FC2ブログ

『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  >  さるでもできるKindle電子出版

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました! #kindle #キンドル


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、またもや読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

今回、出版なさったのは「穂高登」さんという方で、『成功法則を学んで貧乏になる人』という本です。



ということで、内容紹介から抜粋をすると、

この本の目的は、あなたにパラダイムシフトを起こさせることです。

この本を読んでもらいたい人は、成功法則を学んでみたけれど、

「一時的にやる気が出ただけで、結局何も変わらなかった」とか、
「いくら成功法則を学んでも、成功者には成れなかった」
「成功法則を学んだ結果、前より貧乏に成ってしまった…」など

そんな不満を抱えながら、成功法則の本や教材を買い続けている人です。


となっております。

いやー「成功法則」という言葉に「貧乏」という反語を付けたタイトルは秀逸ですね。
そして「成功法則の本や教材を買い続けている人」に問いかけるとは、これまたグッドです。

なにはともあれ「穂高登」さま、ご出版おめでとうございます!

ということで「成功者になりたい!」とお思いの方は、『成功法則を学んで貧乏になる人』のお買い求めをこちらからどうぞ。
本の横

そして「わたしも穂高さんのように本を出してみたい!」とお思いの方は『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

あるいは「わたしは写真集を出してみたーい!」という方は『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。
本の横

さらに、さらに「個人がKindle本を出して、ホントに売れるの?」とお思いの方は、『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本も含めて「すべて無料で」お読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
つまり、無料体験の期間中に海河童本舗の本を「すべて無料で」お読みいただくことも可能ということです。

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。
[ 2019年02月13日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました! #kindle #キンドル


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、
またもや、読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

今回、出版なさったのは「鍋島由香」さんという方で、タイトルは『バリ島から行ける美しい島々』です。



以下は、アマゾンのページに掲載されている「内容紹介」です。

「ビーチリゾート」と呼ばれるところには、当たり前のように美しい海があると思っていませんか。しかし、多くの人が知っている有名なビーチリゾート地でさえ、美しい海があるとは限らないのです。行ってみて失敗してしまった経験をお持ちの方は意外といらっしゃるのではないでしょうか。
そこで本書では、著者自らが実際に行って、見て、本当に美しいと思った島とビーチを紹介します。
バリ島を中心に、バリ島からアクセス可能な島々をご紹介をします。
バリ島には数多くの有名なビーチがありますが、白砂のビーチがある場所は限られています。
レンボンガン島、チュニンガン島、ペニダ島はバリ島からスピードボートで30分で行くことができます。バリ島の様に混んでいることもなく、ビーチは当り前の様に白砂のビーチで、砂には宝石の様に赤や紫のサンゴのかけらが混ざっています。
ロンボク島の名前をご存知の方は多いと思いますが、実際に渡航されたことのある方はどのくらいいるのでしょうか。南部のクタエリアの海の美しさは訪れる価値があります。
ギリ・ゲデというロンボク島南西に浮かぶ島々には、穏やかな空気と静けさがあります。透明度の高い海はシュノーケルに最適です。
そして、ギリ・トラワンガン 、ギリ・メノ、ギリ・アイルの「ギリ三島」は欧米人に大人気のビーチリゾート。車もバイクもない、とても美しい海のある小島です。
それぞれとても個性のある島ばかりです。是非、本書を片手に美しいインドネシアの海を巡ってみて下さい。


本の表紙に使われている写真からも、ビーチリゾートの美しさが伝わってきますが、バリ島周辺の島々のご紹介をなさっている本のようです。

海河童も、レンボンガン島、ペニダ島、ロンボク島は知っていましたが、「ギリ三島」は初めて聞きました。
車もバイクもない島って、ちょっとそそられますね。

なにはともあれ「鍋島」さま、ご出版おめでとうございます!

ということで「ビーチリゾートが大好き!」という方は『バリ島から行ける美しい島々』のお買い求めをこちらからどうぞ。
本の横

また、鍋島さまのように、「わたしもKindle本を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle電子出版』のお買い求めはこちらから!
本の横

さらに、「Kindle本を出して、ホントに売れるの?」とお思いの方は『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、無料でお読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で「30日間」お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2019年02月09日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました! #kindle #キンドル


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、またもや読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

今回、出版なさったのは「伊藤れい」さんという方で、『東京オオタカ物語2』という写真集です。



ということで、内容紹介から抜粋をすると、

公園の開園以来、初めてオオタカが営巣し、2017年にご近所の皆様と幼鳥の巣立ちを見守ったことをまとめた「東京オオタカ物語」
営巣二年目となったオオタカを、昨年とはまた違った視点から観察をし、再び皆さんと一緒に見守ることが出来ました。
写真とともに「シーズン2」として、ここにまとめました。
東京に暮らすオオタカが見せてくれるいろいろな姿を、写真で楽しみ、そして見守る人たちがハラハラとした様子を感じてください。


となっており、オオタカの写真集をご出版なさったようです。

あれれっ、シーズン2?

そういえば、伊藤れいさんといえば、去年、「東京オオタカ物語」という写真集を出されていた方です。



しかも、今回の写真集と合わせた合冊本も出されているようです。



いやー、いいですねー。
こうやって、シリーズ化するってことは、個人作家としては非常にいいことだと思います。

なにはともあれ「伊藤れい」さま、ご出版おめでとうございます!

ということで「オオタカの写真で癒されたい!」とお思いの方は、『オオタカ物語』のお買い求めをこちらからどうぞ。
本の横

本の横

本の横

そして、「わたしも伊藤さんのように写真集を出してみたーい!」という方は『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

あるいは、文章主体の本の出版をお考えの方は『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。
本の横

さらに、さらに「個人がKindle本を出して、ホントに売れるの?」とお思いの方は、『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本も含めて「すべて無料で」お読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
つまり、無料体験の期間中に海河童本舗の本を「すべて無料で」お読みいただくことも可能ということです。

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2019年02月05日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、またもや読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールをちょうだいしました。

今回、出版なさったのは「青木宣明」さんという方で、『おじいちゃんワンコの日常』という写真集です。



ということで、内容紹介から抜粋をすると、

我が家のワンコ,新之助の
何気ない日常の一コマを記録した写真集です。
新之助の犬種はパピヨンでオスです。
耳の毛が長く垂れない種類です。

2005年9月生まれで2019年1月現在で13歳と
初老のワンコです。
でもまだまだかわいさも元気さもいっぱいです。


となっており、愛犬の写真集をご出版なさったようです。

海河童、かねがね、犬や猫をお飼いの方は、ぜひとも、写真集を出すべきだと思っておりました。
ペットの写真集は、そもそも需要があるうえに、愛犬、愛猫の写真集を出すことは、自分自身の思い出作りにもなるからです。

また「青木宣明」さまは、すでに文章主体の9冊の本をKindleから出版なさっており、今回、拙著『さるでもわかるKindle電子出版』をお読みいただき、写真集にも挑戦をなさったそうです。

「青木宣明」さま、ご出版おめでとうございます!

ということで「ワンコの写真で癒されたい!」とお思いの方は、『おじいちゃんワンコの日常』のお買い求めをこちらからどうぞ。
本の横

そして、「わたしも青木さまのように本を出してみたーい!」という方は『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

あるいは、写真集の出版をお考えの方は『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

さらに「個人がKindle本を出して、ホントに売れるの?」とお思いの方は、『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本も含めて「すべて無料で」お読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
つまり、無料体験の期間中に海河童本舗の本を「すべて無料で」お読みいただくことも可能ということです。

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。
[ 2019年01月28日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

Kindle本の表紙をカッコ良くしたいときは「フォント」を変えてみよう!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

多くのKDP個人作家にとって、本の表紙のデザインは「悩みの種」となっているようです。

わたし自身に関しても、そもそも、本を書こうと思い立ったくらいなので、「文章を書くことは苦にならない」とは言い過ぎですが、時間をかければなんとか書けます。
しかし、絵心がまったくないわたしにとって、ことデザインとなると、どうにもこうにもお手上げになってしまいます。

個人作家の方でも、そこそこの売上がある方は、なんと外注をしている方もいらっしゃいるそうですが、わたしの場合は、そんなことをしたら赤字になってしまいます。

幸いにして、海河童本舗の本はシリーズ物になっていますので、シリーズ毎にテンプレートを作成してしまえば、新刊本を出すときは背景の写真とタイトルを入れ替えるだけです。

しかし、どう頑張っても、商店街のチラシレベルを超えることができませんでした。

「いったい、どこが違うんだろう?」(いやいや、そもそも、プロが装丁したデザインと比較しても、どこがじゃなくて、全部違いますから)

書店で平積みになっている単行本を眺めながら、海河童、一生懸命、考えていました。

本の表紙を構成している要素は、突き詰めれば2つ、背景となる「デザイン」と、タイトルに使われている「フォント」です。

「デザインは写真でごまかすとして……」と、タイトルの「フォント」だけに視線を注いでいると、あることに気が付きました。

「どのタイトルに使われているフォントも、わたしが知らないフォントだ」

今までのわたしの本のタイトルは、Windowsに標準インストールされているフォントから適当に選んで、それをそのまま使っていました。

「そうか、フォントが悪かったんだ!」(おいおい、フォントのせいにするのか?)

さっそく、海河童は商用利用もOKとなっているフリーフォントを探してみることにしました。
すると、思っていたよりも多くの種類のフリーフォントが、商用もOKとして公開されています。

しかも、こちらの「FONT FREE」というまとめページに行けば、

ゴシックや明朝といった基本となる書体からや、「レトロなフォント」や「怖いフォント」といったイメージからでも、フォントを検索することができます。
ところが困ったことに、あまりにも数が多過ぎて目移りをしてしまいます。

もちろん「FONT FREE」のページでは、フォント毎のサンプル文字が表示されていますが、わたしが見たいのはサンプル文字ではありません。
自分の本の表紙に頻出する文字――「さるでもできる」や「だからダイビングは」、「海河童」など――が、どのように表示されるかが見たいのです。

しかしながら、それを確かめるためには、これはと思ったフォントを、ひとつひとつインストールしなくてはなりません。

「むむむ、面倒だなー」と思っていたところ、「パチパチパチパチ、ありがとー!」と思わず拍手を送りたくなるような、素晴らしいサイトを発見しました。

こちらの「ためしがき」というサイトでは、中央の枠内に文字を打ち込むと、その文字がいろいろなフォントで表示される仕組みになっています。
つまり、自分の本のタイトルが、各種フォントの一覧で確認できるというわけです。

ということで、フォントを変えたことによって、わたしの本の表紙から漂っていた「素人臭さ」は、かなり減少したはずです。

えっ、今でも、相変わらずダサいって?

「失礼な! 以前はもっとダサかったんです(おいおい、開き直っていないか?)」

ということで、以下にわたしの表紙の変遷を、使用していたフォントを明記しながら、ご紹介いたします。

まずこちらが、最初の表紙です。

キンドル旧 

個人作家らしく、あえて素人っぽさを出そうと、Windowsに標準インストールされている「HGP創英角ポップ」というフォントを使用しています。
「表紙が残念ですが・・・」というカスタマーレビューをいただいたときは、この表紙でした。
たしかに、誰がどう見ても、商店街のチラシレベルです。

こちらは、そのカスタマーレビューをもらった直後に刷新をした表紙です。

KDPMSPゴシック 

フォントはシンプルな「MSPゴシック」に変えましたが、やはり、Windowsに標準インストールされているフォントのため、素人臭さは消えていません。

で、こちらが最新版の表紙です。



「Kindle」には「Segoe UI」というWindowsに標準インストールされているフォントを使っていますが、
それ以外の文字には「Rounded Mgen+」という商用可能なフリーフォントをダウンロードして使っております。
ねっ? ずいぶんとイメージが変わったと思いませんか?

ということで、デザインに自信がない方は、フォントだけでも変えてみましょう。
ほんのひと手間かけるだけで、フォントにカッコよくなること請け合いです。

あーあ、ダジャレのセンスはダサいままですみません。フォントに(全然、していないだろう!)反省をしています。

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2019年01月06日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて23年
      経験本数904本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングはやめられない」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
 
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
             
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム