『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  ノン・ダイバーからの珍問

息を止める!?


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

本日は、久しぶりの「ノン・ダイバーから珍問」です。

以下は、とあるノン・ダイバーと海河童の会話です。

「河童さんは、ずいぶんとダイビングをしているんですよね?」

「そうですね、ダイビングをはじめてから、かれこれ、もう18年ですかね……」

「ということは、水中で、ずいぶん長く息を止めることができるんですよね?」

「いやいや、ダイビング中は息を止めたりはしませんよ」

「えー、でも、水中で酸素がなくなったら、息を止めて上がるんでしょう?」

「……」

どうやら、この方は、
ダイビング中にタンクの空気が無くなってしまったら、
息を止めて水面まで上がらないといけないと思っているようです。

したがって、ダイバーたるもの、
長い間、水中で息こらえができるはずだと思っているのでしょう。

しかしながら、ダイバーはダイビング中に、決して息を止めることはありません。
むしろ、息を止めることは「してはいけないこと」として教えられます。

特に、息を止めたまま、水深を上げること、
ましてや、浮上することは「厳禁」とされています。

これはいつかの記事にも書いた覚えがありますが、
水深10メートルのダイバーはレギュレーターという特殊な器材を通して、
タンクから2気圧の空気(酸素ではありません)を吸っています。

そして、そこから息を止めたまま、水面に上がってしまうと、
水面は地上と同じ1気圧ですから、肺に入っている空気は2倍に膨張してしまいます。
結果、肺が破裂してしまって、血管中にその空気が入り血流を止めてしまいます。

これは、エアー・エンボリズムと言って、
ダイビング中に起こり得る悲惨な事故のひとつにあげられています。

そもそも、ダイバーはダイビング中はタンクの空気が無くならないように、
自己責任で残圧計をチェックしながら潜ることが義務付けられています。

万が一、空気が無くなってしまった場合でも、
一緒に潜っているダイバーの予備のレギュレーターから空気をもらうことになっています。

従って、ダイバーであるからという理由で、
水中で、長い間、息を止めていられるわけではありません。

[ 2014年12月01日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(0)

泳げないけど、ダイビングって出来ますか? その③


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

昨日のブログでの海河童の主張
「ダイバーは水面上で泳げる能力があった方がいい」に対して、

「でも、水面でもダイビング器材を付けているから、泳げなくても大丈夫なんじゃないの?」

と、思われている方もいらっしゃるかと思います。

確かに、BCジャケットにエアを入れれば、浮力は確保出来ます。
タンクにエアが残っていれば、レギュレーターで呼吸も出来ます。
エアが無くなっても、シュノーケルを使えば「息継ぎ」は必要ありません。

最悪の場合は、タンクごとBCジャケットを脱ぎ捨てて、
ウェットスーツの浮力でシュノーケリングをすればいい訳です。

でも、冷静に考えてみて下さい。
普段は泳げないという人が、非常事態に、
シュノーケリングで100メートルとか200メートルとか、泳げますか?

また、ボートダイビングでは、
波があるときは、BCジャケットを脱いで、先にボートにあげることがあります。
同時に、ウェイトやフィンもボートにあげることもあります。

その瞬間に、運悪く流されてしまったら、
ウェットスーツとマスク&シュノーケルしかありません。

フィンが無ければ、クロールなり平泳ぎなり、バタフライなり、
こんな状況でバタフライをする人はいないと思いますが……
とにかく、泳いでボートに戻らないといけません。

もっと最悪の状況も考えてみて下さい。
もし、ボートダイビングでボートからはぐれて、漂流してしまった場合、
1時間とか2時間、あるいはもっと長い間、水面を漂うことになるかもしれません。

そんな状況では「泳げる」という自信が、
平静さを保つための重要な要素となってきます。

実際、もっともCカードの発行数が多いダイビングの指導団体「PADI」では、
オープン・ウォーター・ダイバー・コースの受講者は、プール講習の際に、

①ダイビング器材を使わないで10分間の立ち泳ぎ
②ダイビング器材を使わないで200メートル泳ぐ、もしくは、3点セットを使って300メートルを泳ぐ

の両方の「泳力確認」をクリアすることになっています。

しかし、多くのCカード講習では、
「そもそも、ダイバーになろうと思っている人は、最低限、それくらいは出来るに違いない」
という前提の元、この「泳力確認」を省略しています。

実際、海河童がCカード講習を受けたときも、
PADIが規定している「泳力確認」は行われませんでした。

ダイビングをしてみたいと思っている方は、
自衛のためにも、事前に、自分で「泳力確認」をしてください。

海河童は「泳げないならダイビングはやめておきなさい」と言いたいのではありません。

「泳げないなら、泳げるようになってから、ダイビングをしましょう」と言いたいのです。

泳げるようになるための努力は、
ダイビングを始めれば、必ず、報われると思います。

そんなダイビングの魅力については、
「だからダイビングはやめられない」を参考にしてみてください。
って、おいおい、最後は自分の本の宣伝かよ!

[ 2014年09月13日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(0)

泳げないけど、ダイビングって出来ますか? その②


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

今日は、海河童が泳げない人に対して、
何故、ダイビングを「自信を持って」おススメできないのか、
海河童なりの考えを書いてみたいと思います。

そもそも、「泳げなくても大丈夫ですよ!」
と言っているダイビング業界の人たちの論拠は、
※もちろん、そうではないダイビング業界の人たちもいますが…

ダイビング器材を装着して、水中を潜るために必要な能力と、
水着だけで水面を泳ぐために必要な能力はまったく違うものである。

ということです。

とあるダイビングサービスのホームページには、
「泳げなくても大丈夫ですか?」という質問に答える形で、

泳げなくても大丈夫です。
泳げない方のほとんどが息継ぎが出来ずに泳げないという方が多いです。
ダイビングはタンクの空気を使用するので息継ぎの必要はありません。
また、ウエットスーツを着用して潜るので、沈むことはありません。
安心して水中世界を体験して下さい!


などと、爽やかなインストラクターが、
日焼けした精悍な顔に笑顔を浮かべた顔写真付きで、堂々と書いています。

海河童がそういう話を聞いたときにする反論は、
「さるでもできるダイビング」 にも書いていますが「飛行機」の例え話です。

飛行機は空を飛ぶためのものですが、
空を飛べる能力だけがあればよいものではありません。

離陸するためにも、着陸するためにも、
陸上を高速で走る能力が必要となります。

ダイバーもまったく同じで、
ダイビングを始める前にも、ダイビングを終了してからも、
岸まで、あるいは、ボートまで、水面を移動する能力が必要です。

そして、飛行機の事故がもっとも多いのが、
離陸するときと、着陸するときでであることと同様に、

ダイビングの事故も、
ダイビングを始める前と、ダイビングを終了してからの、
水面上で起こることが多いのです。

海河童が「ダイバーには水面上で泳げる能力があった方がいい」
と主張する理由、ご理解いただけたでしょうか?


[ 2014年09月12日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(0)

泳げないけど、ダイビングって出来ますか? その①


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

ダイバーでない方からの質問で、もっとも多いのは、

「泳げないけど、ダイビングって出来ますか?」

という質問では、ないでしょうか?

海河童は、この質問を何度もされた経験があります。

その度に、せっかくダイビングに興味を持ってくれている相手に対して、
「泳げないなんて、とんでもない!」と即座に却下する訳にもいかず、
かといって、「平気、平気、ぜんぜん大丈夫ですよ」と安請け合いをする訳にもいかず、
海河童は「えーっと、えーっと、うむむ」と口ごもってしまいます。

ダイビングを始めようとしている人が、ネットで検索したりすると、

「泳げなくても大丈夫です!」

と堂々と謳っているダイビングサービスのホームページがヒットしたりしますし、
海河童自身も、いろいろなところで一緒に潜ったダイバーから、
「実は、泳げないんです」という話を聞かされて、「ホントですか!」と驚いたこともあります。

実際には「泳げない」のに、ダイビングがとっても上手なダイバーはいます。

しかし、海河童は、残念ながら、
泳げない人に「自信を持って」ダイビングをおススメすることはできません。

ましてや、自分の友人・知人に対しては、口が裂けても、

「泳げなくても、ダイビングは出来ますよ」とは言えません。

何故なら、「泳げなくても大丈夫です!」と言っているダイビングサービスであっても、

「泳げなくても、安全に ダイビングすることは出来ます!」とは、

決して言えないはずであることを知っているからです。

その理由については、明日以降、しつこく、お話をしたいと思います。

[ 2014年09月11日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(2)

水圧について


ご訪問ありがとうございます、海河童です。

昨日は、浮力についてお話をしましたが、
ノン・ダイバーの方が分かり難い話に「水圧」というものがあります。

海の中を、10メートル、20メートル、30メートルと潜るダイバーでも無い限り、
日常生活では、水圧なんて関係ないので当然だと思います。

しかし、日常生活でもわたしたちは1気圧という圧力を受けています。
これは大気圧というものです。

空気にも重さがありますので、ずっとずっと頭の上からの空気の重さが、
地上のわたしたちに1気圧という圧力をかけているのです。

そして、水は空気よりもずっと重いので、
たった10メートルの深さで、大気圧と同じだけの圧力がかかります。
つまり、もともとの大気圧1気圧+水の圧力1気圧分となり2気圧です。

水深20メートルでは1+2で3気圧。
水深30メートルでは1+3の4気圧もの圧力がかかります。

これがどのくらいの圧力かと言うと、
空気を入れたペットボトルをもって潜ると分かります。←って、やったことはありませんが^^

ペットボトルの空気は地上で入れたので1気圧の空気です。
潜って行くにつれ、ペットボトルは水圧に押されて、ペコペコと凹み始めて、
たぶん、10メートルも行かない内に、ベコンと壊れるはずです。

じゃあ、どうして人間はベコンと壊れないかというと、
人間の体の60%は水分でできているからです。

さきほどのペットボトルに水を入れた場合は、
10メートル潜っても、20メートル潜っても、30メートル潜っても、
ベコンと壊れることはありません。

今度は、逆に、水深30メートルで、
そのペットボトルに、レギュレーターの空気を入れてみましょう。
水深30メートルでレギュレーターから出る空気は4気圧の空気です。

4気圧の空気を入れたペットボトルを手から離すと、
どんどんと上昇をして、あっという間にパーンと破裂します。

同じことがダイバーでも起こります。
水深30メートルで空気を肺にいっぱいに吸って、
そのまま息を止めて浮上をしたら、
水面に着くときには、肺の中の空気は4倍に膨れ上がってしまいます。
当然、水面に着く以前に、どこかでパーンと破裂します。

「急浮上が厳禁」というダイバーの掟の理由はこういうことなのです。

ということで、

「わたしもダイビングをはじめてみたい!」

と思われた方は、
ダイビングをはじめるにあたって、
絶好のガイドブック『さるでもできるダイビング』がオススメです。

これから、Cカードを取ろうという方は、
こちら↓を、お買い求めください。
本の横

Cカードを取ったばかりの方、
あるいは、ブランクダイバーの方は、
こちら↓を、どうぞ。
本の横

また、器材の購入を検討なさっている方は、
こちら↓を、ご参考にしてください。
本の横

さらには、上記3冊をまとめたお得な合冊版は、
こちら↓から、どうぞ。
本の横

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。


[ 2014年07月24日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(0)

いつも何分くらい潜るんですか?

ご訪問ありがとうございます、海河童です。

みなさまも経験があると思いますが、
ノン・ダイバーの方とダイビングの話をしていると、
どう答えるべきか悩む、ビミョーな質問をされることがありますよね?

例えば、こういう質問です。

「ダイビングって、いつも何分くらい潜るんですか?」

う~ん、何分と聞かれても……

しかも、この質問って、意味が分かりません><

いや、もちろん、「どのくらいの時間、潜っているのですか?」
という質問だということは分かりますよ。

わたしが分からないのは、「質問者の意図」です。

長く潜っていると感心してもらえるのか?
もしそうだとしたら、どのくらいを長いと思ってもらえるのか?

相手が喜ぶ答えをしたがるサービス精神が旺盛な海河童なので、
ついつい、そういう風に考えてしまうんですよ。

で、結局は、「まあ、普通は45分前後ですかね」って、
フツーに答えるんですが、そうすると、

「一番、長く潜っていたのはどのくらいですか?」

ああ、やっぱり、長く潜っていたら感心しようと思ってたんだ?
だったら、最初からそう聞きなさいよ、と思いつつも、

「そうねえ、1時間以上潜ることもあるけど……」

って、答えると、

「へぇ~」

と、気の抜けた反応が返ってきます><

いったい、どのくらい長く潜っていたら
「へぇーーーー!!!」って感心してもらえたのでしょうか?

そもそも、長く潜ることは、別にエラクも何ともありませんけど。
タンクが空になったら上がるだけですよね。

ちなみに、ログブックを調べてみたら、
今までのダイビングで、一番長く潜っていたのは、

八丈島のナズマドと、
ガラパゴスのイスラ・イザベラ、
そして、カパライ島のハウス・リーフで、

3回とも74分のダイビングでした。

みなさまの、最長記録は何分ですか?

[ 2014年05月01日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(2)

国際C級ライセンス

ご訪問ありがとうございます、海河童です。

みなさまも経験があると思いますが、
ノン・ダイバーの方とダイビングの話をしていると、
根本的な勘違いをベースに、質問をされることがありますよね?

例えば、こういう質問です。

「海河童のダイビングの免許って、どのレベル?」

この質問者の頭の中には、

「モーターポーツのA級ライセンスのようなものが、ダイビングの世界にもあるに違いない」

という、大いなる誤解が占められているようです。

いやいや、そもそも免許なんて持ってないし……

「ダイビングのライセンスは、Cカードといって、実際は免許じゃなくて……」

って話から始めないといけないので、面倒ですよね?

昔は、いちいち、そこから説明していたのですが、
最近は面倒なので、こう答えるようにしています。

「国際C級ライセンスです!」

「へぇ~、すごいね!」

「すごいでしょう? 世界中どこでも潜っていい免許だよ」

「でも、C級ってことは、BとかAとかもあるの?」

「もちろんありますよ。B級はガイドが出来る免許で、A級はインストラクターが出来る免許で、
 このレベルはダイビングを仕事にしている人が持っている免許だよ」

「へぇ~、そうなんだ」

ということで、皆様の周りのノン・ダイバーで、
ダイビングの免許のことを「国際C級ライセンス」と言っている人がいたら、

それは、海河童のせいです、ごめんさない><

まあ、今日はエイプリル・フールということで、ご容赦ください(笑)
[ 2014年04月01日 09:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(0)

何メートル潜るんですか?

ご訪問ありがとうございます、海河童です。

みなさまも経験があると思いますが、
ノン・ダイバーの方とダイビングの話をしていると、
どう答えるべきか悩む、ビミョーな質問をされることがありますよね?

例えば、こういう質問です。

「だいたい何メートルくらい潜るんですか?」

ね、みなさんもあるでしょう?

ダイバーにとってはあまり意味のない質問である上に、
この質問をしている人が期待している返事は、
40メートルとか50メートルとか、100メートル! とかの答えです。

明らかに、「深ければ深いほどスゴイ」 と思っているのです。

「うーんと、普通は30メートルくらいまでだけど……」

「へぇ~、で、一番、深く潜ったのは何メートルですか?」

いや、だから、深く潜ることはエライことでも何でもないんだけど……

「深場に大物がいたら、40とか50まで追っかけることもあるけど、
10メートル前後の方が海の中も明るくて、魚もいっぱいいるから……」

「へぇー、50メートル 潜るんだ?」

だ か ら 、深く潜ることが凄いことじゃないんだってば……

だんだんと疲れてくるのは、海河童だけでしょうか?

ちなみに、海河童が一番深く潜ったのは、
シパダン島のバラクーダポイントで、深場のハンマーを追った時だと思います。

その時は、夢中で追っかけていたので、水深を気にしていなかったのですが、
何だか、妙に体の周りの海水がねっとりとした感じになって、

「ジリジリジリジリジリー!!!」

と、頭の中で黒電話が鳴り響きました。
ハッと我に返って、水深計を見ると、

65メートルでした><

慌てて、BCにエアーを入れて水深を上げた覚えがあります><
[ 2014年02月19日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(0)

酸素ボンベも持って行くの?

ご訪問ありがとうございます、海河童です。

みなさまも経験があると思いますが、
ノン・ダイバーの方とダイビングの話をしていると、
思わず絶句するような質問を受けることがありますよね?

例えば、こんな感じです。

「海外でダイビングをするときって、器材を全部、持って行くんですか?」

「う~ん、現地でレンタルって手もあるけど、普通は、全部、持って行きますよ」

「え~!? じゃあ、酸素ボンベ とかも持って行くんだ、大変でしょう?」

「……」

いやいや、あの中に入っているのは酸素じゃなくて空気です。
高圧力の酸素なんかを吸っちゃったら、死んじゃいます!
でもって、あれはボンベじゃなくてタンクですから!!!

どうも、ダイビングを知らない方は、
ダイバーってのは、タンクも個人で所有していると思っているようです。

あんな重い物まで自分で持って行ったら、
どうやったって、手荷物の重量制限を超えてしまいます><

こういう質問をされると、
ボンベじゃなくてタンク……ってところから説明しないといけないので、
ついつい、面倒になってしまい

「もちろん、酸素ボンベ も持っていきますよ」

「しかも、1週間で30本は潜りますから、酸素ボンベも30本です!

と、答えてしまうのは、海河童だけでしょうか?


[ 2014年02月13日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(2)

ダイバーは、サメって怖くないんですか?


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今日はダイビングにまつわるお話です。

「この前のダイビングでハンマーヘッドシャークの群れに出会ってさ」

「えー、羨ましい、それってどこでダイビングをしたときの話?」

ダイバー同士の会話であれば、
このように、大いに盛り上がる話題ではありますが、
同じ話をダイバーでない人に話をすると、反応がまったく逆になります。

「それって、あの金槌みたいな形の頭をした凶暴なサメのことでしょう? 怖かったでしょう?」

どうもダイバー以外の人の頭の中には、

「サメ=海のギャング」とか「サメ=ジョーズ」といった固定観念があるようです。

しかし、ダイバーにとって、サメはそれほど怖い存在ではありません。

それどころか、ハンマーヘッドシャークの群れであれば、
ダイビングで見たいシーンの上位にランキングされるほどです。

サーファーがサメに襲われたとか、
漁師さんがサメに襲われた、
という話はたまに聞くことはありますが、
ダイバーがサメに襲われたという話は、ほとんど聞いたことがありません。

その理由として考えられるが、サーファーは水面でパドリングをするからだといわれています。
なぜならサメはもちろん魚の中では俊敏なほうですが、他の魚も充分に俊敏です。
したがって、サメが狙うのはまずは弱っている魚です。
魚は弱ってくると、浮き袋での浮力調整がうまくできなくなり水面に浮いてしまいます。

水面でパドリングをしているサーファーは水中から見ると、
逆行でシルエットでしかみえませんので、
大きな魚が弱って水面でバタバタとしているように見えるのです。

またサメは怪我をして弱っている魚も狙いますので、血の匂いに敏感に反応するともいわれています。
漁師さんが銛や水中銃で漁をすると、魚の血が水中を漂います。
その血の匂いに反応して興奮したサメが漁師さんを襲ったりするといわれています。

一方、ダイバーは動きこそは俊敏ではありませんが、
フィンまで含めると全長2メートル近くなり、海の中ではかなり大型の生き物となります。
ほとんどサメと同じくらいの大きさといってもいいでしょう。

しかも、ブクブクと泡を吹きながら泳いでいるあまり見かけない不気味な生き物です。
そんなダイバーに対してサメは、君子危うきに近寄らずとばかりに、
われわれが寄って行くと逆に逃げていくことが多いほどです。

もちろん、ホホジロザメとか、決してお会いしたくないほど凶暴なサメもいますが、
ほとんどのサメはダイバーにとって、会えると嬉しい大物なのです。

ということで、

「サメが怖くないのなら、ダイビングをはじめてみたい!」

と思った方は、
ダイビングをはじめるにあたって、絶好の参考書があります。
『さるでもできるダイビング:合冊版』のお買い求めは、
こちら↓から、どうぞ。
本の横

さらには、ずっと無料本となっている、『さるでもわかるダイビング用語集』は、
こちら↓から、ダウンロードしてください。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本を、
よろしくお願いいたします。

[ 2014年02月03日 21:00 ] カテゴリ:ノン・ダイバーからの珍問 | TB(-) | CM(8)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数808本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
 
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム