング旅行のお供に


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

毎日暑い日が続いていますが、いよいよ夏本番ですね。
夏といえば、夏休みに海外にダイビング旅行に行かれるダイバーの方も多いかと思います。

そんなダイバーの方にオススメなのが、
『さるでもできるダイビング英語<Version02>』です。

外国人のダイバーやガイドと英語で話をする際に、
共通の話題として欠かせない、代表的な魚の英語名を230個も掲載しています。

『さるでもできるダイビング英語<Version02>』の目次は、以下の通りで、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』

当ブログの「ダイビング英語」コーナーをベースに加筆修正したものになっていますが、、
海外にダイビングに行って、「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」
と思い出しても、無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもできるダイビング英語<Version02>』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
あらあら便利、サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、
後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。

ということで、『さるでもわかるダイビング英単語』のダウンロードは、
   ↓こちらからどうぞ^^



お値段は、缶ジュースよりも安い99円となっておりますので、
海外にダイビングにお出かけの際は、Cカードと『さるでもできるダイビング英語<Version02>』をお忘れなく!

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2015年08月06日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

Kindle無料キャンペーン 明日までです!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

『さるでもわかるダイビング英単語』の無料キャンペーンですが、
いよいよ、明日の午後3時59分までとなっております。

まだ、ダウンロードされていない方は、お急ぎください!

また、すでにダウンロードされた方は、
是非、お知り合いのダイバーの方に「今なら、こんな本がダダだよ」と、
教えていただけると幸いです。

『さるでもわかるダイビング英単語』の無料ダウンロードは、
こちら↓からどうぞ^^



[ 2015年06月30日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』無料キャンペーン実施中!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

6月26日の午後5時からスタートした、
『さるでもできるダイビング英語<Version02>』の無料キャンペーンですが、
来週の水曜日、7月1日の午後3時59分 まで、実施中です!
※米国のサマータイムの影響で、開始と終了の時間が1時間繰り上がっております。

ダイバーの方は、もちろんのこと、
これからダイビングをはじめてみようと思っている方も、
是非、この無料キャンペーンの期間中にダウンロードをお忘れなく!

『さるでもできるダイビング英語<Version02>』の目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』

となっており、『さるでもできるダイビング英語<Version01>』から、
海の生き物の英語名は28個の追加で、合計230個となっております。

後半に追加した付録4~10は、相変わらず、ブログの記事の焼き直しですが、
海外にダイビングに行って、「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」
と思い出しても、無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思いませんよね?

そういう時に、この『さるでもできるダイビング英語<Version02>』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
あらあら便利、サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、
後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、『さるでもわかるダイビング英単語』のダウンロードは、
   ↓こちらからどうぞ^^



ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」 と教えてくださると幸いです。

[ 2015年06月27日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』無料キャンペーンのご案内


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

本日は、海河童にとっても、みなさまにとっても、嬉しいお知らせです!

当ブログの特集記事からスピンアウトしたKindle本、
『さるでもできるダイビング英語』の2回目の無料キャンペーンを、
6月26日の午後5時から7月1日の午後4時59分までの5日間にわたって実施いたします!
※米国のサマータイムの影響で、6月26日の午後4時から7月1日の午後3時59分までに変更になっています。

しかも、今月、コンテンツを追加したばかりの<Version02>版です。

『さるでもできるダイビング英語<Version02>』の気になる目次は、

『危険な海の生き物』
『あこがれの大物たち』
『アジの仲間』
コラム:どこまで覚える?
『ハゼの仲間』
『クマノミの仲間』
『チョウチョウウオの仲間』
コラム:魚を英語で説明しよう
『ヤッコの仲間』
『砂地にいる海の生き物』
『珊瑚礁にいる海の生き物』
『群れる魚たち』
『変わった形の魚たち』
『隠れ上手な魚たち』
『エビ・カニ・イカの仲間』
『ダイビング器材の名前』
『ダイビングに関わる動詞』
『あ行』
『か行』
『さ行』
『た行』
『な行』
『は行』
『ま行』
『や行・ら行・わ行』
付録1『ダイビング・センターにて』
付録2『まずは挨拶から』
付録3『ニックネーム』
付録4『英単語の正しい覚え方』
付録5『発音記号を覚えましょう』
付録6『よ~ん、ひっくかっぷ、すに~ず?』
付録7『言語間の距離』
付録8『ペラペラ話さない』
付録9『日本語を教える』
付録10『日本人よ、自信を持とう』

となっており、海の生き物の英語名は28個の追加で、合計230個となっていますが、
後半に追加した付録4~10は、相変わらず、ブログの記事の焼き直しです。

しかしながら、海外にダイビングに行って、
「そういえば、海河童のブログに魚の英語名が載っていたよな」と思っても、
無料Wifiでも無い限りは、結構なローミング費用まで負担して、
わざわざ、わたしのブログを見ようなんて思わないでしょう?

そういう時に、この『さるでもわかるダイビング英単語』をダウンロードしておけば、
スマートフォンをオフライン(飛行機モード)にしていても、
サクサクっと検索して、その場で、魚の英語名を調べることができます。

しかも、魚の英語名を検索をしやすいように、
各章の冒頭には、その章で登場する魚の名前を一覧表示したり、
後半には、『あ行』『か行』『さ行』……と、
和名の五十音順でも調べられる【単語帳】を用意しております。

まさに、海外にダイビングに行く際の「必携の1冊」となっています。
というか、自分で使うために作ったようなものでもあります。

ということで、ダイバーのみなさまは、
この無料キャンペーンの期間中に、ぜひ、ダウンローをお忘れなく!
また、お知り合いのダイバーの方にも、「今なら、タダやで」と教えてくださると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」と思っている方、
当ブログで、何度も書いていますが、専用端末が無くても大丈夫です。

iPhoneやAndroid のスマートフォン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでも大丈夫です。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。

「でも、海外にダイビングに行くときは、パソコンなんて持っていかないもんね」

という方も、パソコンにダウンロードさえしておけば、
将来、ガラケーをスマートフォンに切り替えたとき、
ダウンロードをしたKindle本は、スマートフォンで読めるようになります。
無料キャンペーン期間中に、ぜひ、パソコンにダウンロードしておいてください。

スマートフォンやタブレットを使っての、Kindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

パソコンを使ってのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方についても解説しております。
こちら!をクリックして下さい。

ということで、『さるでもわかるダイビング英単語』のダウンロードは、
   ↓こちらからどうぞ^^



※6月26日の午後5時以降に、価格が99円から0円になっているのを確認してから、ダウンロードをしてくださいね。
※アマゾンのページでは0円になっていても、上記の表示が99円のままになっているときがありますので、
  上記をクリックして、アマゾンのページで料金表示をご確認のうえ、ダウンロードしてください。



[ 2015年06月25日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング英語 『音が貧困な日本語』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

本日の「ダイビング英語」コーナーも正々堂々と脱線をいたします。

日本語は、アルファベットに相当する表音文字が、ひらがなとカタカナで2種類あり、
その上に、常用漢字だけでも2000文字以上の表意文字を使っています。

これは「書き言葉」の世界では、
世界でも類を見ない高度で難解な言語です。

しかしながら、話し言葉というか「音」に関しては、
実は、貧困な言語であると言わざるを得ません。

たとえば、外国語の発声練習をしていると、
30分もしないうちに、口が疲れてきます。
特に、英語を長時間喋っているとクタクタになります。

それは、慣れない言葉を喋っているからだけではありません。
明らかに、英語という言語が日本語という言語よりも、
多彩な音を出さないと通用しない言語だからです。

その証拠として、試しにNHKのニュースと、
CNNとかBBCのニュースを音を消して「見比べて」みて下さい。

NHKのアナウンサーの口は、少しだけしか動いていませんが、
CNNやBBCのアナウンサーは、顔中の筋肉をダイナミックに使っています。
見ているだけで、こっちの顔の筋肉が攣りそうになるほどです。

つまり、日本語を喋ってるときには全く使わない筋肉を駆使しないと、
正しい英語の発声は出来ないということです。

その大きな違いは、日本語には「ん」を例外として、
全ての音節が「母音単体」もしくは、
「子音+母音」の組み合わせで出来上がっている点にあります。

一方、英語には(スペイン語でもイタリア語でもそうですが)
子音で終わる音や子音が二つ以上重なる音節があります。

例えば、英語の「express」は「ex/press」と2音節の言葉です。

しかし日本語では「エ/キ/ス/プ/レ/ス」ですから、
なんと6音節もの言葉に変換されてしまうのです。
これではまったく違う音にしか聞こえません。

日本語には「ex」のように子音だけで終わったり、
「press」のように子音が二つ以上重なる音節はありません。

子音だけで終わる場合や、子音が重なる場合、
母音が伴わないだけに、強烈な息のスピードが必要となります。

今度は、NHKのニュースと、CNNやBBCのニュースを、
目をつぶって音だけを「聴き比べて」みて下さい。

英語の音声は子音がやけに耳に付きます。
耳に付くどころか、やたらとうるさく感じるほどです。

特に「s」の音なんかは、

「こんなにしつこくはっきり発音しているんだ!?」

とビックリすること請け合いです。

それがゆえに、日本人が発音する場合は、
おおげさすぎる程に子音を強調しないと、
英語圏の人の耳には日本人の子音は聴き取れません。

是非、この「見比べ」と「聴き比べ」をしてみて、
英語の発声の時の筋肉の使い方、子音の大きさを比較してみてください。

そして、これを意識して練習するだけで、
音が貧困な日本語風英語から、音が豊富なネィティブ風英語に変わるはずです。

ということで、ダイバーであれば覚えておきたい魚の名前がいっぱい載ってる
「さるでもわかるダイビング英単語」(99円、時々、無料)、Kindleにて好評発売中!

お買い求めは、
     ↓こちらからどうぞ^^


[ 2015年05月01日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング英語 『日本語を教える』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日のダイビング英語コーナーのお題は「日本語を教える」です。

外国人ダイバーや現地のガイドと話をしていると、
「ちょっとだけ日本語を教えてくれ」
な~んて言われることがたまにあります。

そんな時に、簡単に「数の数え方」を教える方法があります。

先ずは腕をポリポリとかきながら、1

次に膝を指差して、2

太陽を指差して、3

唇に人差し指をあてて、4

走るふりをして、5

ダンスをする格好で、6

親指を立てて、7

両手で卵を作って、そっと広げて、8

ビリヤードの格好をして、9

つまさきを指差して、10

それぞれ、

かゆい=itch=イッチ

膝=knee=ニィ

太陽=sun=サン

静かにして=shh=シー

行くぞ=go=ゴゥ

ロックだぜ!=rock=ロック

ヒッチハイクする=hitch=ヒッチ

孵化する=hatch=ハッチ

ビリヤードのキュー=cue=キュウ

つまさき=toe=トウ

となっています。
ね、簡単でしょ(笑)

しかも、アクション付きで教えることになりますので、
覚えるほうも簡単に覚えられるようになっています。

いつか、そういう状況になったら、試してみて下さい。

ということで、外国人ダイバーと話をするなら、
共通の話題となる魚の英語名が200個も入っているこちらの本が便利です。


「さるでもわかるダイビング英単語」(99円、時々、無料)

[ 2015年04月27日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング英語 『CouldとWouldの違い』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

さて、本日のダイビング英語のコーナーは、
先日の記事の予告通り「Could」と「Would」の違いについてご説明します。

先日の記事にも書きましたが「Can」は「能力や可能性」を、
「Will」は「意志」を意味する助動詞です。

その本来の意味は、「Could」になっても「Would」になっても変わりません。

そして、この2つを使い間違えると、
決定的に変な文章になってしまう例文がありますので、
その例文を使って違いをご説明します。

その例文とは、プロポーズの言葉です。

英語のプロポーズ表現の定番は、「Would you marry me?」ですが、
これは、絶対に「Could you marry me?」とは言いません。

何故ならば「結婚してくれませんか?」とは、
100%、相手の意志を問う質問だからです。

「Would you marry me?」も「Could you marry me?」も、
日本語にすると「結婚してくれませんか?」と同じ文章になってしまいますが、
実は、全く意味が異なる文章となります。

「Could you marry me?」という質問は、
お互いに独身で、なおかつ、法律的に結婚できる年齢であれば、
結婚する意志がなくても「Yes, I could.」と答えることができる質問です。

つまり、「Yes, I could.」(そうね、物理的には結婚できないことはないけど)
「But, I wo'nt.」(でも、あなたとはするつもりはないわ)ということです。

「Could」と「Would」の違いが、明確になってきたでしょう?

「Could」は「能力や許可」を、
「Would」は「意志」を表現する丁寧語なのです。

このように「Could」と「Would」の本質的な意味を理解すると、
以下の例文が、丁寧な断り方だということが分かります。

「Will you go out tonight with me?」
(今晩、一杯やらないか?)

「I could, I would, but I can't.」
(可能であれば、そうしたいのはやまやまだけど、ダメなんだよ)

とはいえ、実際の会話の最中に、

「えーっと、これは能力に関わることだっけ? それとも意志に関わることだっけ?」

などと、悩んでいたら、話すタイミングを逸してしまいます。
「能力」よりも「意志」を尊重する方が丁寧な物の言い方なので、
わたしの場合は、ざっくりと、

「Would」>「Will」>「Could」>「Can」

の順番で丁寧な表現だと思って使うようにしています。

ちなみに、「Would you~?」は「ウッジュ~?」、「Would I~?」は「ウライ?」、
「Could you~?」は「クッジュ~?」、「Could I~?」は「クライ?」と発音するとラクチンです。


以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。
詳細は↓こちら^^




[ 2015年04月08日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング英語『キャンキャンは止めよう』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日のダイビング英語コーナーは、またまた脱線話ですが、
わたしが日本人の方の英語を聞いていて、気になることを書かせていただきます。

などと書きだすと、とっても偉そうに聞こえるかと思いますが、
わたし自身への自戒の意味も含めて書いておりますので、
ちょっとだけ、我慢してお付き合いいただけると幸いです。

わたしたち日本人は、世界でも有名な「英語が苦手な国民」です。
「R」と「L」の発音はごちゃごちゃになってしまいますし、
「th」や「v」の音は、「サ行」や「バ行」になってしまいます。

しかし、そんなことを気にする必要はまったくありません。
英語圏以外の外国人も、とんでもない発音で英語をしゃべっています。

たとえば、ダイビング先で知り合ったフランス人が、
「どうやって、リコンフィルメイシオンをしたらいいんだ?」
とわたしに訊いてきたことがありました。

「一体、このフランス人は何を言っているんだろう?」
と思ったのですが、よくよく話を聞くと、彼が言っていたのは、
「reconfirmation(リコンファメーション)=飛行機の便などの再確認」のことでした。

つまり、彼は、英語の発音ルールなどまったく無視して、
「reconfirmation」という英単語をフランス語読みしていたのです。

つたない発音は、英語を母国語としていいない以上、お互い様です。
お互いがお互いのつたない発音を聞き取る努力をすればいい問題です。

しかしながら、失礼な英語、あるいは、品がない英語は、
「日本人だから言い間違っている」と、好意的に受け取ってくれるとは限りません。

少なくとも、日本人として、あるいは、大人として、
失礼のない、上品な英語をしゃべりたいものです。

で、わたしが日本人の英語を聞いていて、一番、気になるのが「Can」の濫用です。

「Can」とは、そもそも、以下に続く動詞を行う「能力や許可」を意味します。

オバマ大統領の演説で有名なフレーズ「Yes, we can.」は、
「わたしたちには米国の将来を変える能力がある」という意味です。

しかしながら、この「Can」をわたしたちは間違って使いがちです。

たとえば、わたしたちは「あなたは英語を話せますか?」という意味で、
「Can you speak English?」という英語を使いがちですが、
実は、この英語は「あなたは英語を話す能力を持っていますか?」という意味になります。
能力を持っているかどうかを聞くなんて、失礼でしょう?

そういうときは、「Do you speak English?」を使うべきです。

逆に、「わたしは英語を話せません」という意味で、
「I can't speak English.」と言っている日本人も多く見かけますが、
これは、「わたしは英語を話す能力がありません」という意味で、
つまりは、「わたしは、どんなに努力しても英語を話すことができない馬鹿なのです」
と、うーんと卑屈に言っているようなものです。

そういうときは、「I don't speak English.」と言うべきです。

また、土産物屋などで、何かを値切ろうとしているときに、
店員さんに「Can you discount it?」と言っている人もいますが、
これも「あなたは値引きをする能力(=権限)を持っていますか?」となります。

アルバイトの店員さんであれば、間違った質問ではありませんが、
相手がその店の店主の場合は、かなり失礼な質問となります。

そういうときは「意志」を問う「Will」を使って、
「Will(Would)you discount it?」と言うべきです。
これなら、値引きをする意志があるかどうかの質問ですから、失礼にはあたりません。

かと言って、すべての局面で、
「Can」を使ってはいけない、ということではありません。

たとえば、エアコンの効いてないバスに乗っていて、
車内が蒸し暑いときに、意志を意味する「Will」を使って、
「Will I open the window?」と質問をすると、
「わたしは窓を開ける意志がありますか?」となり、

「いったいぜんたい、窓を開けたいのか、開けたくないのか?」
「しかも、あなたの意志を、なぜ、わたしに訊くのだ?」

と、意味不明の質問になってしまいます。

こういうときは、「Can I open the window?」と使っても構いません。
このときの「Can」は「能力」ではなく「許可」を求める意味になります。

しかし、この場合でも、初対面の人や目上の人には、
「Could I open the window?」と丁寧な表現の方が好ましいと思います。

それでは「Can」や「Will」を過去形にすると、
どうして丁寧な表現になるのでしょうか?

日本語では、語尾を「ですます調」に変えたり、
謙譲語や尊敬語を使ったりすることで、
相手との上下の距離感を伝えて丁寧さを表現します。

しかし、英語の動詞には「ですます調」のような語尾変化はありません。
また、謙譲語や尊敬語のボキャブラリーも日本語ほどはありません。

したがって、時制を使って、つまり、時間の差を使って、
距離感を伝えることで、丁寧さを表現するのです。

たとえば、魚図鑑で魚の写真を見せながら、

「Can you tell me the name of this fish?」

と聞くのは、「この魚の名前、教えてくれる?」ですが、

「Could you tell me the name of this fish?」

となると、「この魚の名前を教えてくれませんか?」となり、

「Will you go to sunset diving with us?」

は、「サンセットダイビングに一緒に行かない?」ですが、

「Would you go to sunset diving with us?」

となると、「サンセットダイビングに一緒に行きませんか?」となります。

しかし、ここで問題が発生します。
それは、日本語にしてしまうと、どちらも「~ませんか?」になってしまうことです。

この「Could」と「Would」の使い分け、
実は海河童もよくわかっていませんでした。

しかし、ある説明を聞いて「目からウロコが落ちた」状態になりました。
ということで、次回は「CouldとWouldの違い」をご説明をします。


以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。
詳細は↓こちら^^




[ 2015年04月06日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング英語『犬じゃないんだから』


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

さて、『さるでもわかるダイビング英単語』の無料キャンペーンは終了しましたが、
ダイビング英語コーナーの脱線話は今後も続けさせていただき、
バージョン・アップの際に、いくつかの脱線話をピックアップして、
『さるでもわかるダイビング英単語』に付録として再掲させていただくことにします。

ということで、先日のダイビング英語コーナーの脱線話では、
「子供じゃないんだから、大人の英語を使いましょう」というお話をしましたが、
今日の脱線話は「犬じゃないんだから」というお題です。

海外でダイビングに行く途中のボート上で、
こんな英語を使っている日本人がいて、ドキドキしたことがあります。

ダイビングポイントに移動中、急に降ってきた雨で、
ボートの後方に座っていた外国人ダイバーがびしょ濡れになって、
ブルブルと寒そうにしていましたときのことです。

すると、ボートの前方、屋根が架かっているシートに座っていた日本人ダイバーが、
親切にも座席を詰め合って、空いたスペースを指さしながら、こう呼びかけました。

「Sit down, please.」

この瞬間、わたしは、
「やばっ、喧嘩にならなければいいんだけど」と天を仰ぎました。

せめてもの救いは、語尾に「please」を付け加えていたことと、
相手が英語を母国語とするダイバーではなかったということです。

どうしてわたしがドキドキしたかと言うと、
そもそも、「Sit down.」という英語は、

たとえば、「おあずけ」が待ちきれなくて、
目の前のドッグフードに口を付けようとしている犬に対して、
飼い主が「お座り!」と命令するときに使ったり、

あるいは、始業のベルが鳴っても、ウロウロ、ざわざわしている小学生に対して、
しびれを切らした学校の先生が、教壇をバンと叩いて「座りなさい!」と怒鳴ったり、

さらには、酒場で口論をしている最中に、かっとした相手が立ち上がりかけたときに、
ドスをきかせた声で「いいから、座ってろよ、この野郎!」と脅すために使う言葉です。

確かに、わたしたちは中学校の英語の授業で、
「座る」は「Sit down.」だと教わりましたが、
「Sit down.」は、対等の立場にある大人同士が、冷静な状況で使う言葉ではありません。

上下関係がハッキリしているときの「命令」や「怒り」、
あるいは、対等な関係の場合は、「脅迫」といった感情と共に使う言葉です。

いくら「please」を語尾に付けたとしても、
「座れよ、この野郎! ど~ぞ」という風に、
ちょっと皮肉交じりに言っているようにしか聞こえません。

ということで、本日のお話のまとめです。

相手が犬でない限り、「Sit down.」を使うのはやめておきましょう。

ちなみに、大人の英語では、
「Sit down.」は、「Have a seat.」と言います。

簡単な英語なので、ぜひ、覚えておきましょう。


以下、2015年7月追記
この「ダイビング英語」のコーナーを再編集して、
『さるでもわかるダイビング英単語』という本を出しました。
詳細は↓こちら^^




[ 2015年04月03日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)

『さるでもわかるダイビング英単語』 無料キャンペーン終了しました!


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

3月26日の午後5時からはじまった
『さるでもわかるダイビング英単語』の無料キャンペーンですが、
大好評を博しながら、本日の午後4時59分をもちまして終了となりました。

最終的な結果は、

3月26日:58ダウンロード
3月27日:156ダウンロード
3月28日:89ダウンロード
3月29日:47ダウンロード
3月30日:31ダウンロード
3月31日:17ダウンロード

と、おかげさまで、累計398ダウンロード! となりました。
ありがとうございます。

つきましては、ダウンロードいただいたダイバーのみなさまにお願いがあります。

『さるでもわかるダイビング英単語』は、
常に『進化し続けるKindle本』にしたいと思っています。

ということで、本書をお読みいただいたみなさまからの、

「どーして、この魚の英語名が載ってないんだ?」

といった、魚の英語名のリクエストや、

「ここは、こういう風にした方が、使い勝手がいいんじゃない?」

といった、ご意見やご要望を広く募集しております。

お寄せいただいた、リクエスト、ご意見、ご要望について、
すべてにお応えできるかどうかはお約束できませんが、
できる限り反映をしてバージョン・アップをしていきたいと思います。

※リクエスト、ご意見、ご要望は、本書に記している海河童のメールアドレス宛て、
  もしくは、このブログのメールフォーム、または、当記事のコメント欄にお寄せください。

そうやって、バージョン・アップを繰り返しながら、
90日毎に無料キャンペーンを実施していきたいと考えております。

次回のバージョン・アップ、ならびに、無料キャンペーンは、
6月の下旬を予定しております。

みなさまのご協力をお待ちしております。


【言い訳のような追記】

本書をスマートフォンなどの小さな画面で、文字を大きめに設定した場合、

キヘリモンガラ
= 「  Yellowmargin
triggerfish  」 or
「 Yellow triggerfish」


のように表示されることがあります。

これは、以下のように、

キヘリモンガラ
= 「Yellowmargin trigge
rfish」 or 「Yellow trigger
fish」


英単語が途中で改行されないように、
Kindleアプリが文字間隔を調整してしまうからです。
※したがって、文字の大きさを小さくすると解決します。

この問題に対する「技術的な解決方法」は、
今現在、存在するのかどうかも分かっていません。

ということで、スマートフォンなどで大きめの文字で読もうとすると、
ちょっともやもやする表示になってしまいますが、ご容赦いただけると幸いです。

[ 2015年03月31日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング英単語 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数808本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム