FC2ブログ

『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  > 

ご訪問ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

海河童は、2013年の11月から、
AmazonにてKindle本を出してきましたが、

「だからダイビングはやめられない」シリーズが「悪戦苦闘編」「シパダン編」「マタキン編」に「合冊本」と、
「ゆかいな仲間たち編」「ラパス編」「パプア編」「フィリピン編」「アロナビーチ編」を合わせて9冊。



「さるでも」シリーズ・海編は、合冊本と番外編を合わせて6冊。



「さるでも」シリーズ・山編は「熊野古道編」と「尾瀬編」そして「劒岳編」の3冊。



「キンドル」シリーズは「さるでもできるKindle電子出版」、「さるでも楽しいKindle電子出版」、
「さるでもできるKindle写真集」、写真集の見本版となる「さるでも歩けるはるかな尾瀬Photobook」に合冊版、
さらに最新刊の「さるでも売れたKindle電子出版」を合わせると6冊。



さらには、上記作品とは一線を画する半フィクション小説「ディア星旅行記」と、
「ディア星旅行記」の姉妹本となるエッセイ集「インド見聞録」の2冊。



さらに、さらに、調子に乗って写真集も7冊。



全部で、9+6+3+6+2+7ということで、
合計で33冊となりました。

※2018年6月6日現在、累計5500冊のお買い上げをいただきました。ありがとうございます!

それぞれ、本が出版されるたびに、当ブログにて、内容のご紹介をしておりますが、
上記の表紙をクリックいただけると、Amazon.co.jpの本の紹介ページが開きますので、
そちらのページで内容をご確認いただいたうえで、
お買い求めいただけると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」とガッカリしている方、
なんの、なんの、専用端末が無くても大丈夫ですよ。

iPhoneやAndroid のスマートホン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

ちなみに、スマートホンやタブレットを使っての、
Kindle本の読み方についても解説をしておりますので、詳しくはこちら!をクリックして下さい。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでもだいじょうぶです。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。
パソコンでのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方については、こちら!で解説しています。

とはいえ、Kindle本を読むなら、やっぱり、Kindleの専用端末がオススメです。
最新のKindle Paperwhiteはお風呂でも読書ができる防水機能が付いています。
本の横

どのタイプを選べばいいかでお悩みの方は、こちらの記事をお読みください。

雑誌や写真集の場合は、
カラー画面のこちらがオススメです。
本の横

また、海河童本舗の本は、「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、
読み放題サービスをご利用なさっている方は「すべて無料」でお読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、
書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらには、「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で「30日間」お試しいただくことができます。
つまり、30日間で海河童本舗の本を「すべて無料」でお読みいただくことも可能となっています。

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。




それでは、この記事の下からが、最新の記事となります。
海河童のブログ「だからダイビングはやめられない」をお楽しみ下さい。

[ 2020年01月01日 01:01 ] カテゴリ:海河童からのお知らせ | TB(-) | CM(4)

海河童本舗の新刊本『さるではムリだ劒岳』にカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今月、出版をしたばかりの海河童本舗の新刊本『さるではムリだ劒岳』に「海河童ぶしがちょっとビビリ」というタイトルと共に、以下のようなレビューをいただきました。

たぶん一度でも海河童先生の文章を読んだかたは独特の名調子である正調:海河童節を読んでいるうちにすぎ行く時を忘れてしまうでしょう。
私もそんな一人です。
私がいる上海市西郊80キロの学園街は海からも遠く、また山もなく(実際には上海地域で唯一の徐山(しゅうしゃん)がありますが東京タワーの第一展望台より低い)、海河童さんのように、海に潜り、山を制覇しというのは、こうした本の世界で味わうよりほかにありません。
中国では外国人が宿泊を含む移動をする場合は行った土地で24時間以内に公安に届け出ないといけませんが、旅行は休日にするので公安が休みの日になり届が出せません。すると中華人民共和国の法律に違反してしまい自動小銃をぶら下げたお兄さんがたに叱られてしまいます。公安のかたがたや武装警察のお兄さんがたは、海河童さんが恐怖の限りを味わった剣岳さんとは違って話せばわかる相手なので、こちらはぜんぜん危険はありませんが、面倒くささは登山準備より大です。(私は酒が飲めないけど武装警察の皆さんはすぐに酒や果物を出してきて勧めるからいらないよとも言えないし)
そんな事情で、海や山の本を読むのは楽しみですが、海河童先生のご本は単なる自然紹介書籍とちがって、つまらない事象でも超面白いエンターテイメントに仕立て上げてしまった文を提供してくださっているので笑い転げることができます。
海河童先生が剣岳で遭遇したことは「そこへ行けばそうなるのはそう珍しいことではないよな」という普通のことばかりです。(もちろん危険な剣岳登山ですから命の危険と背中合わせの話ですが、わざわざ好き好んでものすごく命の危険がある場所へ行っているのですから、ああなるのはあたりまえのことという意味で「普通」と表現しました)
深い谷の崖っぷちを足場が数センチという通路とも言えないちょびっとした出っ張りを岸壁に手がかりを探りながら移動するような場面の連続を「普通」と言うのは失礼ですけど「イヤなら行かなければいいわけで、行ったからには当たり前に襲ってくる恐怖」ですよね。
そういう命の危険との戦いの緊張した場面よりも、同行者のご機嫌とか、バスに乗り遅れないかとか、そういうことのほうにハラハラしてしまうのですが、それでも読んでいるアカの他人である私たちはゲラゲラ笑ってしまいます。
キンドルで出版する人向けのさまざまなノウハウが詰まったご本も海河童節が面白くて何度も読みました。
私は本を書く気など全くないし、潜水艦じゃあるまいし海に潜ることなど絶対にしないし、黄浦江(揚子江から分かれた大河)の河口の真っ平な悠久の大地で平和に暮らす私が山登りなんかするわけもありませんが、それでも海河童節を読みたくなると何度読んでも腹の底から笑えます。


こんな長文のカスタマーレビューと共に、☆も5つ ちょうだいしました。

レビューにも書かれていますが、カラス山さまは上海近郊にお住いの方で、今までも、何度もカスタマーレビューをくださった方です。

カラス山さま、いつもいつも、本当に、ありがとうございます!

レビューをいただいた『さるではムリだ劒岳』の中では習近平国家主席の逆鱗に触れる表現(=くまのプーさん)が含まれているため、カラス山さまにはダウンロードしていただけないかもしれない、と危惧しておりましたが、無事にお読みいただけたようです。

ただし、カラス山さまのご在住の地では、この本は国家転覆を目論む反逆者が書いた「禁書」扱いとなるかと思いますので、お取扱いにつきましてはじゅうぶんご注意いただきたいと思います。

ところで、みなさまは、先月、ロシアで開催された「東方経済フォーラム」の際に、プーチン大統領が習主席に「ハチミツ」をプレゼントしたというお話はご存知でしょうか?

冗談のような話ですが、本当のお話です。
嘘だと思われる方は、こちらの記事をご覧ください。

以前から、プーチンという男は「やる時はやる男だ」と思っていたのですが、
まさか「プーチンがプーさんにハチミツをプレゼントする」とは思ってもいませんでした(笑)

ということで、またまた、話が脱線をしてしまいましたが、山登りにご興味がなくてもお楽しみいただける山岳ルポルタージュ『さるではムリだ劒岳』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

あるいは、古(いにしえ)の巡礼道で癒されたいという方は、『さるでも歩ける熊野古道』のお買い求めを、こちらからどうぞ。
本の横

さらには、劒岳はムリでも尾瀬でのんびりとハイキングをしたいという方は、『さるでも歩けるはるかな尾瀬』を、こちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本も含めて「すべて無料で」お読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
つまり、無料体験の期間中に海河童本舗の本を「すべて無料で」お読みいただくことも可能ということです。

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年10月20日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

最新の『Kindle Paperwhite』には防水機能が付いています!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

さてさて、みなさまはKindle本をどういう端末でお読みでしょうか?
ほとんどの方は、お手持ちのスマホでお読みになっていることかと思います。

しかし、スマホでKindle本を読んでいると、読書中にメールが届いたり、バッテリー容量が気になったりと、なかなか集中して本を読むことができませんよね?

かく言うわたしは、2012年モデル(初代)のKindle Paperwhiteを使っております。
当時のお値段は、たしか7980円だったと思います。

「スマホでも読める電子書籍を読むためだけに8000円近くの出費は痛いな~」

うんうんと唸った海河童ですが、自分でKindle本を出そうと思っていたこともあり、自著の出版後の「確認用の端末」としても必要だと自らを言い含めて、清水の舞台からバックロールエントリーをするつもりで購入をしました。

それから、早や5年が経ちましたが、結果は大満足です。
声を大にして宣言をいたします!

「読書好きの方であれば、Kindle Paperwhiteを買っても、決して損はいたしません」

で、本日は、その根拠をここに提示したいと思います。

まず、みなさまは青空文庫というものをご存知でしょうか?

青空文庫とは、著者の没後50年を経て著作権が消滅した本を、ボランティアの方々が電子化した無料公開用の書籍のことです。

そしてkindleには、その青空文庫の多くが、無料本としてラインアップされているのです。

没後50年経った作家って、どんな方がいるかというと……。

たとえば、太宰治、夏目漱石、芥川竜之介、島崎藤村、小林多喜二、吉川英治、宮沢賢治……

どうです? 錚々たる文豪が勢揃いでしょう?

具体的に、どんな本が無料で読めるのかというと……。

太宰治でいえば、「人間失格」「斜陽」「走れメロス」「グッド・バイ」
夏目漱石であれば、「吾輩は猫である」「坊っちゃん」「三四郎」「こころ」
芥川竜之介は、「羅生門」「蜘蛛の糸」「地獄変」「或阿呆の一生」
島崎藤村は、「破戒」「夜明け前」「雪の障子」「伊豆の旅」
小林多喜二は、「蟹工船」「党生活者」「工場細胞」「父帰る」
宮沢賢治は、「雨ニモマケズ」「セロ弾きのゴーシュ」「風の又三郎」
吉川英治は、「三国志」「宮本武蔵」「私本太平記」

三国志は全5巻、宮本武蔵は全8巻、私本太平記にいたっては全13巻ですから、上記にご紹介した本だけでも、全部で50冊となります。

仮に1冊が500円だったとしましょう。

50冊×500円=25000円です!

Kindle Paperwhiteを購入してから、海河童は上記の本、ほとんどを「無料」で読みました。
つまり、(8000円-25000円=)17000円のお得ということです。
どうです、完全に元は取れているでしょう?


ひとしきり、Kindle Paperwhiteの良さをご紹介しましたが、本日の記事のメインテーマはこれからです。


上記のように海河童が大満足をしているKindle Paperwhiteですが、ついに、最新型(第3世代)の端末が登場をしました。



新しいKindle Paperwhiteの特徴は(いろいろあるのですが、海河童の視点でとらえると)以下の5点です。

1:容量(内蔵ストレージ)アップ(4GB→6GB or 32GB)

2:歴代最薄8.18ミリ

3:軽量182グラム

4:内蔵LED数アップ(4個→5個)

5:IPX8等級の防水性能


ちなみに、わたしが使っている初代機のスペックは、容量は2GB、厚さは9.1ミリ、重量は213グラムとなっています。

内蔵LEDの数は不明ですが、多くても4個でしょう。
しかし、新しいKindle Paperwhiteのすごいところは、周囲の明るさに応じて、画面の明るさを自動的に調整してくれる点です。
(従来機は、手動で調整する必要がありました)

「なーんだ、容量が増えて小さくなって軽くなって明るくなって、なんて、たいしたことないじゃん」

しかーし、5番目の「防水性能」は、Kindle Paperwhite史上初の特徴です。

IPX8等級ということは、真水で水深2メートルまで最大60分耐えられるということです。
つまり、うっかり水に落としても安心、さらには、お風呂の中でも読書ができるということです。
ダイバーであるわたしの場合、ダイビングボートにも安心して持ち込めるということです。

「いやー、これはいい、いいなー、いいなー」

思わず欲しくなってしまった海河童は、今使っているKindle Paperwhiteが壊れたら、間違いなく「即購入」です。

しかし、残念なことに(いやいや、嬉しいことだろう?)わたしのKindle Paperwhiteは、購入してから5年経っても、一向に壊れる気配はありません。

これからKindle Paperwhiteを買われる方が羨ましくてしょうがありません。

しかしながら、新しいKindle Paperwhiteには選択肢が5機種もあります。
どれを選べばいいのか、まずは、お値段の安い順に並べてみましょう。

「6GB/広告付き/Wi-Fi」モデル:13980円
「6GB/広告なし/Wi-Fi」モデル:15980円
「32GB/広告付き/Wi-Fi」モデル:15980円
「32GB/広告なし/Wi-Fi」モデル:17980円
「32GB/広告なし/Wi-Fi+無料4G」モデル:22980円

それぞれの機種の違いは、容量と広告、そして無料4Gが付くかどうかです。

まずは、容量(内蔵ストレージ)について考えてみましょう。
普通は大きければ大きいほど良いように思えますが、電子書籍のデータ量なんてたいしたことはありません。
6GBもあれば、書籍なら1000冊以上、漫画本であっても100冊以上、保存できます。

しかも、そもそもキンドルのクラウドは容量無制限です。
読み終わって端末から一度消した本は、いつでも、クラウドからダウンロードすることができます。

実際、わたしのKindle Paperwhiteは2GBしかありませんが、容量不足に陥ったことは、一度たりともありません。

したがって、漫画本を常に200冊、300冊と持ち歩きたいという方以外は、容量は6GBでじゅうぶんです。

次に、「広告付き」と「広告なし」という選択をする必要があります。
「広告付き」の場合は2000円安くなることになっています。

ついつい、2000円に目が眩みそうですが、「広告付き」の旧機種を買った方の声を聞くと、表示される広告がものすごく「うざったい」そうです。

これから何年も使う端末ですから2000円を惜しんではいけません。
「広告なし」をオススメいたします。

最後に「Wi-Fi」と「Wi-Fi+無料4G」の違いですが、ご自宅に「Wi-Fi環境」があるのであれば、当然「Wi-Fi」モデルでじゅうぶんです。

無料4Gといっても国内だけですから、日本国内を旅行中に「どうしても今すぐダウンロードして、今すぐ読みたい」というシチュエーションがない限りは、まったく意味がありません。
ちょっと想像すればお分かりのように、そんなシチュエーションは、まずありません。

ということで、海河童のオススメは、以下の機種となります。

「6GB/広告なし/Wi-Fi」モデル:15980円

発売開始は11月7日の予定ですが、下をクリックすると予約ができます。
本の横

※ただし、上記のリンク先は「6GB/広告付き/Wi-Fi」モデル:13980円になっていますので、お好きなモデルに変更をしてご予約ください。


ということで、いつもお世話になっているアマゾン様に成り代わって、新しいKindle Paperwhiteをご紹介させていただきました。

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2018年10月19日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

『さるでも売れたKindle電子出版』に12件目のカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

今年に入って発売を開始した『さるでも売れたKindle電子出版』に、早くも12件目のカスタマーレビューをちょうだいしました。

いただいたレビューは「楽しく読める本」というタイトルで、以下のような内容です。

海河童先生のごほんは実用書籍でも読物として面白いんです。
この本には数字ありグラフあり理屈や分析ありで、海河童先生以外の人の文章だったらうんざりしてしまいかねないところです。
しかし文章がおもしろいから、よくわからないところでも笑ってしまう。
私はアマゾンではあまり本を買ったことがありません。
最近は特に上海市中心部で中国の子供向けの本ばかり買っています。  ひさしぶりにKindleで海河童先生の本を買ってみて、人民広場の木陰で腹の底から笑いころげることができました。


こんなカスタマーレビューと共に、☆を5つ ちょうだいしました。

遠く上海の人民広場で、わたしの本を読んでくださる方がいるとは、感無量です。

なにはともあれ、「カラス山」さま、ありがとうございました!

ということで、実用書なのに面白い『さるでも売れたKindle電子出版』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

「いやいや、その前にまずは出版をしなくては」とお思いの方は、『さるでもできるKindle電子出版』のお買い求めをこちらからどうぞ!
本の横

あるいは、写真集の出版をお考えの方は、『さるでもできるKindle写真集』をこちらから!
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本も含めて「すべて無料で」お読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
つまり、無料体験の期間中に海河童本舗の本を「すべて無料で」お読みいただくことも可能ということです。

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。
[ 2018年10月18日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

『さるでもできるKindle電子出版』にカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている『さるでもできるKindle電子出版』ですが、またもやカスタマーレビューをいただいておりました。

今回、ちょうだいしたレビューは「感謝の気持ちで一杯です!」というタイトルで、以下のような内容でした。

ずっと書きたかったテーマの小説を、やっと書きあげたはいいけれど、さあ、どうしましょう、と思いあぐねていた時に、Kindleで電子出版、という選択肢があることを知りました。
が、どこから取り掛かっていいのかもわからず、検索するうちに海河童さんのこの本に辿り着きました。
実際やってみると、私のことだからきっとつまづくのですが、内容はとてもわかりやすく面白く、読者への愛もたっぷり。こんなに充実した内容でこの金額って・・・自分の作品には、とてもとても値段がつけられないわあ!と思ってしまう(笑)くらいの内容です。
ありがとうございます、感謝の気持ちで一杯です!


こんなカスタマーレビューと共に、☆も5つ ちょうだいしました。

このレビューにも書かれている通り、わたしの本は「読者への愛」はもちろんのこと、「余計な脱線話」もたっぷり入っています。
ただし、Kindleで電子出版をする際のすべてのことを網羅しておりますので、何を隠そう、わたしが自分の本を出すときも、この本を読みながらやっているほどです(笑)
(おいおい、いい加減に覚えろよ!)

なにはともあれ、カスタマレビューをくださった「しょこら」さま、ありがとうございました!

そして、お書きになった小説、無事、出版の暁にはぜひ、ご一報ください。
たいした宣伝効果はありませんが、当ブログにてご紹介をさせていただきます。

ということで、64件のカスタマーレビューのうち52件で☆5つの最高評価をいただいている『さるでもできるKindle電子出版』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

あるいは、写真集を出してみたいとお考えの方は『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。
本の横

さらに、さらに「どうせKindle本を出すなら、売れた方が嬉しい」とお思いの方は『さるでも売れたKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、読み放題サービスをご利用なさっている方は、上記の本も含めて「すべて無料で」お読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらに「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で30日間お試しいただくことができます。
つまり、無料体験の期間中に海河童本舗の本を「すべて無料で」お読みいただくことも可能ということです。

「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。
[ 2018年10月16日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(3)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数877本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングはやめられない」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
 
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
             
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム