『だからダイビングはやめられない』

海河童の電子書籍 『だからダイビングは』シリーズと、『さるでも』シリーズ の読者のためのブログです。ダイビングから山歩き、kindleでの電子出版について、毎週、記事を更新中!!!
『だからダイビングはやめられない』 TOP  > 

ご訪問ありがとうございます。


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

海河童は、2013年の11月から、
AmazonにてKindle本を出してきましたが、

「だからダイビングは」シリーズが「悪戦苦闘編」「シパダン編」「マタキン編」に合冊本と、
「ゆかいな仲間たち編」「ラパス編」「パプア編」「フィリピン編」を合わせて8冊。



「さるでも」シリーズ・海編は、合冊本と番外編を合わせて6冊。



「さるでも」シリーズ・山編は「熊野古道編」と「尾瀬編」の2冊。



「キンドル」シリーズは「さるでも楽しいKindle電子出版」と、
「さるでもできるKindle電子出版」、「さるでもできるKindle写真集」に合冊本、
そして、写真集の見本版となる「さるでも歩けるはるかな尾瀬Photobook」の5冊。




さらには、上記作品とは一線を画する半フィクション小説「ディア星旅行記」と、
「ディア星旅行記」の姉妹本となるエッセイ集「インド見聞録」の2冊。



さらに、さらに、調子に乗って写真集も5冊。



全部で、8+6+2+5+2+5ということで、
合計で28冊となりました。

※2017年10月15日現在、累計4800冊のお買い上げをいただきました。ありがとうございます!

それぞれ、本が出版されるたびに、当ブログにて、内容のご紹介をしておりますが、
上記の表紙をクリックいただけると、Amazon.co.jpの本の紹介ページが開きますので、
そちらのページで内容をご確認いただいたうえで、
お買い求めいただけると幸いです。

とはいえ、「Kindle端末を持ってないから読めないや……」とガッカリしている方、
なんの、なんの、専用端末が無くても大丈夫ですよ。

iPhoneやAndroid のスマートホン、
もしくは、iPadやAndroidのタブレットをお持ちになっていれば、
「Kindle」という無料のアプリを落としていただくだけでお読みになれます。

ちなみに、スマートホンやタブレットを使っての、
Kindle本の読み方についても解説をしておりますので、詳しくはこちら!をクリックして下さい。

また、「おれ、ガラケーだし……」という方は、パソコンでもだいじょうぶです。
ウィンドウズパソコンの方は、「Kindle For PC」という無料の公式ソフトを
マックパソコンの方は、「Kindle for Mac」という無料の公式ソフトをダウンロードすると、
パソコンの画面上で、サクサクっと快適にKindle本を読むことが可能です。
パソコンでのKindle本の読み方は、こちら!をクリックして下さい。

さらに、「そもそも、Amazonで買い物したことなんてないし……」という方は、
Amazonのアカウントの取り方については、こちら!で解説しています。

とはいえ、Kindle本を読むなら、
やっぱり、Kindleの専用端末がオススメです。
本の横
本の横

マンガを読む場合は、
大容量32GBのこちらがオススメです。
本の横

雑誌や写真集の場合は、
カラー画面のこちらがオススメです。
本の横

また、海河童本舗の本は、すべて「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」の対象本となっておりますので、
読み放題サービスをご利用なさっている方は、無料でお読みいただけます。

この下のジンベイザメの写真をクリックして、
書籍一覧ページの中から、ご興味のある本をお読みいただけると幸いです。

書籍一覧

さらには、「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、無料で「30日間」お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。




それでは、この記事の下からが、最新の記事となります。
海河童のブログ「だからダイビングはやめられない」をお楽しみ下さい。

[ 2020年01月01日 01:01 ] カテゴリ:海河童からのお知らせ | TB(-) | CM(4)

海河童本舗「キンドル」シリーズの読者の方が、Kindle本を出版しました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている海河童本舗の「キンドル」シリーズですが、またまた、読者の方から、「Kindle本を出しました!」との、喜びのメールを頂戴しました。

今回、出版なさったのは「うみそら」さんという方で、ご出版された本はこちらです。



以下、内容紹介を転載させていただきます。

ただ、海外旅行に行って思い出作りをするだけではもったいない。英語があまり得意じゃなくでも海外の銀行で口座開設することはできます。でも、海外口座を作って何ができるの?海外旅行なんて何年に一回しか行かないのに海外で口座なんか作ってもしょうがない。そんな疑問にお答えします。
実際にハワイ旅行に行った際に口座開設を行った体験談を交えて、海外口座を開設に必要なことや口座開設後の注意事項などを説明しています。その他にもアメリカ合衆国に行く場合に必要になるESTA(エスタ)の話題や香港の銀行口座閉鎖に関わる体験談なども。
ハワイへの長いフライトの合間に読んで、あなたもパスポートと$100を持ってハワイの銀行へ行けば簡単に口座開設ができるかも。ハワイの銀行でも支店はサイパンやグアムにもあり、各地のATMも利用可能です。デビットカードやクレジットカードタイプならもちろん日本国内でも使えて、海外旅行で余った外貨も余計な手数料を使って日本円に戻す手間もいりません。
ハワイには度々行くけど、毎回外貨両替をしている方は必見です。


なるほど、なるほど、たしかにハワイが大好きなリピーターの方であれば、現地に銀行口座をもっていると便利ですね。

さらには、うみそらさんのブログでは、拙著『さるでもできるKindle電子出版』のご紹介までしてくださっています。

うみそらさま、ありがとうございます。

そして、何よりも、ご出版おめでとうございます!

ということで、うみそらさまの『英語ができなくてもハワイ旅行のついでに口座開設』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

さらに、「わたしもKindle本を出してみたーい!」という方は、『さるでもできるKindle電子出版』をこちらからどうぞ。
本の横

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2017年11月17日 21:00 ] カテゴリ:さるでもできるKindle電子出版 | TB(-) | CM(0)

『Photo Collection of La Paz』4回目の無料キャンペーン実施中!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

さて、気が付いたら、早くも11月の半ばを過ぎ、今年もあっという間に師走がやってきますね。
みなさまも年賀状の準備などをそろそろ始められていらっしゃる頃かと思います。

で、ダイバー仲間から届く年賀状は、やはり水中写真をあしらった年賀状をちょうだいすることが多く、写真と共に「去年は○○に行ってきました」と書かれていますので、

「ほほー、○○さんは、モルジブに行ったのか?」
「おっ、○○さんの行ったところは、こんな魚が見られるのか?」

などと、次のダイビング旅行を計画する際の、貴重な参考情報にもなりますよね。

※ちなみに、わたしの今年の年賀状は、GWにフィリピンのトゥバタハ・クルーズでお会いしたジンベイザメ様の写真を使うことにしました。

また、干支にちなんだ海の生き物の写真を使うダイバーの方もいらっしゃいます。

たとえば、12支に海の生き物を関連付けてみると、

子(鼠)→ ざ、ざ、残念、しょっぱなから思い付きません><
丑(牛)→ これは、素直にウミウシでしょう。
寅(虎)→ トラフザメ、トラフグ、または黒と黄色の縞からカゴカキダイとか。
卯(兎)→ うーん、ダメだ、思い付きません。
辰(竜)→ ヨウジウオ科のシードラゴン。
巳(蛇)→ 素直にウミヘビとか。
午(馬)→ ピグミーシーホース以外でいえば、ウマズラハギも使えるかも。
未(羊)→ むむむ、これも降参です。
申(猿)→ シーモンキー(いやいや、そんなの海にいないってば)
酉(鳥)→ 海の中に魚を獲りに突っ込んでくる海鳥の決定的瞬間(超難しい)
戌(犬)→ 犬のようにじゃれてくるアシカ(無理があるか)
亥(猪)→ 猪突猛進で突っ込んでくるバッファローフィッシュ(これも無理が…)

ということで、戌(犬)年の来年はなかなか難しいかと思いますが、無理やりこじつけたアシカと一緒にダイビングができる場所としては、メキシコの「ラパス」が有名ですよね。

さてさて、長々と続いた前振りからいったいどこに話が落ち着くのか、わたし自身も心配しておりましたが、本日の記事は、その「ラパス」を舞台とした写真集『Photo Collection of La Paz』の無料キャンペーンのお知らせです。

本書は、ラパスの町から1時間の距離にある無人島、エスピリットサント(Espiritu Santo)島に滞在をして撮影した水中写真がメインとなる写真集です。



ロスイスロテス(Los Islotes)という岩礁にコロニーを作っているアシカたちの写真から、コルテス海の青い海に浮かぶ無人島に棲む野生のペリカンや、ラパス市街の夕景まで、全131点の写真で、ラパスの魅力をご紹介しております。

とはいえ、素人に毛が生えた(しかも3本程度)海河童が撮った写真で作成した写真集です。
したがって、買ってくれとは言いません。(いやいや、もちろん、買っていただけると嬉しいのですが)

この記事をお読みいただいたみなさまは、ぜひ、この機会に「無料」でダウンロードをしていただき、犬のようにじゃれてくるアシカたちの写真をお楽しみくださると幸いです。

『Photo Collection of La Paz』の無料ダウンロードは、こちらからどうぞ
今なら無料
※アマゾンのページで、本の販売価格が0円になっていることをお確かめのうえ、ダウンロードしてください。


そして、写真集をご覧いただいて「わたしもラパスに行ってみたーい!」と思われた方は、巻末にはラパスで役に立つ「スペイン語ミニ講座」まで付いている『だからダイビングはやめられない5:ラパス編』という絶好のガイドブックをご用意しております。

『だからダイビングはやめられない5:ラパス編』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

また、「な~んだ、この程度の写真で写真集が作れるんだ!」と思われた方は、わたしがこの写真集を作った手順を詳細に説明している『さるでもできるKindle写真集』という解説本もご用意しております。

『さるでもできるKindle写真集』のお買い求めは、こちらからどうぞ。
本の横

さらには、いつでも無料の『さるでもわかるダイビング用語集』は、こちらからどうぞ。
本の横(ずっと無料)

引き続き、海河童本舗の本をよろしくお願いいたします。

[ 2017年11月16日 21:00 ] カテゴリ:だからダイビングはやめられない | TB(-) | CM(0)

『さるでもできるKindle電子出版』に44件目のカスタマーレビューをいただきました!


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

おかげさまでご好評をいただいている『さるでもできるKindle電子出版』ですが、またもやカスタマーレビューをいただきました。

本書への44件目となるレビューは「親切で面白くて一気に読める」というタイトルで、以下のような内容でした。

ところどころAmazon様をいじる場面がクスッとします
全体的に著者の読者への愛情が感じられ
わかりやすく情報提供してくださっていることを感じます


こんなカスタマーレビューと共に、☆も4つ ちょうだいしました。

レビューをくださった「Anne」さま、ありがとうございます。

「Anne」さまが書かれていらっしゃるように『さるでもできるKindle電子出版』では、Kindle出版のノウハウを解説しながら、ところどころ、融通の利かないAmazon様をおちょくっております。

しかも、Amazon様は、先月から「Prime Reading」というプライム会員向けの読み放題サービスをはじめたのですが、その読み放題サービスの対象本、Amazon様いわく「厳選した893冊」の中の1冊に拙著『さるでもできるKindle電子出版』を選定してくださっているという太っ腹ぶりです。

ということで、プライム会員の方であれば無料で読める『さるでもできるKindle電子出版』はこちらからどうぞ。
本の横

また、写真集の出版をお考えの方は。同じく「Prime Reading」の対象本となっている『さるでもできるKindle写真集』をこちらからどうぞ。
本の横

さらには「どちらも挑戦してみたい」という方は、上記2冊の合冊本である『さるでもわかるKindle電子出版』がお買い得です。(こちらは「Prime Reading」の対象とはなっておりません)
本の横

また、海河童本舗のすべて本は、キンドル読み放題サービスの対象となっていますので、Kindle Unlimitedサービスをご利用なさっている方であれば、プライム会員でなくても無料でお読みいただけます。

海河童本舗、書籍一覧ページは、こちらのジンベイザメの写真をクリックしてください。

書籍一覧

さらには、「Kindle Unlimited(読み放題)サービス」は、初回のみ、無料で30日間、お試しいただくことができます。
無料体験のお申し込みはこちらからどうぞ。



引き続き、海河童本舗の本を、よろしくお願いいたします。

[ 2017年11月14日 21:00 ] カテゴリ:読者の方の感想 | TB(-) | CM(0)

偏屈ダイバーのへそ曲がりフィッシュ・ウォッチング|チョウチョウコショウダイの幼魚


ご訪問ありがとうございます。
海河童です。

還暦が近づいてきている偏屈ダイバーである海河童が、ダイビング中に見られる魚たちの「生き様」を解説する当コーナー、3回目のお題は「チョウチョウコショウダイの幼魚」です。

ダイビング中に見かける魚の中には、「いやいや、君たち、ぜったいに親子じゃないでしょう?」と言いたくなるほど、成魚と幼魚では、外見がまったく違う魚たちがいます。

今回のお題に取り上げました「チョウチョウコショウダイ」は、まさに、その典型です。

チョウチョウコショウダイは、実は「蝶々胡椒鯛」と書きます。

その理由は、ダイバーの方であれば親子の姿を知っていますので、「あー、なるほど!」と納得されるでしょうが、一般の方には、なんのことやらサッパリわかりませんよね。

この魚の成魚は体長50センチ前後で、ダルメシアンのようだと言えば可愛いイメージがありますが、白地に黒い点々が付いているだけの、いたって地味なおっさんのような風貌をしています。

一方、幼魚はというと、眼にも鮮やかなオレンジ色に白い水玉模様をあしらった上に、ヒレがひらひらと長いので、まるでフラメンコの衣装を着た安スナックのチーママのような外見をしています。(いやいや、フラメンコの衣装を着たチーママなんているのか?)

しかも、見かけが派手なだけではなく、セクシーに体をくねらせて、まさに舞うように泳ぎます。

つまり、成魚の白地に黒い点々(=胡椒模様)と、幼魚のひらひらと舞う様子(=蝶々のようです)の両方から、「蝶々胡椒鯛」という名前が付けられています。

チョウチョウコショウダイの幼魚は、このようにフォトジェニックな魚なので、わたしたちダイバーにとっては格好の被写体となるのですが、残念なことに、頭をやや下に向けた姿勢でひらひらと泳ぎます。

さらに、カメラを構えると逃げて行きますが、こちらに向けたお尻をふりふりと振る様子は、「撮って、撮って!」と言わんばかりの愛嬌たっぷりの仕草です。

なかなか写真が撮れなくてイライラしながらも、ついつい、ずっと追いかけてしまいます。

今でこそ、デジカメで撮っていますので、何回シャッターを切ってもだいじょうぶですが、アナログカメラのときは、ずいぶんとフィルムの無駄遣いをさせられました。

まさに、気がある素振りを見せてボトルを入れさせる「たちの悪いチーママ」です。

ということで、せっかくデジカメを持っているのなら、思わせぶりなチョウチョウコショウダイの幼魚は、写真ではなく動画で撮ることをオススメします。



※上記動画が再生できない場合は、こちらのサイトでご覧ください。

いかがでしょうか?

思わず「おまえ、本当に逃げる気があるのか?」と言いたくなってきませんか?

弱肉強食の海の中では、この位の大きさの幼魚は、まさに絶好のターゲットとなります。
普通は、目立たないようにしているものですが、こんなに派手な格好をして、しかもひらひらと踊りながら逃げるなんて、こいつはいったい何を考えているのでしょう?

実は、チョウチョウコショウダイの幼魚は、不味くて毒まである「ヒラムシ」を擬態しているのです。

他にも、オレンジ地に白い斑点のツユベラの幼魚、白地にオレンジのイロブダイの幼魚、さらには褐色の体にオレンジの縁どりがあるアカククリの幼魚も、ヒラムシを擬態しています。

これらの幼魚の特徴は、さらに、クネクネと動いて、ヒラムシが泳ぐ様まで真似ているとのことですが、チョウチョウコショウダイの幼魚は、あきらかに踊り過ぎです。

ちなみに、チョウチョウコショウダイは沖縄では「クレーミーバイ」と呼ばれていて、実際は、食べると美味しい魚だそうです。


この記事をお読みの方は、こちらの記事もオススメです。

ダイビングライセンスの取得方法

ライセンス取得前の体験ダイビングは必要?

取得すべきダイビングライセンスの種類は最大3つ

ダイビングをはじめたら最初に買うべき3点セットの選び方

ダイビングのフィン選びは試行錯誤

初心者必見!ダイビング中の耳抜きは簡単にできる

ダイバー必読! ウェットスーツを簡単に着用する裏技

ダイビング用のキャリーバッグはどれがいい?

ダイビングの漂流事故を防ぐ【必携セーフティ・グッズ】

ダイビング中にサメに遭ったらどうするの?


さて、最後に少しだけ宣伝にお付き合いください。

わたしは、「海河童(うみかっぱ)」というペンネームで、Amazonから個人出版でKindle本を出しておりますが、その中の1冊に、ダイビング用語を解説した『さるでもわかるダイビング用語集』という本があります。

ただし、こちらの本に関しては、できるだけ多くの方にお読みいただきたいとの思いから、無料でご提供をしております。

もし、ご興味がございましたら、この下の本の表紙をクリックして、
Amazonのページから無料でダウンロードをしていただけると、幸いです。



とはいえ、「キンドル端末を持っていないから……」とお思いの方、Kindleアプリ(無料です)をダウンロードすれば、お手持ちのスマホやタブレット端末でお読みいただけます。

スマホやタブレット端末でのKindle本の読み方は、こちらのページで解説をしております。

スマホやタブレット端末を使ってKindle本を読む方法

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

[ 2017年11月12日 21:00 ] カテゴリ:へそ曲がりフィッシュ・ウォッチング | TB(-) | CM(0)
プロフィール

海河童

Author:海河童
    
    ダイビングを始めて22年
      経験本数839本
 「さるでもできるダイビング」等の著者

海河童は、Amazonアソシエイト・プログラムに参加していますので、海河童の本は当ブログからクリックして購入していただけると、跳び上がって喜びます。

ランキングに登録しています!

FC2Blog Ranking

「カチッ」っと、ワンクリックお願いします。
Kindle本を読むなら
まずは無料でお試し!
海河童の本:「だからダイビングは」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・海編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「さるでも」シリーズ・山編
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「キンドル」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の本:「インド」シリーズ
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童の写真集
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
海河童のオススメの本
表紙をクリックすると、お買い求めいただけます
          
海河童も使っています!
海河童も欲しい!
 
ダイビング用品を買うなら
格安通販ショップ「SONIA」 リアル店舗もある「MIC21」
登山用品を買うなら
海河童もお世話になっています
カメラを買うなら
やっぱりここでしょう
リンク
このブログをリンクに追加する 当ブログはリンクフリーですが、リンクされた場合は、ご一報いただけると幸いです。
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

買うなら今でしょ!
行くなら今でしょ!
検索フォーム
QRコード
QR
Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

ブロとも申請フォーム