『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもわかるダイビング用語

鼻呼吸もできるシュノーケリング用マスク「忍者マスク」ってどうでしょう?


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

たまには、キンドル関連の記事ばかりでは、ブログタイトルが「羊頭狗肉」になりそうなので、今日は久しぶりにダイビング関連ネタを。

先日、ネット上で、ちょっと変わったシュノーケリング用のマスクを見つけました。

その名も「H2O Ninja Mask」、つまり「忍者マスク」です。
どうやらアメリカはハワイ製の商品らしく、商品名の由来は「水遁(すいとん)の術」でしょうか?

詳しくはこちらのページで動画付で紹介されていますが、顔全体をガバッとおおう形のシュノーケルと一体になっているマスクです。


誇らしげに謳いあげている特徴は3つですが、どれもダイバーからすると「???」と首をかしげるものばかりです。

1:「自然な呼吸で不快感なし」

従来のシュノーケリングマスクと比べ、「H2O Ninja Mask」はフルフェイスタイプである点が大きく異なる。顔全体を覆ってくれるので、マウスピースをくわえる必要がなくなり、地上でする呼吸と同じように水中でも呼吸ができるのだ。

要は「鼻呼吸もできる=地上でする呼吸と同じ」とのことですが、口だけで呼吸するって、そんなに不快なのでしょうか?


2:「広くクリアな視界を確保」

さらに重要なのがその視界の広さだ。「H2O Ninja Mask」はフルフェイスタイプのため、視界を180°に広げてくれる。これによって、海の様子が良く見えたり、仲間の表情も把握しやすくなるなど、よりシュノーケリングが楽しくなりそうだ。

いやいや、視界の広さは、目からガラス面への距離によって決まるのですが……、この形状を見る限り、それほど視界が広いとは思えません。

また、従来のシュノーケリングマスクよりも曇りを軽減し、視界をクリアに保ってくれるのもうれしい。

マスク内で呼吸を(しかも鼻呼吸まで)する限り、呼気に含まれている湿気で、絶対に曇ると思いますけど!


3:「顔が濡れないマスク」

「H2O Ninja Mask」を装着していれば、顔に水がかからないのも利点の一つに挙げられるだろう。水中にいるのに顔が濡れない、というのは少し違和感を覚えるかも知れないが、クラゲやウミヘビなどから身を守るためにも肌の露出はなるべく控えたい。

一見、理にかなっているように思えますが、じゃあ、手や足はどうするの?
フルスーツでシュノーケリングをするのであれば、ウェイトを付けないと潜れませんよ?

女性ならば気になるメイクについても、崩れることを気にせずに楽しめるだろう。またヒゲを伸ばしている男性も、「H2O Ninja Mask」なら問題なく装着し潜れるという。オシャレを我慢せずシュノーケリングを楽しめるのは嬉しいメリットだろう。

おいおい、シュノーケリングのときくらい、ノーメイクで遊んだらいいんじゃないの?
それに、髭オヤジもフツーのマスクで何の問題もありませんよ!


さらには、冒頭には、こんな宣伝文句が述べられています。

泳げない人でも楽しめるマリンスポーツといわれている、シュノーケリング。スキューバダイビングとは異なり、浅瀬で潜るため酸素ボンベも不要。また、免許も不要なので気軽に挑戦できるところが魅力となっている。

はい、タンクを「酸素ボンベ」、Cカードを「免許」と、もれなく間違えてくださっています(笑)


こんなにビミョーな商品ですが、正規輸入品は、15499円というとんでもない値段です。


パチ物で良ければ、3000円から4000円程度で同じものがあるようです。
  

ということで、鼻呼吸であっという間に曇ってしまうマスクをご希望の方以外は、わたしたちダイバーが使っている同じマスクと同じシュノーケルを使うようにしましょう。

さらには「酸素ボンベ」のように、ダイビングを知らない方が間違えやすいダイビング用語を正しく解説している
『さるでもわかるダイビング用語集』は、こちらから、どうぞ。
本の横(ずっと無料)

こちらの本は、唯一のレビューによると、ダイビングを知らない人にとっては全然面白くもなく、経験者にとっては参考になる情報もなく、つまり、誰にも需要の無い本と酷評されながらも、累計260冊以上のダウンロードをいただいているキンドル史上最高の 駄作 です。

果たしてどれだけの 駄作 なのか、どうせタダです、みなさまの目でお試しください。

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2017年05月18日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)

新刊本『さるでもわかるダイビング用語集』無料で発売中です!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

本日は、海河童にとっても、みなさまにとっても、大変、嬉しいお知らせがあります。

本ブログの『さるでもわかるダイビング用語』のコーナーでご紹介したダイビング用語を、改めて、加筆修正をして1冊にまとめあげた『さるでもわかるダイビング用語集』(まんまやんけ!)という本を、『さるでも』シリーズ・番外編の第2弾として、キンドルより出版を開始いたしました。



ダイビングの世界には、ダイビングを知らない方からすると、なんのことやら、想像もできないようなダイビング用語があふれています。

本書では、そんな謎だらけのダイビング用語から50個を選び出し、35歳でダイビングをはじめて、経験本数800本の海河童が、ダイビングのことをまったく知らない方でも理解できるようにと、ていねいに、かつ、面白おかしく解説をしております。

ダイビングをはじめてみたい方はもちろんのこと、ダイバーの方であっても、笑いながらダイビング用語が学べます。

しかも、今回の『さるでもわかるダイビング用語集』は、5日間の無料キャンペーン期間限定ではなく、なんと、ずっと、無料本 です!

この機会に、ダイビングにご興味のある方はもちろんのこと、ダイバーの方も、「なにせ無料(タダ)ですら)」、ぜひぜひ、ダウンロードをしてください。

さらに、この本の読者の方には、特別な特典もご用意しております。
(特典の中身は ひ み つ です!)

『さるでもわかるダイビング用語集』のダウンロードは、
こちら↓から、どうぞ
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2016年12月09日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング用語 クリーニングフィッシュ


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今回のダイビング用語は「クリーニングフィッシュ」です。

これは、読んで字の如くなので、
解説の必要もないかと思いますが、

実は、海の中にも、
「白洋舎」に勤めている魚がいます。

スーツ上下は、1800円、
ワイシャツ一枚なら、350円で、
預けた翌々日までに、綺麗に洗濯をしてくれる魚たちです。

って、そんな訳ありません><

クリーニングフィッシュとは、
他の魚の体に着いた寄生虫などを、
エサとして、ツンツンと突いて掃除をする魚の総称です。

ダイビング中に見ることができる、
代表的なクリーニングフィッシュとしては、
体長10センチほどの「ホンソメワケベラ」という魚がいます。

他の魚たちは、ホンソメワケベラを見ると、
掃除をしてもらうために、嬉しそうに近づいていきます。

寄生虫はエラや口の中にも付きますので、
大きくエラを広げたり、「あ~ん」と口を開けて、
ホンソメワケベラが掃除をしやすいようにしている姿は、
見ているこちらも「頬が緩むほど」気持ち良さそうです。

普段は小魚を食べてしまう魚であっても、
ホンソメワケベラだけは、捕食することはありません。
まさに、共存共栄ということです。

しかーし、海の中には、
とんでもなくずる賢い奴もいます。

ホンソメワケベラは、頭を斜め下にさげて、
くねくねと独特な泳ぎ方をするのですが、
姿かたちに、色も模様も、そっくりなうえに、
この泳ぎ方までマネをする「ニセクロスジギンポ」という魚がいます。

ホンソメワケベラと間違えた他の魚が、
近づいてきて、掃除をしてもらおうとすると、
パクッとヒレを食い千切って逃げてしまいます。

いやはや、海中の世界の生存競争も、
なかなか、厳しいものがあるようです。

ということで、

「ホンソメワケベラって、英語でなんて言うんだろう?」

「ニセクロスジギンポは、どう言うの?」

と思ったダイバーの方は、
どちらの英語名も載っているダイバー必携の本、『さるでもわかるダイビング英単語』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^

本の横


※2016年12月8日追記

さらに、このコーナーでご紹介したダイビング用語を1冊にまとめ上げた『さるでもわかるダイビング用語集』
こちらは、キンドルから、無料で出版しております。

『さるでもわかるダイビング用語集』のダウンロードは、
こちら↓から、どうぞ
本の横(ずっと無料)

引き続き、
海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2016年04月02日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング用語 ジャックナイフ


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日は久しぶりのダイビングネタで、
ダイビング用語コーナーです。

で、今回のダイビング用語は「ジャックナイフ」です。

ジャックナイフといえば、
折り畳み式の小型ナイフのことですが、

トレーラー車が急ブレーキや急ハンドルをしたときに、
トラクター(運転席)とトレーラー(荷台)が、
くの字に折れ曲がる現象を指したり、

オートバイやマウンテンバイクなので、
前輪に急ブレーキをかけて、体重を前にかけ、
後輪を浮かせる技の名前でもあります。

そして、ダイビングの世界では、
水面で腰を折って、頭を下にして、
フィンキックをしながら、ヘッドファーストで潜行することを指します。

ダイビングにおける潜行は、
足から沈んでいく「フットファースト」が基本ですが、
流れが激しい場合に、チームがバラバラにならないように、
ジャックナイフで潜行することが求められることもあります。

しかしながら、流れが、さらに「激流」の場合は、
ジャックナイフ以上に、素早く潜行する必要があります。

マラトゥア島での激流ダイビングでは、
エントリーの前に、BCジャケットのエアを全部抜いて、
バックロールで着水した直後に、そのままヘッドファーストでエントリーをしました。

そんな、マラトゥア島での「激流ダイビング」の話も入っている
『だからダイビングはやめられない4:ゆかいな仲間たち編』
海河童本舗より、好評発売中です。

お買い求めは、
こちら↓から、どうぞ^^
本の横


引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2016年02月15日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)

ダイビング用語 曇り止め


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

『さるでもできるKindle電子出版』が『ベストセラー1位』になったことで、
すっかり浮かれてしまっている海河童ですが、
本日は、このブログの原点に立ち戻って、ダイビング用語のお話をいたします。

で、今回のダイビング用語は「曇り止め」です。

ダイビングとは、ひと言でいうと、
海という大自然の中で遊ばせてもらうレジャースポーツです。

しかしながら、自然は、
人に優しいときばかりではありません。

それどころか、
命のかかわるほど、
厳しい顔を見せることもあります。

したがって、ダイバーは、
自然のコンディション、特にお天気に気をつかいます。

とはいえ、たとえ雨が降っていたとしても、
どうせ海の中に入ればびしょ濡れですから、
ダイバーは雨を厭うことはありません。

もちろん、雨天よりは晴天の方が嬉しいので、
曇っているときは、雨が降らないように、
特別なお祈りをする習慣があります。

そのお祈りのことを「曇り止め」と呼びます。

ダイバーならではのお祈りの作法は、
漫画の中で、カエルが蓮の葉を傘代わりにするように、
フィンを2枚、傘代わりに頭に乗せて、
静かに「雨が降りませんように」と3回唱えます。

そうやって、曇天に向かって、雨が降らないように、
「曇ったままでいてください」という気持ちを、
「曇り止め」というお祈りで大自然の神様に捧げるのです。

って、嘘です><

そんなことをしているダイバーは、
当然のことながら、ひとりもいません。

「曇り止め」とは、
ダイビング中にマスクが曇ってしまうことがあり、
それを防ぐために、エントリーの前に行うことです。

具体的には、曇り止め専用の液体や、
台所用の中性洗剤をマスクの内側に塗ってから、
ダイビング中に目が沁みないように、
海水で洗い流して終了です。

専用の液体や中性洗剤がない場合は、
自分の唾液を「ペッペッ」とマスクの内側に吐きかけます。

ということで、ダイビングの前に、
ダイバーがマスクに唾を吐きかけていても、

「汚~い」

なんて、毛嫌いをしないでください。


この記事をお読みの方は、こちらの記事もオススメです。

ダイビングライセンスの取得方法

ライセンス取得前の体験ダイビングは必要?

取得すべきダイビングライセンスの種類は最大3つ

ダイビングをはじめたら最初に買うべき3点セットの選び方

ダイビングのフィン選びは試行錯誤

初心者必見!ダイビング中の耳抜きは簡単にできる

ダイバー必読! ウェットスーツを簡単に着用する裏技

ダイビング用のキャリーバッグはどれがいい?

ダイビングの漂流事故を防ぐ【必携セーフティ・グッズ】

ダイビング中にサメに遭ったらどうするの?


さて、最後に少しだけ宣伝にお付き合いください。

わたしは、「海河童(うみかっぱ)」というペンネームで、Amazonから個人出版でKindle本を出しておりますが、その中の1冊に、ダイビング用語を解説した『さるでもわかるダイビング用語集』という本があります。

ただし、こちらの本に関しては、できるだけ多くの方にお読みいただきたいとの思いから、無料でご提供をしております。

もし、ご興味がございましたら、この下の本の表紙をクリックして、
Amazonのページから無料でダウンロードをしていただけると、幸いです。



とはいえ、「キンドル端末を持っていないから……」とお思いの方、Kindleアプリ(無料です)をダウンロードすれば、お手持ちのスマホやタブレット端末でお読みいただけます。

スマホやタブレット端末でのKindle本の読み方は、こちらのページで解説をしております。

スマホやタブレット端末を使ってKindle本を読む方法

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

[ 2016年01月28日 21:00 ] カテゴリ:さるでもわかるダイビング用語 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム